フォレスター2016年秋フルモデルチェンジ

北米で大人気のスバルフォレスターが2016年秋頃にフルモデルチェンジ。注目点としては2014年3月に公開されたVIZIVコンセプトモデルで公開された技術が投入されるとの事。パワートレーンはエンジンにレヴォーグと同じFB16ターボが搭載され、FF駆動はエンジン+1モーターでFR駆動は左右独立の2モーターとなり3モーターAWD方式となる模様。

エクステリアはほぼVIZIVコンセプトと似たデザインが採用される。2019年にはプグインハイブリッドモデルも追加される。

2016-s-20160920001

2016-s-20160920002

プラットフォームはインプレッサに採用されるSGPを採用するのか気になるのと、STIグレード設定は必ずありそうですよね。

2016-s-20160808001

スバルの伝統とするメカニカルAWDでは無くてFR側電子制御AWDとなると、より制度の高いトラクションコントロールを得るならそれはそれで魅力的なのでしょうか?

某誌予想ではそのままVIZIVなのですが、個人的にはこのフォルムは継承しないと思われます。ただFB20エンジンからFB16エンジンへサイズダウンとハイブリッド化となるとリチウムイオンバッテリーをフロア下へ乗せるとなると大きく変更となってしまうのでしょうか?ただこのフォルムだとレガシィアウトバック被ってしまいます。

2016フォレスター

サイドから見るとそれなりにフォレスター的にも見えるのですがノーズが長すぎる。FB16エンジンならよりコンパクトなのでこれ程ノーズは長くならなくても収まります。

2016ft002

リア側から見たら往年のフォレスターを思い浮かばせてくれます。リアアンダーカバーがよく似合ってますしフロントとリアの大きく飛び出たオーバーフェンダーも往年のスタイルに見えます。

2016ft005

これは現行モデルです。車高を下げて走り屋している方も居るのですがやはり車高は200mm近くあって何方かと言うとアメリカンチックなフロントグリルが一番良く似合います。車高を下げてフロントグリル周りをシャープな感じにするとレヴォーグかレガシィと変わらなくなってせっかくの北米人気が低迷してしまう恐れもありますものね。

2016ft006

2016新型フォレスター予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4435×1810×1530mm
  • ホイールベース 2780mm
  • エンジン FB16
  • 水平4気筒ターボエンジン
  • 排気量 1599cc
  • 最大出力 170ps/4800-5600回転
  • モーター最大出力 30ps
  • 最大トルク 25.5kg.m/1800-4800回転
  • モーター最大トルク 16.5kgm
  • JC08モード燃費 20.0km/L
  • 予想価格 320万円

ガルウィングはあるのか?

少なくとも日本でガルウィングは流行らない。トヨタが昔セラと言う車でガルウィング作ったことがあって見た目はカッコいいけど大手メーカー国産車でガルウィングが作られたのは後にも先にもセラだけだったと思います。

2016ft008

日本の狭い車庫でこんなドアを開く場所もないしSUV車両ならスライドドアなら理解できるがこんなことしたらBBQの場所でドア開いたら木の枝にぶつけてしまった等の事故等の懸念もありますので受け入れられない。モーターショー向けで派手な演出を加えただけだと思われます。

2016ft0010

インパネも近未来的なデザインを取り入れられて居るのですが、もしフォレスターがハイブリッド化した場合はインプレッサXVのハイブリッド版と同じインパネレイアウトになるものと推測する次第です。

2016ft007

運転席と助手席のセンターにAWD駆動トルク情報やブースト計、方位、勾配、横方向の傾き情報を出力させる事が出来るようになるものと思われます。

2016ft0011

2016ft0015

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. abkanadet104 より:

    かげまるさんこんにちは!

    元bitbitx11です^^
    ちょ~っと体調悪かったのとその他の事情で、かげまるさんのブログやYoutubeの方、まったく見れていませんでした(__)
    現在、Youtubeアカウントを変更して、abkanadet104という名前で、高評価などさせていただいています!
    今後ともよろしくお願いします- ェ`*)ゞ

    フォレスターがモデルチェンジされると聞いて驚きました!

    現在、レガシィもフォレスターもターボ+MTのグレードがなくなってしまっていて、スバルらしくないような気がして少し残念なのですが、2016年のフォレスターはそれを払拭してくれるくらいのものでおどろきました!

    その中でも一番驚いたのは、燃費です!08モードとはいえ、リッター20キロはヤバいと思います。
    僕の勝手な統計なのですが、08モードの燃費は大体高速巡航時の燃費と同じくらいだと思うので、やはり燃費は歴代フォレスターよりも抜群にいいと思います!
    それでもって、パワー・トルクともにハイスペックなので、やはりさすがスバルと思ってしまいました- (*o・∀・)o

    スバルさんにはこれからも、こういうものづくりを続けて欲しいと思いました。

    ただ、WRXだけは、時代が進んでも、ターボ+MTの伝統を受け継いで欲しいと考えています^^

    • kagemarusuports より:

      おはようございます。体調が悪かったのですね、もう大丈夫なのでしょうか?何れにしても復帰してもらえてとても嬉しいです(^^)

      フォレスターがフルモデルチェンジするのは個人的にはびっくりなのですが、時代の流れなのでハイブリッド化は致し方が無いかもです。

      2016新型フォレスターがCVTの新時代スバルらしさを見せてくれそうですよね。電子制御AWDならすごいトラクションコントロールを提供出来ると思うのでさらに楽しい走りが出来ると思います。燃費も嬉しい値でこれでフォルムが良ければまた大人気化しそうです(^^)

      ただWRXは余り売れてないみたいなのでそろそろ終焉を迎えるかもしれません。

  2. subarist より:

    スバルのダウンサイジングターボエンジンは、FA16ではなく、FB16です。FBにはFuture Boxerという意味があるらしいので…直噴エンジンはFAだと思いがちですがFBが正しいそうです。