ニュース

トヨタのモデルチェンジ&新発売情報 次期プリウスまもなく発表




トヨタ車のモデルチェンジ&新発売情報

2022年は90ノア・ヴォクシィ、10G・15Gシエンタ、TZSH35クラウンのフルモデルチェンジ及びBZ4X電気自動車を新しく発売しました。年内のフルモデルチェンジはまだあるのか?GRカローラの発売時期等トヨタの車情報をお伝えしたいと思います。

新型プリウス 2022年12月20日先行予約販売開始

50プリウスがいよいよフルモデルチェンジ、発売は2023年1月10日(PHEVモデルは2023年3月1日)を予定、予約販売は2022年12月20日より受付開始。

主な改良内容は、進化した第2世代TNGAを採用と改良型ハイブリッドシステムには2.0Lダイナミックフォースエンジンが採用されるとの事。外観デザインはフロントフェイスはTZSH35系クラウンスポーツに似ているとの事。

トヨタが発表した次期プリウス・PHEV・プロトタイプ(マスタードカラー)、デザインコンセプトはHybrid Rebornのアイコンとして、よりワクワクするエモーショナルなデザインを採用、モノフォルムシルエットを引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や、19インチ大径タイヤの採用よって、よりスタイリッシュにブラッシュアップ。

フロントフェイスのデザインコンセプトはハンマー・ヘッド

プリウス・PHEV・プロトタイプ(マスタードカラー)

インテリアは北米仕様。インパネ周りではメーターはBZ4Xに似ていますし、操作性の低いATセレクトレバーが普通のタイプに変更されています。

写真「https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/38225564.html」より

新型プリウス グレードラインナップ(2022年10月28日追記)

2022年12月登場予定の新型プリウスグレード情報

  • PHEV Z(2023年3月以降生産)
  • 2.0L Z
  • 2.0L G
  • 1.8L U
  • 1.8L X

駆動方式はPHEVのみ2WD、それ以外のグレードは2WDとE-Fourそれぞれ設定されます。

新型プリウス主要諸元表

2.0L1.8L
全長x全幅x全高(mm)4600 X 1780 X 1430mm G・Uグレードは全高1420mm
ホイールベース(mm)2750mm
地上最低高(ロードクリアランス)150mm G・Uグレードは145mm
定員5名
エンジン2.0リッター直列4気筒ガソリン M20A-FXS1.8リッター直列4気筒ガソリン 2ZR-FXE
エンジン最高出力152ps98ps
モーター1VM (E-four リヤ 1WM)
モーター最高出力41ps

 

GRカローラ 1.6Lターボ車は2022年冬頃から予約&抽選受付開始

GRヤリスと同じエンジン&駆動方式を採用する話題のGRカローラ「GRカローラ RZ / GRカローラ モリゾウエディション」は2022年冬頃より予約受け付け&抽選を実施、台数限定にて2023年初め頃より販売を開始するとの事。

転売組含めて購入が殺到すると思われますので、買いたいとお考えの人は家族や知人の名義を借りて沢山予約する他ないのかもしれない。

アルファード・ヴェルファイアは2023年5月前後フルモデルチェンジ

日本でミニバン上位人気モデルのアルファードは2023年5月前後にフルモデルチェンジを予定しているとの事。ヴェルファイアは廃止と噂されていましたが、ブランド存続確定しアルファード&ヴェルファイアの2つのブランドラインナップ。

次期アルファード&ヴェルファイアに採用されるパワーユニットは3.5Lエンジンは廃止、TZSH35系クラウンと同じ2.5Lダイナミックフォースエンジン+モーター2.4Lターボ+モーターを採用するパワーユニットが採用されると言われています。

外観デザインはキープコンセプトもアルファードはラグジュアリー、ヴェルファイアはいかついフロントフェイスかつスポーティな仕上がりになると予想されています。。

写真は現行型アルファード「S"タイプゴールド2"」。大型アッパーグリルの雰囲気はそのままでLEDポジションランプがヤリス同様ターンランプを兼ねる様ないかついデザインが採用されると思われます。

C-HRはモデル存続 2023年後半フルモデルチェンジ

ヤリスクロスやカローラクロスの登場でC-HRモデル廃止の噂が出ていましたが、来年フルモデルチェンジが行われブランドは存続する様です。

リークされた外観デザインの情報(確定情報かは不明)。トヨタキーンルックなデザインでは無いような気もするので、詳細判明しだいお知らせ致します。

 

80ハリアーは2024年大幅マイナーチェンジ

大人気ラグジュアリーSUV「80ハリアー」は2024年秋に大幅マイナーチェンジが施されるそうです。

現行型の納車が1年待ちの為、納車が間に合わないオーダーに関してはマイチェン後のハリアーが割当される可能性もあるとの事。

主な改良内容情報としては、フロントフェイスが大幅に変更が加わり、新しいアルミホイールデザインとボディカラーが採用される他、セーフティセンスも大幅に向上。

外観デザインなど詳細が判明次第追記させて頂きます。

写真は現行型80ハリアー。

-ニュース