ニューモデル

アルファロメオ 2016新型「ジュリア」クアドリフォリオの最高速度はなんと時速307km/h




アルファロメオの2016新型「ジュリア」4ドアセダン2015年9月15日開催のフランクフルトモーターショーにて初披露されました。

公開されたのはジュリアシリーズの最上位グレード「クアドフォリオ」。搭載されるパワーユニットはフェラーリーが開発した2.9リッターV型6気筒ターボエンジンで最高出力は517ps/6500回転、最大トルクは61.2kg.m/2500-5000回転、と言う巨大なパワーを持つエンジンを搭載し、車の重量はわずか1524kgと日本車の2.0リッターエンジン搭載車両と重量が殆ど変わらない位に軽量なのです。エンジンパフォーマンスは時速0km/h-100km/h加速に必要な時間はわずか3.9秒で到達、最高速度は307km/h。

クアドリフォリオには軽量素材が多用されており、カーボン素材をボディーのボンネットとフーフに採用する他、フロントシートフレーム及びプロペラシャフト及びリヤクロスメンバーにもカーボンファイバー素材が取り入れられており、その他アルミで素材も多用されており、ドアやウィングそれにサブフレームにブレーキャリパーとサスペンションにアルミ素材が取り入れられています。

ブレーキもカーボンセラミックディスクローターが使用され穴あきの軽量ドリルドタイプです。ブレーキユニットはブレンボですが赤く塗装されたキャリパーには「alfa Romeo」ロゴが入ります。

arufa20150017

ジュリアの駆動方式はFRとAWDが設定されており、トランスミッションはクアドリフォリオグレードは6MTとなります。

ヘッドライトはプロジェクター式でレンズだけ見ると86のヘッドライトに見えます。

arufa2015001

リアには大型デュフューザーが取り付けられていて、後ろから見るとスポーツセダンの風格がヒシヒシと伝わってきます。

しかしとても軽量そうなアルミホイールが入ってますよね、2015年人気のY字デザインです。

トランクスポイラーは非常に小さいのですが、これで1500kg少々の重量で時速300km/h走行時のダウンフォースを得ることが出来るのですね。

とても綺麗なブーメラン型に光るLEDコンビネーションランプを装着。

arufa20150016

マフラーはデュアルパイプ4本出し、デュフューザーはよく見るとリアバンパー一体型のようです。リフレクターの位置も違和感が無くとてもスポーティーです。

arufa20150015

インテリアはモダンな高級車なデザインを取り入れているのですがとても深いセミバケットシートが装着されていて、ステアリングもとても小さい。

arufa20150013

ステアリングにエンジンスタート/ストップボタンが取り付けられています。

arufa20150011

超ショートストロークの6MTですね。

arufa20150010

 

室内はモダンで広々、実用性も高い本格派スポーツセダンです。クアドリフォリオの予想価格は800-900万円程度とされているので、ロータス・エヴォーラ(3.5リッタースーパーチャージャー、最高出力406ps、車重1415kg)クラスの自動車を考えているならこのジュリアも候補に入りますよね。

arufa20150012

ジュリア クアドリフォリオ 予想諸元表

 

  • 全長x全幅x全高 4639×2024(ドアミラー含む)×1426(mm)
  • ホイールベース 2595mm
  • 車両重量 1524kg
  • フェラーリ開発2.9リッターV6ターボエンジン
  • 最高出力 375kW(517ps)/6500回転
  • 最大トルク 600Nm(61.2kg.m)/2500-5000回転
  • 駆動方式 FR / AWD
  • トランスミッション 6MT
  • 加速力時速0-100km/h 3.9秒
  • 最高速度 時速307km/h

-ニューモデル