ニュース ホンダ

ホンダ2022年新型シビックタイプR・フィットRS・N-WGN一部改良&特別仕様車発売情報




2022年 ホンダ 四輪車 モデルチェンジ情報

モデルチェンジはステップワゴン&シビックの2車種でフィット・N-WGNが一部改良を予定の他にヴェゼルに「モデューロX」及びフリードに新グレード「スタイル」が追加され新色3カラーが設定されます。

詳しい情報把握次第お知らせ致します。

フィット 2022年秋 一部改良

フィットGR系が2022年秋頃一部改良&RSグレードが復活します。

主な改良内容は詳細把握次第お知らせ致します。またRSグレードにつきましてはマニュアル車の設定の有無は不明、パワーユニットにつきましては1.3Lガソリン車及びe:HEVハイブリッド車それぞれに設定されるとの事。

主な改良内容予想としては

・ホンダセンシングの安全性がさらに向上

・e:HEVモーターのパワーアップ

・オプションにホンダコネクトを設定

・内外装の小幅変更

・RSグレードを新しく設定

RSグレードはガソリンもハイブリッドも両方設定されるそうで、特にエクステリアデザインにこだわったアーバンコンパクトスポーツに車に仕上がると言う。

写真は無限エアロを装着したGR系フィット。イメージ的に近い仕様になるかもしれない。

2022年秋に登場するホンダ・フィットの主な特徴

2022年秋に発売されるフィットの主な特徴としては、公開されたLUXEグレードはサイドミラーメッキカバーに加えサイドステップにメッキモールフロントフェイスではアッパー・大型化ロアグリルにメッキガーニッシュが追加されており、アルミホイールは「切削光輝ホイール」デザインが採用されコンパクトカーだけど存在感のあるラグジュアリーな仕上がりになっています。

2022年8月公開 ホンダ・フィット

フィット・RSグレードのティザー画像。大きなロアグリルにRSオーナメント。恐らく無限から出るエアロがさらに似合う仕様になっていると思います。

フィット・RSの内装。キャメルカラーステッチでしょうか?モダンだけどスポーティな仕上がりです。

写真「http://www.mugen-power.com/」より

フィット内外装変更内容

フィット一部改良に伴い「ベーシック・ホーム・リュクスグレードフロントグリルバンパーデザインが小幅変更が加わります。またクロスタールーフレールとリアバンパーガードのスキッドプレートが追加インテリアでは合皮コンビシートが採用されるなどSUVテイストがさらに向上します。

写真はコンセプトカー「FIT e:HEV CROSSTAR カスタム」です。ルーフレールを装着するとルーフトップの印象が大幅に変わると思います。尚、ルーフレールの上に取り付けられているカーゴは別売りです。

FIT e:HEV CROSSTAR カスタム

写真「https://www.honda.co.jp/news/2021/4210108b.html」より

さらに進化したホンダセンシング

次期フィットに標準装備されるホンダセンシングはさらに進化し「渋滞運転支援機能」が追加されています。

説明にはありませんでしたが車線認識機能がかなり向上しているのでは無いかと思われますので、ほぼほぼ高速道路では自動運転的なアシストが可能になっている可能性も。

主なアシスト内容は次の通り

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム

N-WGN 2022年9月23日 一部改良(2022年9月20日追記)

2019年1月フルモデルチェンジしたホンダ軽乗用車「N-WGN」一部改良、発売は2022年9月23日。

写真は先行公開している一部改良したN-WGN・CUSTOM。

今回の主な改良内容は写真にあるN-WGN・CUSTOMの通りフロントグリルに力強さを感じさせるダーククロームメッキ仕上げのハニカムグリルを採用。オプションではありますがブラック塗装の15インチアルミホイールも設定されます。

インテリアではラグジュアリー度を更にブラッシュアップしたフルプライムスムースシートを採用しているとの事。販売価格は現行型よりも5万円ほどアップ。

さらに、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートしたブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」の特別仕様車を同時発売します。

写真「https://www.honda.co.jp/news/2022/4220708.html」より

シビックタイプR 2022年7月21日発表

FL型シビックタイプR(6代目)が発表されました。詳細な確定スペックは未発表ですが、ベストカー記事によると18%軽量化・慣性重量25%軽量化したフライホイールをクラッチ(オプションでメタルクラッチが用意されていたりすると面白いかも)に採用し、トヨタのiMTの様な自動ブリッピングシステムを1~5速シフトダウン対応しているそうです。またタービン(小型軽量化し回転レスポンスを向上した新開発モノスクロール・ターボチャージャー)形状をも変更が加えられているとの事。

ホイールは19インチも9.5Jを装着、タイヤ幅は265標準になるそうです。

シビックタイプRの目玉ですが、運転内容がコンピューターに把握され、アクセル・ブレーキワーク・ハンドリングにライン取りの良し悪し(スコアとして表示)がナビ画面で参照できるそうです。さらに国内13サーキット(JAF/FIA認定)でスピードリミッターをOFFにできる機能を搭載。GPSによりコースを特定し、安全かつ確実に速度制限(180km/h)を解除できる。

出典「https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/」より

FL5 シビックタイプRの販売価格は499万円より (2022年7月31日)

2022年7月発表されたシビックタイプR・FL5型の販売価格は449万97300円(税込み)より。

尚、標準装備にはホンダ・センシングも含まれるが、カタログのドライカーボン製GTウィング(羽)は含まれません。

主な標準装備内容

シビック・タイプR LF5型の標準装備内容は次のとおりです。

  • ホンダ・センシング(自動ブレーキ含む)
  • ドライブモードスイッチ(ECU設定 INDIVIDUALモード、SPORTモード、COMFORTモード)
  • +Rモードスイッチ
  • レブマッチシステム(シフトダウン時の自動ブリッピングアシスト)
  • TYPE R専用10.2インチ デジタルグラフィックメーター+LEDレブインジケーター
  • Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉
  • TYPE R専用データロガー Honda LogR
  • アクティブサウンドコントロール(マフラーサウンドを作り出す機能)
  • Honda TYPE Rシート(フロント)〈ラックス スェード®〉
  • TYPE R専用ステアリングホイール(アルカンターラ®)
  • アルミ製シフトノブ
  • 偏光ガンメタリック・インストルメントパネル&ドアパネル
  • シリアルナンバー入りアルミ製エンブレム
  • 6:4分割可倒式リアシート(スウェード調)
  • アルミ製センターコンソールパネル
  • TYPE R専用リアスポイラー(グロスブラック)+アルミダイキャストステー
  • グロスブラック・リアディフューザー
  • トリプルエキゾーストシステム(マフラーエンドの事です)
  • TYPE R専用アルミ製フロントフード
  • TYPE R専用サスペンション(フロント:デュアルアクシス・ストラット リア:マルチリンク)
  • 19インチリバースリムアルミホイール(19×9.5J)+265/30ZR19 93Yスチールラジアルタイヤ(ミシュラン パイロットスポーツ 4S)
  • Brembo社製フロント大径ベンチレーテッド2ピースディスクブレーキ(Φ350mm)
  • Brembo社製フロントアルミ対向4ポットキャリパー
  • ヘリカルLSD(リミテッドスリップデフ)

シビック・タイプR標準装備 ホンダセンシングの内容

シビック・タイプRにもホンダセンシングが標準装備になります。

主なアシスト内容は次の通り

  • 衝突軽減ブレーキ<CMBS>
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール<ACC>
  • 車線維持支援システム<LKAS>
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • ブラインドスポットインフォメーション<BSI>
  • 後退出庫サポート
  • パーキングセンサーシステム
  • 近距離衝突軽減ブレーキ

シビック・e:HEV 2.0Lハイブリッド車を7月発売

シビックにe:HEVハイブリッドシステムを搭載するハイブリッド車を設定し2022年7月1日(6月30日発表)発売

シビックハイブリッド車はFL系ベースになるので車格は同じだと思われます。また発電&駆動用エンジンに新開発2.0L自然吸気式エンジンを採用。因みにガソリンエンジンのスペック 最高出力141ps/6000回転 最大トルク18.5kgm/4500回転(アコードe:HEVに採用されるLFB-H4エンジンは最高出力145ps/6200回転 最大トルク17.8kgm/3500回転)。駆動用モーターのスペックは最高出力184ps/5000-6000回転 最大トルク32.1kgm/0-2000回転、燃費(WLTCモード)24.2km/L

シビック ハイブリッド FL系

1.5Lターボ車(シビック FL1)と大幅に異なるのはATセレクトレバーが廃止されている点。センターコンソールに突起物がなくなってスッキリとしたレイアウトに仕上がっています。

 

写真「https://www.honda.co.jp/news/2022/4220414.html」より

シビック e:HEV 販売価格

シビック e:HEV(ハイブリッド車)がいよいよ7月1日発売されます。

設定グレードはe:HEVのみ販売価格は3,940,200円より。

内外装仕様はガソリン車のEXグレードと同じ。

シビックタイプRベース車FL1型

写真で見る限り余りパットしないのですが、実車を見るとすごくスタイリッシュです。

フロントフェイスは北米アキュラとソリッドウイングフェイス融合した感じでそててもスタイリッシュです。リア側はテールエンドがストンと落ちる感じでCR-Xのリアデザインを踏襲した印象でとてもスタイリッシュ。

シビック・ハイブリッド車の販売価格 (2022年5月18日追記)

2022年6月30日発表を予定しているホンダのシビック・ハイブリッド(ハッチバック)の販売価格は394万円より。

因みに1.5Lターボ車の販売価格は319万円~353万9800円の設定なので、廉価グレードからは約80万円高で最上位のEXグレードからは約40万円高になります。

尚、新型シビックハイブリッド車の予約販売は5月中頃から受付開始していますが納期は今注文しても来年になるものと予想されます。

 

 

ステップワゴン 2022年5月フルモデルチェンジ

ステップワゴン約7年振りにフルモデルチェンジ&現行RP系は11月でオーダーストップ。尚、新型ステップワゴン発表は2022年1月7日、3月上旬価格決定&先行予約販売開始 発売は(納車)5月

次期ステップワゴンの主な改良内容予想は新開発プラットフォームをベース外観デザインはキープコンセプト

パワーユニットは1.5L・ターボ(L15B改良型)と2.0Lガソリンエンジンベースe:HEVが採用されハイブリッド車の2種類がラインナップ。e:HEVはライバルミニバンノアセレナを上回る低燃費性能へと向上し、e:HEV車にも4WD駆動方式が設定されます。

ホンダが公開した次期ステップワゴン。ラインナップはスタイリッシュなアエロが標準装備されたステップワゴン・スパーダと標準グレードのステップワゴン・AIRの2種類。

2021年12月10日発表 ホンダ ステップワゴン

全体的に角張ったデザインでアッパーグリルは流行りの鉄仮面と言うかルーバーでは無いカバータイプのものが採用。ヘッドライトはジュエルアイでは無く四角LEDユニット+ポジション兼用ターンランプが採用されています。

インテリアはグレード別になると思いますが2列目シートはキャプテンシートで運転席と助手席から3列目シートまでウォークスルーを採用。インテリアからルーフトップを見ると角張ったデザインが際立っていると言う印象です。

新しい目撃情報。ヘッドライトはジュエルアイ進化型でアッパーグリルはEVに多く採用される鉄仮面スタイルが採用されるのでしょうか?テールランプは縦に長いデザインが採用されておりルーフスポイラーレス(スパーダの方でしょうか)。

ステップワゴン確定情報

ベストカー2022年2月10日号に新型ステップワゴンの写真が掲載されました。

ソリッドウイングフェイスとジュエルアイLEDは廃止なのか?どちらかと言うと「アシモ」の雰囲気を持つフロントフェイスが採用されています。

写真上がステップワゴン・エア、写真下がステップワゴン・スパーダ。スパーダはアッパー&ロアグリルに大型エアインテーク+メッシュカバーの組み合わせでスタイリッシュなのだが、リアのテールレンズが超派手な縦長デザインが採用されています。

インテリアの方はわくわくゲート廃止、3列目シートは床下(20mmクッションフロア)格納方式が採用され2列目シートは最大865mmロングスライドさせる事が可能となり荷物の積載や車中泊が大幅に向上している

写真「ベストカー2022年2月10日号」より

ステップワゴン販売価格

次期ステップワゴンは5月26日発表・27日発売ですが予約販売受付中。

1.5Lターボ2.0L e:HEV
エアー (FF)2,998,600円3,382,500円
エアー (4WD)3,240,500円-
スパーダ (FF)3,257,100円3,651,000円
スパーダ (4WD)3,477,130円-
スパーダ・プレミアムライン (FF)3,462,800円3,846,730円
スパーダ・プレミアムライン (4WD)3,653,100円-

 

N-ONE 2020年12月フルモデルチェンジ MT設定有り

N-ONEは一時期ブランド廃止の噂がありましたが、2020年12月24日発表翌25日より発売。。

しかも待望のマニュアル・トランスミッション搭載グレードの設定もあるとの事。

大阪オートメッセ2020で展示されていた新型N-ONEを撮影してきました、スポーティなデザインで若い子に人気。

東京オートサロン2020にて展示されていた「N-ONE カフェレーサー コンセプト」にフロアシフトだがS660が搭載する6速マニュアル・トランスミッションを搭載。

外観は一見代わり映えしないが新型N-BOX・N-WGNと同じプラットフォーム採用し、剛性と足回りを向上させていると言われています。

N-ONE カフェレーサー コンセプト

6MTの写真、ステアリングから近いのでまるでラリー車みたいですね。

N-ONEにタイプRの設定もあると言う噂も

タイプR仕様と言えば、大型リヤスポイラー、ブレンボのブレーキユニットに強化サスペンションダンパー、ショートストロークトランスミッションにホンダオリジナルバケットシート。ボンネットのインタークーラー冷却用のエアーインテーク口も欲しい所です。

2016nbox006

 

リヤはGTウィング風では無く大型ルーフスポイラーの方が似合いそうです。

 

2016nbox007

 

タイプRは2013年の東京モーターショー出展の噂もあり、シビックタイプRがあっと言う間に完売した一件もあるので台数限定で販売される可能性は皆無でも無いと思われます。

2016nbox008

 

このようなエクステリアなら目立つこと間違いないですし、オフ会でも話題の中心となる事間違い無いです。新しい情報を確認次第追記させて頂きたいと思います。

2016nbox0010

2020年2月以降 新技術ホンダ・コネクテッドを順次搭載

2020年2月発売される新型フィットより、新技術ホンダ・コネクテッドをフルモデルチェンジ車に順次採用していくとの事。

ホンダ・コネクテッドはSIMを内蔵の通信機器を車に搭載し、運転手を24時間365日サポート&安全なサービスを提供。

困った時や事故・故障などの緊急時にはオペレーターを通して警察・消防・保険会社など一括して連絡を行えるほか、何らかのトラブルが発生した場合はALSOKが現場へ急行させる事も可能。

スマホに専用アプリを導入すれば遠隔操作によってエアコンを動作させたり駐車位置を確認したりドアロックを忘れていた場合、アプリへ通知を送信し&スマホでドアロックなども行える、またスマホで調べたルートを車載ナビへ転送なども行える。

アプリは「ホンダ トータル カーケア」サイトよりダウンロードできます。

アプリを利用するにはホンダカーディーラにて会員登録が必要。

-ニュース, ホンダ