覆面パトカーの見分け方

速度違反をするつもりで自動車を運転している訳では無いが、高速道路や自動車専用道路を周りの自動車と速度を併せて流れに乗っているとついうっかり速度超過になる事ってありますよね。

そのふっと気が緩んだすきに運が悪いことに覆面パトカーに捕まったりする事も

パトカーはボディカラーが白黒のパンダカラーなので分かりやすく、周りの流れに乗った速度でもパトカーを見れば速度超過を意識し易いけど普通の乗用車の様に走っている覆面パトカーだと無警戒となり下手をすると取締対象となる事もある。

ここでは覆面パトカーの見分け方とを覚えて頂いてレジャーやお出かけの際はお役立て下さい。

後ろからの見分け方

道路交通法を取締する覆面パトカーは基本2名乗車しているので、後ろから2人乗っている若干ダサいボディカラーのセダンは注意したほうが良い。

しかしながら最近リヤウィンドウが真っ黒のスモークカラーを施した車両が多いので、天気の良い日でも車内の様子が伺えない事が多い。

昔であれば無線用のアンテナ助手席用にAピラーに取付タイプの予備のドアミラーで判断出来たのだが、近年はそれも取り除かれているので本当にごく普通の一般車両にしか見えず判断が難しい。

平成の初期であればフェンダーミラーで確定する事も出来たが、現在ではほぼドアミラータイプ。

2016-p-20160915

8ナンバーなら確定なのですが、現在はほぼ普通に3ナンバーなのでそれも見分け方の判断材料にならない。

2016-p-20160916

見分ける確実な方法としてはナンバープレートが走行地点と同じ管轄のナンバーであるクラウンとマークXは注意。例えば大阪市内ならなにわナンバーのクラウンマークXは怪しいと判断しなければならない。

セダンなのにショートタプのアンテナが取り付けられている。

通常ラグジュアリーセダンならリヤウィンドウ埋め込みタイプのAM/FM用のアンテナとなるので、ショートタイプのアンテナが取り付けられている事はまず皆無。こうした自動車を見かけたら注意が必要。

2016-p-20160917

その他、警視庁や神奈川県警であればヘルメットを着用しているので確定し易いと思います。もちろん二名乗車。

2016-p-20160913

一番確実な方法は、真横に付けて目視し2名乗車しているのかを確認。それは男女であっても女性だけであっても女性隊員が増えているので判断材料としてください。

2016-p-20160919

前方からの見分け方

後ろから追走してくるセダンが覆面パトカーかどうかを見分ける方法ですがこれは難しいです

余程視力がよくないとルームミラーでは判断できません。一般の方ならルームミラーではほぼ無理です。

次の場合は速度に注意してください。

  • 自分の自動車1台だけぽつんと走っている
  • 自分の自動車が集団の先頭を走っている
  • 大型トラックの死角に入っているセダンがいる
  • 比較的すいているバイパスや高速道路で合流してきたセダンがいる
  • 車線変更時にきっちり3秒ウインカーを出すセダンがいる
  • 比較的車間距離が近いセダンがいる
  • セダンのボディカラーがブラック/シルバー/ガンメタ/ホワイト

2016年現在ではセダン=覆面とは限らない様です、東京都内ではハイエースやアリオンの覆面パトカーが取締を行っていると言う情報もあります。

ボディカラーに関しては、確定ではありませんのでピックアップしたシーンに合致する場合は速度を控えめに。道路の指定速度+10km/h未満までなら取り締まられる事は無いと思われる。

また取締対象とならないように走行するには車列の先頭を走らない事が一番望ましい。

2016-p-20160921

こんな事例もある

どう見てもおじさんが運転するようなセダンが後ろから煽ってくる。例えばホワイトカラーやシルバーの様な若干ダサいセダンが執拗に車間距離を詰めて煽ってくる事があります。これは覆面パトカーの可能性大です。

特にスポーツカーはターゲットにされやすく、セリカGTFourとインプレッサに乗っているとき私はそれをされました。(左車線走行時に煽られる)

また警察の親しい方からの情報なのですが、取締ノルマがある場合は煽り運転をする事があると明言している。

後ろから煽られていい気になってアクセル踏み込むと赤色の回転灯が点灯して捕まってしまわないように気をつけよう。

タクシーを取り締まる覆面パトカー

レーダーで対策する

ユピテルやセルスターそれにコムテック製品(GPS搭載タイプが良い)には警察無線検知アナウンスがあります、この警察無線を検知するなら近くにパトカーや覆面が存在している、ネズミ捕りが行われていると判断できます。

ユピテルのオービスやねずみ取りを検知してくれるスーパーキャットレーダーを取り付けてから約10年お陰様で道路交通法違反で一度も引っかかった事が無いのです。

理由はレーダーによる取締警告や速度違反警告それに警察無線検知アナウンスが頻繁に発生して基本的に速度を控える運転になるからです。

レーダーを取り付ける意図はうっかり速度違反してオービスに撮影されないようにする為なのですが、うっかり速度違反もなくなりますし自ずとしっかりと一時停止や黄色信号で停止するような運転スタイルになり安全運転度が上がるのでおすすめです。

2016-p-20160920

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gafujin より:

    私はGC8を購入してからそれまでのレガシィ生活とは一転、突っつかれたり、煽られたりする日々が始まりました。
    その多くがスポーツタイプの車種なのですが、時折怪しげなクラウンにも追尾されます。
    これが覆面パトカーである事は紛う事なき事実と思います。

    GC8購入直後のこと。
    長い直線が続く片側二車線の幹線道路を走っている際に、クラウンに「ロックオン」されました。
    私は左側車線を走っておりました。
    すぐに軽自動車に追いつき(多分年配者)、私はそのすぐ後ろを法定速度(60km)よりも遅く走っておりました。
    更に後ろには怪しげなクラウンが。
    前方の軽自動車をすぐに抜いていたら、御用となっていたでしょう。
    レガシィの頃から白バイが走っている光景はよく見ており、取り締まり重要区間である事は知っていました。
    しかし、自分がその対象になってしまうとは夢にも思いませんでした。
    「認識が甘い」と言われればそれまでという事は承知しております。
    何度か「不快な状況」を繰り返して、気を付けていくより他ない気もします。

    因みに検挙された事は一度たりともありません。
    それとは裏腹に、過去の原付運転の際には、同じ週に2回捕まった事もあります。
    ・左折禁止(時間帯により。標識は街路樹で見えず)
    ・二段階右折。

    車を運転してからというもの、ゴールド免許です。
    今のところですが・・・・。

    • kagemarusuports より:

      GC8は元祖インプレッサなのでターゲットにされやすいですものね。

      左車線を走行中におじさんセダンにあおられると本当に違和感ありますよね。完璧に覆面パトカーか変な人のどちらかということですが、私の場合セリカのときは赤いスポーツカーが追い越し車線を追い抜いていったとたんセダン(当時ベンツEクラス)が私をほったらかしにして赤いスポーツを追いかけて行って、ちょっと行った先で捕まえてました。

      あ、やっぱりと思いました。

      自動車の運転で検挙皆無はさすがです。これからもお互い安全運転を心がけましょう。