ニューモデル 外車

2018発売新型BWM1シリーズ 内装質感向上させモデルチェンジ




2018年発売されるBMW1シリーズ一部改良情報。

2018 BMW1シリーズ

2018 BMW1シリーズ 改良情報

今回の改良内容は内装に大幅な改良と外観はキドニーグリルカラーがブラックへ変更新しいデザインのアルミホイールと新色「シーサイドブルー / サンセットオレンジ」2カラー及び3つのグレードが新しく設定されます。

新しく追加されるグレードは「Edition Sport Line Shadow / Edition M Sport Shadow / M140i Edition Shadow」。

新しくブラックヘッドライトサラウンドを採用。

立体的なイカリングLEDポジションランプは現行モデルと同じ。

2018 1シリーズ 外観デザイン

2018 BMW1シリーズ 内装デザイン

インテリアは新しいデザインのメーターパネルにセンターコンソールのカップホルダーにカバーが装着されその先のセンタースタック(オーディオとエアコンコントロール周り)小幅の変更が加わる。

2018 BMW1シリーズ 内装

8.8インチワイドタッチパネル液晶マルチファンクションモニタ&アップデートされたiDriveシステム。

2018 BMW1シリーズ ラインナップとパワーユニット

  • 116i 1.5L直列3気筒ツインパワーターボエンジン 最高出力109ps 最大トルク18.3kgf.m
  • 118i 1.5L直列3気筒ツインパワーターボエンジン 最高出力136ps 最大トルク22.4kgf.m
  • 120i 2.0L直列4気筒ツインパワーターボエンジン 最高出力184ps 最大トルク27.5kgf.m
  • 125i 2.0L直列4気筒ツインパワーターボエンジン 最高出力224ps 最大トルク31.6kgf.m
  • M140i 3.0L直列6気筒ツインパワーターボエンジン 最高出力340ps 最大トルク51.0kgf.m
  • 116d 1.5L直列3気筒ディーゼルターボエンジン 最高出力116ps 最大トルク27.5kgf.m
  • 118d 2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン 最高出力150ps 最大トルク32.6kgf.m
  • 120d 2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン 最高出力190ps 最大トルク40.7kgf.m
  • 125d 2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン 最高出力224ps 最大トルク45.9kgf.m

2015年5月マイナーチェンジ

非常にインパクトのあるヘッドライトプロジェクターの周りが白く光る人気のイカリングヘッドライトを装備するBMW1シリーズハッチバックがマイナーチェンジされました。価格も118iグレードなら298万円よりと入手しやすいグレードも用意。

全てのグレードでBMWレーダーブレーキアシストがオプション装備可能です。

BMW1シリーズ

イカリングって何?ヘッドライトプロジェクターが円の形をして光るLEDイルミネーションライトです。スモールの代わりで点灯させる事が出来ます。ものすごくインパクトがあってかっこいいですよ。

bm1007

BMW1シリーズは5ドアハッチバックフォルムを持ちます。純正でエアロスタイルのフロントバンパーを持ち地上最低高が低く見えますが140mmもあります。(私のインプレッサと同じです)

前から見たら絶対BMWとわかる独特のグリルは「キドニーグリル」と言うそうです。それにしてもフロントロアバンパーのエアーインテークがかっこいいです。

bm1001

bm1003

 

5ドアでシャーク型アンテナを採用、イヤミのないルーフスポイラーでとてもスマートなテールフォルムをしていて飛び出したリアフェンダーととてもマッチしています。

bm1002

見た目と走りは抜群ですしハッチバックなので実用性も言うこと無し、全グレードで8ATトランスミッションとなるのでオートマチック限定免許の方でも運転できます。

bm1006

 

安全面も抜群、レーダーブレーキアシスト付きパッケージを選択する事も可能。

bm1008

 

運転席助手席にはスポーツシートを装備、小さめの丸型ステアリング。もともとイギリス人が乗ることを想定して設計されているので体の大きな人が乗車してもバッチリのドライブポジションだと思われます。

bm10012

メーターは二眼レイアウトで左にスポードメーターと右側にタコメーター配置。センターの液晶に車のインフォメーション情報を表示させる事ができ、コンソール手前の「iDrive コントローラー」でメニューを操作して利用します。

 

bm10010

セカンドシートも広々。これもハッチバックの強みでキャビンを大きく取ることが出来ます。

bm10013

そのままでも広いラゲッジスペースで6:4分割シートを倒すことで1200Lものラゲッジスペースを作る事が出来実用性も抜群。

bm10015

BMW1シリーズ主要諸元表

  • 車両サイズ(全長×全幅×全高) 4340×1765×1430mm
  • ホイールベース 2600mm
  • 車両重量 1430kg-1560kg
  • 地上最低高 140mm *1
  • ラゲッジスペース 360L / セカンドシート倒した場合1200L
  • 定員 5名
  • 駆動方式 FR
  • ハンドル 右
  • 燃料仕様 無鉛プレミアムハイオク仕様
  • タンク容量 52L
  • サスペンションフロント ストラット式
  • サスペンションリア 5リンク式コイルスプリング
  • ブレーキフロント/リア共 ベンチレーテッド

補足、*1の地上最低高は「M 135i」「120i M Sport」は130mm。その他のグレードも選択パッケージによっては130mmとなる。

118iシリーズエンジンスペックと燃費

1.6リッター4気筒ターボエンジンを装備します。

  • エンジン型式 N13B16A
  • 直列4気筒DOHCターボ
  • 燃料供給方式 電子燃料噴射装置
  • 排気量 1598cc
  • 圧縮比 10.5
  • 最大出力 100kW(136ps)/4400-6450回転
  • 最大トルク 220Nm(22.4kg.m)/1350-4300回転
  • JC08モード燃費 16.6km/L
  • タイヤサイズ 205/55R16 *2

120iシリーズエンジンスペックと燃費

1.6リッター4気筒ターボエンジンを装備するのですがこちらの方が馬力とトルクがアップします。

  • エンジン型式 N13B16A
  • 直列4気筒DOHCターボ
  • 燃料供給方式 電子燃料噴射装置
  • 排気量 1598cc
  • 圧縮比 10.5
  • 最大出力 130kW(177ps)/5000回転
  • 最大トルク 250Nm(25.5kg.m)/1500-4500回転
  • JC08モード燃費 16.8km/L
  • タイヤサイズ 225/45R17 *2

M 135iシリーズエンジンスペックと燃費

3リッター6気筒ターボエンジンを搭載する高級グレードです。

  • エンジン型式 N55B30A
  • 直列6気筒DOHCターボ
  • 燃料供給方式 電子燃料噴射装置
  • 排気量 2979cc
  • 圧縮比 10.2
  • 最大出力 240kW(326ps)/5800回転
  • 最大トルク 450Nm(45.9kg.m)/1300-4500回転
  • JC08モード燃費 12.5km/L
  • タイヤサイズフロント/リア 225/45R17 /  245/40R17

補足、*2のタイヤサイズなのですが「# M Sport シリーズ」のみ前後異なりフロントが225/45R17、リアが245/40R17です。

 

-ニューモデル, 外車