トヨタ ニューモデル

トヨタ「C-HR」2019年12月マイナーチェンジ 新グレード&ボディーカラー追加

C-HR 2019年12月 マイナーチェンジ情報

トヨタアーバンSUVのC-HRが今年秋にマイナーチェンジします。

内外装の小幅デザイン変更新しいグレードとボディカラーが追加される他、専用スポーツシートと19インチアルミホイールを装着したスポーツ色の強いグレードGR-Sバージョンが発売されます。

GR-S(スポーツ)バージョンの主な内容は剛性の向上に伴う足回りとステアリングのチューニングに加え、外装では専用デザインのフロントバンパー19インチアルミホイールを装着し1.2Lターボ車にはブリッピングをアシストしてくれる6速iMTを設定

C-HR 2019

C-HR S“GR SPORT”

写真「https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30070314.html」より

主な改良点

まず見た目ですがバンパーがマットブラック(GR・スポーツ除く)へ変更と、ヘッドライト本体と涙目のLEDがぶつぶつLEDからキレイなラインLEDへ変更が加えられている。

リヤ側のコンビネーションランプもスタンダードと上位グレードとで差別化され、上位グレードはリヤ側シーケンシャルターンランプとなる。

内装は新しく「オーキッドブラウン」仕様を設定。

その他、トヨタ公式発表内容

デザインがさらにスタイリッシュに進化

TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるGRシリーズ“GR SPORT”を新設定

インテリジェントクリアランスソナー(ICS)などをオプション選択可能とし、安全装備を充実

ディスプレイオーディオ(DA)を全車標準装備しスマートフォンとの連携が可能

1.2Lターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加

2019年12月発売 C-HR 外装&内装

販売価格

2019年12月発売されるC-HRのグレード別販売価格。ハイブリッド車はFF&電気式無段変速機の設定のみ。

1.2L ターボ1.8L ハイブリッド
S-T2,367,000円 / 6MT / FF-
2,400,000円 / CVT / FF
2,598,000円 / CVT / 4WD
G-T2,665,000円 / CVT / FF
2,863,000円 / CVT / 4WD
S-T“GR SPORT”2,732,000円 / 6MT / FF
S-2,730,000円
G2,995,000円
S“GR SPORT”3,095,000円

 

海外メディアに掲載された次期C-HR

2019年8月14日に海外メディアに掲載された次期C-HRです、一見変わったところが無いように見えるのですがヘッドライトが微妙に異なる

・メインプロジェクター周りが異なり内側に角型LEDレンズが3つ(ターンランプだと思われる)確認できる

ヘッドライトアッパー側のシーケンシャルターンランプ廃止(確定情報)

リガ側はリフレクター位置の変更は無いがターンランプがシーケンシャル式になる他テールランプ類がアルファードの様にきれいに点灯する等のデザイン変更が加わる。

写真「https://www.autogespot.nl/」より

 

C-HR GR 2017年11月発表

トヨタスポーツカーブランド「GR」シリーズが2017年11月に一斉発表されます。もちろんスタイリッシュな「C-HR GR」を発売。

GRシリーズの主な内容は吸気系のチューニングはないが、専用マフラーの装着とボディ剛性の強化及び減衰力最適化したダンパーキットの装着。

その他専用エアロパーツと内装ではスポーツシートにステアリングなどが予想される。

ハイパワー コンセプト

2017年9月12日「C-HR ハイパワー コンセプト」フランクフルトモーターショー初披露。

デザインテーマはダイヤモンドアーキテクチャー。カーボンを好むオーナーが多い事を踏まえて更に一歩踏み込んだ炭素の進化系ダイヤをテーマにしているのでしょうか。

気になるのはハイパワーと言う点、ベースモデルのシステム最高出力121psをさらに上回るハイブリッドシステムが採用されるとの事でGRベースになる可能性も。

 

2017年8月 ツートーンカラーをラインアップ

海外では発売当初から設定されていたツートーンカラー(有料オプション)を国内でも販売開始。

ツートーンカラーは主にピラーからルーフトップに掛けてブラック又はホワイト塗装になります。

オプション価格は32,400~54,000円。

C-HR 2016年12月 発売情報

トヨタからスタイリッシュで燃費の良い新型ハイブリッドSUV「C-HR」2016年12月発売。

C-HR 1.2Lターボか1.8Lハイブリッドで悩んでいるならをアップしました。

2016-t-20161110001

噂の流れるウインカーはリヤ側にも採用か。丸いLEDランプが並べられているのが見える。大きい写真はお手数ですがツイッター上(こちら)で掲載していますので別途ご覧下さい。

2016-t-20161110002

LAモーターショーにて展示されているC-HRのリヤゲートを開いた写真。トランクルームは結構広い。

2016-t-201611201

C-HR公式サイト公開。自動ブレーキ安全アシスト機能に車両と歩行者に対応及び車線逸脱自動補正機能付き「トヨタ セーフティセンス P」を採用。

国内で販売されるラインナップは1.2リッターターボエンジン1.8リッター+モーターのハイブリッドシステムの二種類でトランスミッションはMTの設定は無くハイブリッドモデルは電気式無段変速機、ガソリンモデルはCVTとなる。MTが欲しい人はもう少し待ってみるのも有りだと思います。

2016chrto001

TRDから超かっこいいC-HRラリー仕様カスタムパーツ発売予定。

  • 車高高くするリフトアップダンパー
  • TRDロゴ入りマッドガード
  • 専用オーバーフェンダーにスキッドプレート

ヨーロッパ向けC-HRのインテリアが公開されました。

センシュアル-テック(Sensual-Tech)コンセプトを採用したハイテク技術を取り入れ且つシックな上質感たっぷりの仕上がりに。

ダッシュボードを引くくレイアウトし、センターには独立したタッチスクリーン液晶を装備しドライバーを囲むような非対称形状のコンソールを採用し自動車と一体感を保つ空間を演出。

パワートレーンはハイブリッドでトランスミッションはATだがフロアシフトはMTの様な重厚感のあるシフトブーツが取り付けられている。

2016 C-HRインテリア

仮ナンバーでテスト走行中のベースカラー イエロー / ルーフ&ドアミラー ホワイト 2トーンカラーのC-HR。

2016-t-20160806001

ルーフスポイラーはセンター2本のアームタイプのWウィングデザインのルーフスポイラーだ。

2016-t-20160806002

トヨタ公式サイトで新たに公開されたヨーロッパ仕様のインテリア。

2016-t-20160806003

2016-t-20160806005

市販される前にGAZOO RACINGが2016年5月26日-29日に開催されるニュルブルクリンク24時間レースに投入する「C-HR Racing」の走りにも注目だ。

レースの結果次第ではC-HRのローダウン仕様の発売も期待され、ビッグネームブランド「セリカ」復活。

 

2016 C-HR ニュルブルクリンク

http://toyota.jp/c-hr/

パワーユニットは3種類の設定が明らかにされました。ただハイブリッド4WDのE-Fourの設定が無く4WDは1.2リッターターボグレードにのみ設定されます。

1.8リッターDOHC自然吸気エンジン+モーター。スペック詳細はこちら

1.2リッター直列4気筒ターボエンジン、最高出力116ps/5200-5600回転、最大トルク18.9kg.m/1500-4000回転、駆動方式FF/4WD、トランスミッション6MT/CVT。

2.0リッター直列4気筒エンジン、最高出力150ps/6100回転、最大トルク19.7kg.m/3800回転、駆動方式FF、トランスミッションCVT。

2016年3月1日ジュネーブモーターショーで市販モデルが初公開されました。ルーフがとても低く切れ味するどいキーンルックでブーメラン型デンズがフロントフェンダー真上側にまで伸びている。

2016chr03001

 

トヨタ C-HR

 

パワートレーンは1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)+モーターのFF駆動方式と、後輪はモーターのみで駆動するE-Four(4WD)駆動方式の二種類が用意されます。トランスミッションは電気式無段変速機のみ。

FFアシスト用駆動モーターにはパワフルな1NM型モーターが採用され、最高出力72ps、最大トルク16.6kg.mを発生。ターボラグのないリニアなアクセルレスポンスを持つ加速感を楽しめると思われます。

予想JC08モード燃費はFF駆動モデルは35.0km/L、E-Four駆動モデルは30.0km/L。

車両サイズ予想は全長4350mmx全幅1760mmx全高1600mm、ホイールベース2600mm。

2016purisu-002

 

一応5ドアハッチバックとなるはずなのですが、リヤ側に掛けてルーフが低く見せるカラーリングとデザインが採用されているのでクーペに見える。ライバルはもちろんSUVでは不動の人気ナンバーワンモデル「ホンダ VEZEL」ですよね。先日VEZELにRSグレードが発売するも期待された1.5リッターターボがリリースされず期待はずれに終わっているのでトヨタのC-HRに流れてしまう可能性が高い。

2016purisu-003

 

C-HRのエクステリアは嫌味のないキーンルックでほんとうにスタイリッシュ。ヘッドライトとリヤコンビネーションランプには若者が好むLEDイルミネーション演出が多用されている。

2016purisu-005

 

リヤコンビネーションランプはやや北米シビックに似たようなデザインですが、先日ダイハツのヒナタに採用されている様な技術が取り入れられているのでしょうか。

2016purisu-006

C-HR 2016 デザイン

2016chr03001

2016chr030010

2016chr03008

2016chr03007

2016chr03006

2016chr03005

2016chr03003

2016chr03002

内装

2016-t-chrinterior-2

2016-t-chrinterior-3

2016-t-chrinterior-5

2016-t-chrinterior-6

2016-t-chrinterior-7

C-HR 2016 GとSグレードの主な装備品と価格の比較

C-HR グレードSグレードGグレード
1.2ターボ価格(駆動方式4WDのみ)2,516,400円2,775,600円
1.8ハイブリッド価格(駆動方式FFのみ)2,646,000円2,905,200円
アルミホイール(センターキャップオーナメント付き)シルバーメタリック塗装17インチ6Jアルミホイール&215/60R17タイヤサイズ。

2016-t-20161114003

切削光輝+ブラック塗装18インチ7Jアルミホイール&225/50R18タイヤサイズ。

2016-t-20161114001

ドアモールドアベルト&ウインドゥフモールはマッドブラック。

2016-t-20161114004

メッキドアベルト&ピアノブラックドアウインドゥフレームモール。

2016-t-20161114002

ヘッドライト&ターンランプLEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー。フォグランプオプション。
2016-t-20161114005s
LEDフロントフォグランプ&LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー

2016-t-20161114006g

ドライビング快適装備UVカット機能付フロントドアグリーンガラス / 防眩インナーミラー

2016-t-201611140010s

スーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアグリーンガラス /?オートワイパー(雨滴感応式) /?自動防眩インナーミラー。

2016-t-201611140010g

インテリアインテリアカラーブラック /?センターコンソールアッパー&パワーウインドゥスイッチベースブラック加飾。

2016-t-20161114007s

インテリアカラーリコリスブラウン /?センターコンソールアッパー&パワーウインドゥスイッチベースブラック+ピアノブラック加飾

2016-t-20161114008g

インテリア快適装備インストルメントパネル&ドアインナーガーニッシュを金属調加飾。運転席・助手席バニティミラー付きサンバイザー。

2016-t-201611140012

■インストルメントパネル&ドアインナーガーニッシュは金属調+ソフト塗装加飾。フロントカップホルダーとドアドリムアームレスト下に間接室内イルミネーション。運転席と助手席にシートバックポケット。ナノイー空気清浄機システム。運転席と助手席照明付きバニティミラー付きサンバイザー。

2016-t-201611140011g

1.2Lターボ車共通インパネ周りの装備内容。本革巻きシフトノブ&7速スポーツシーケンシャルシフトマチック。コンビネーション2眼メーター。ダイナミックトルクコントロール4WD。左右独立温度コントロールフルオートエアコン。

2016-t-20161114008gturbo

1.8Lハイブリッドインパネ周りの装備共通本革巻きシフトノブ。ハイブリッド専用コンビネーション2眼メーター。左右独立温度コントロールフルオートエアコン(電動インバーターコンプレッサー付)。ECB[電子制御ブレーキシステム]。車両接近通報装置。EVドライブモード切り替えスイッチ。ハイブリッドシステムインジケーター

2016-t-20161114008ghv

車線変更と車庫入れアシスト無しブラインドスポット
モニター[BSM] /
クリアランスソナー
&バックソナーセンサー付き。2016-t-20161114009g
トランスミッション電気式無段変速機CVT

 

C-HR 1.2Lターボか1.8Lハイブリッドで悩んでいるなら

C-HRのターボ車かハイブリッドを買うかどうか悩んでいるなら目を通してみて下さい。

この車の特徴は見た目の良さ(かっこいい)のともう一つはTNGA技術の採用とザックス製タンパーキットに最適化されたバネレートによる乗り心地とハンドリング性能が特長なのですがもし買うなら個人的に1.8Lハイブリッドがお勧めだと思います。

理由はモーターによる力強い0発進時の加速力が大きな魅力ですしバッテリーとモーター搭載による重量ハンデが然程少なく車重は1440kgと比較的軽い。

ところが1.2Lモデルは車重が重たい。1.2Lターボ車は1470kgもある。4WD駆動方式とは言え1470kgは少々驚きの重量。私の乗っているWRXの1480kgとほぼ変わらない。

恐らく0発進はすごくストレスになると思いますしガソリンターボと言えど小排気量と言うハンデは高速道路巡航でも大きなストレスとなる可能性も。

その点NAと言えど1.8Lハイブリッドの方が高速道路での伸びやかな走りを楽しめると思われる。

せめて1.2Lターボ車で1200kg前後の車重なら買う理由はあるのですが1470kgはこの排気量では重たすぎる。

雪国でどうしても4WDでは無いとだめだと言う事を除けば1.2Lターボをお勧めする理由は何処にも見当たらないし価格面でも1.2Lターボ車が安いと言う事も無くむしろハイブリッド車と変わらない価格設定となってます。

20161030001

2016-t-20161211001

ライバル ホンダ VEZEL 比較

デザイン性は好みによると思われますがスタイリッシュなのはやはりC-HRでしょうか。両グレードともFFと4WDの設定はありますがトヨタのE-Fourは後輪駆動はモーターのみとなり安定したトラクションコントロールが期待でき、三菱の電子制御式4WDに近い悪路走破性を持つものと思われる。

2016purisu-008

ホンダ・ヴェゼル スペック比較

車両サイズは然程変わらずです。パワーシステムはC-HRの方がパワフル且つ低燃費ですが、予想販売価格はVEZELハイブリッドの227万円~の設定価格より大幅アップの300万円前後となると思われます。価格勝負なら圧倒的にVEZELとなる。

トヨタ C-HR ハイブリッドホンダ VEZEL ハイブリッド
全長x全幅x全高(mm)4360x1795x15654295x1770x1605
ホイールベース(mm)26402610
定員5名
エンジン1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)1.5リッター直列4気筒DOHCエンジン(LEB型)
最高出力98ps/5200回転132ps/6600回転
最大トルク14.5kg.m/3600回転15.9kg.m/4600回転
モーター1NM型H1型
モーター最高出力72ps29.5ps/1313-2000回転
モーター最大トルク16.6kg.m16.3kg.m/0-1313回転
トランスミッション電気式無段変速機7速AT
駆動方式FF-FF4WD
JC08モード燃費35.0km/L-27.0km/L23.2km/L

C-HR 2016 ガソリンエンジングレードスペック

1.2リッター2.0リッター
エンジン1.2リッター直列4気筒DOHCターボ2.0リッター直列4気筒DOHC
最高出力116ps/5200-5600回転150ps/6100回転
最大トルク18.9kg.m/1500-4000回転19.7kg.m/3800回転
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVTCVT

既に予約販売が始まっているトヨタの2016年12月発売を予定しているSUV「C-HR」のグレード別標準装備品を比較と販売店別でスポイラーやサイドシルガードのカラーリングが異なる各種スタイル情報を掲載。詳しくはこちら

C-HRには2種類のグレードが用意されていて、廉価モデルはSグレードで上位グレードはGグレードでそれぞれに1.2リッターガソリンターボエンジンと1.8リッター+モーターのハイブリッドモデルが設定されています。

 

-トヨタ, ニューモデル