トヨタ ニューモデル

WRC仕様GRヴィッツ入手困難 予約開始は2018年4月-5月まで発売日は




2017年にヤリスでWRCへ復帰するトヨタからWRC参戦記念モデル「GRヴィッツ」を2017年10月東京モーターショー発表同時期発売開始。1.8Lスーパーチャージャー搭載GRヴィッツは150台限定販売だが、その他2種類GRブンドから発売される。

ヴィッツ GRMN 1.8Lスーパーチャージャー搭載モデルの予約&発売日

予約開始日2018年4月9日~5月13日申し込み受付、150台以上のお申込みの場合は5月21日抽選。

ヴィッツGRMNの抽選にハズレた人もキャンセル待ち登録しておくことで、当選者がキャンセルした場合は商談不成立の場合はキャンセル待ちの人に商談が移譲するのだが

申込状況によってはヴィッツGRMN生産台数150台の増減はあると言う(申込みが多ければ200台販売もある?)。

ヴィッツGRMN発売日(納車)は2018年6月1日

販売価格は400万円だが支払総額をご確認ください。

ヴィッツ GRMNの予約は店舗GR GARAGE、またはGRMN公式サイトに設置されている特設ページより可能です。

150台限定販売ヴィッツGRMN支払い総額目安

オプションパーツとディーラー手数料、任意保険料は入っていない。

  • ヴィッツGRMN車両本体価格 400万円
  • 諸費用 20万640円
  • WRX 2.0L 新車購入時の諸費用目安。必ず必要なのは赤い枠の費用。自動車税が6月からなので29,600円(1.8Lも同じ)、自動車取得税がオプションを追加した時に変動するがWRXと同じくらいの金額なのでだいたい96,100円前後になるのではないでしょうか。

スバルの点検パックと保証プランを引いた金額をヴィッツGRMNの販売価格400万円に足すことでだいたい支払総額は4,381,800円が最低必要になる金額になると思います。

150台限定販売ヴィッツGRMN情報

YARIS(ヴィッツ)ホットハッチグレードのディザーイメージ。国内ではGRMN限定モデルとして発売。

エンジンはロータス・エリーゼSに搭載する1.8Lスーパーチャージャーエンジン2ZR型、最高出力220psを発生 トランスミッションは6MT。

GRヴィッツ(YARIS)の主な内容はブレース補強のシャシーにザックス製ダンパーにLSD、フロントストラットバーに布団とスタビライザー標準装備。

ボディは17インチサイズのBBS2スポークデザインのアルミホイールにデュフェーザー付きリヤバンパー+センターエキゾーストパイプと大型ルーフスポイラー。

インテリアはスポーツタイプシートにアルミペダルとコンビネーションメーター。

トヨタが公式に発表したVITZ GRMN。3ドアホットハッチスタイル。

ジュネーブモーターショー2017にて発表されたレプリカ仕様。

GRヴィッツのインテリア。

WRC仕様のデモンストレーション走行動画。このマフラー音を聞いたら絶対買いたくなります。

東京モーターショー2017(2017年10月28日-11月5日開催)にトヨタガズーレーシング(TGR)仕様の「ヴィッツTGR」と「アクアTGR」モデルを出展。

これがWRC仕様のスーパーヴィッツ!GTウィング風のルーフスポイラーが見える。GRMN仕様なのでトランスミッションは6MTショートストロークの可能性も。

アクアTGR

GRMN ヴィッツ 主なチューニング内容 インタークーラーは水冷式にMagnusson Eaton製過給器等

スーパーチャジャーにはMagnusson Eaton製を採用2つのローターにより圧縮空気をエンジンに送り込み1.8Lエンジンを通常よりも1.5倍の出力を発生させる。

ラジエター共用水冷式インタークーラーを採用。

WRCヤリスとほぼ同じ排気マフラー(リヤピース)。

BBS製専用鍛造ホイールを装着、25%軽量化されバネ下6kg軽量化に加えオフセット48mmとワイドトレッド化が図られている

ブレーキユニットはサプライヤー・アドヴィックス製、スリッド入りディスクローター(サイズ275×25mm)にフロント4ポッド対向キャリパー(GRロゴ入り)

フロント側に装着されるブレーキユニット。

ダンパーにはザックス製のものが使われていてヴィッツカタログモデルよりも30mmローダウンされている。バネレートはフロント34.6Nm リヤ34.2Nm。

スポーツシートはレクサスLFAのシートを製造のトヨタ紡織が開発したものでホールド性と乗り心地の快適性を両立している。シートレールはヴィッツGRMN専用のものを採用している。

GRヴィッツは3種類発売される

1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載するヴィッツGRMNは150台限定販売だが、台数限定販売モデルとカタログモデルも新しく発売される。

  • GRMN 150台限定販売
  • GR-S カタログモデル
  • GR カタログモデル

ヴィッツ GR 販売価格

GR-Sシリーズは廃止されたG'sシリーズと同じカタログモデルとして販売される予定(台数限定販売では無い)。

専用デザインのバンパーにインテリアそれに強化サスペンションに10mm程車高が低くなるカスタムモデル。

価格

  • VITZ GRMN 4,000,000円 / 6MT
  • VITZ GR SPORT 2,087,640円 / 5MT
  • VITZ GR SPORT 2,087,640円 / Super CVT-i
  • VITZ GR SPORT2,329,560円 / ハイブリッド電気式無段変速機

ヴィッツ GR カタログモデル 主要装備

GRMN仕様は恐らく1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載するヴィッツの中でも別格のチューニングモデル。ヴィッツGR SPORTベースで専用装備を追加。

  • ザックス製ショックアブソーバー
  • スポット打点追加ブレース追加
  • 10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車のみ)
  • アルミアクセル&ブレーキペダル
  • 小径ステアリングホイール

販売価格は5MT/シーケンシャル式10速CVT共 2,303,640円。

ヴィッツGR専用センタータコメーターレイアウト。

フロントバンパーからサイドステップにかけてスタイリッシュなレッドストライプライン入り。

TOYOTA GAZOO Racing、WRC参戦体制を発表

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14478704/

トヨタは2017年開幕戦からヴィッツ(ヤリス)にてWRCへ参戦するものの、現行ヤリスではなく次期新型ヴィッツを投入しての開幕参戦となるそうです。次期新型ヴィッツの情報は一切漏れていないものの予測では2016年に投入してくる模様でそれにあわせてWRCカーのホモロゲーションを取得出来るヴィッツの発売を計画しているそうです。FIAから新型ヴィッツのホモロゲーションを取得するには2500台市販車の販売が義務付けされています。トヨタが参戦するグループは最上位グループと言うことで、エンジンや駆動方式それにボディー形状は全く別物で構わないと言う事から、ホモロゲ取得様に販売されるヴィッツはスーパービッツになる模様です。

予測ではレクサスNXに搭載した2リッター直四直噴ターボを乗せてくるのでは無いかと言う情報もあるそうです。ボディー形状はド派手はワイドフェンダーを取り入れ、トランスミッションは6MT駆動方式はFFを取り入れて来年のパリ・サロンでワールドプレミアムリリースと言うシナリオだといいます。しかし日本での販売はわずか500台。今から予約していないと絶対手に入らない。かつてのトヨタスポーツカーオーナーでまたトヨタのスポーツを乗りたいとお考えなら今から予約は必須です。

ヴィッツGRMN限定販売モデル主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 3975×1695×1510mm
  • エンジン 2ZR型
  • 1.8リッター直列4気筒DOHCスーパーチャージャー
  • 最高出力 208ps/6800回転
  • 最大トルク 25.4kg.m/4800回転
  • 駆動方式 FF
  • トランスミッション 6MT

2016新型YARISの写真を見ながらこれがWRC仕様になるとどのように様変わりするのでしょうね。とても楽しみです。

201502120018

201502120020

201502120021

 

こちらが現行のYARISです。これがラリー仕様となると

 

201502120017

 

こんな感じになると言うわけですね。フェンダーから何から全部違うのですがノーマルYARISの面影があるのはグリル部分だけになってしまいます。フロントグリルメッシュカバーの下には超大型のラジエターかインタークーラーの様なものが見えますし、フォグライトのところはエアーダクトが装着されています。

-トヨタ, ニューモデル