スズキ ニューモデル

スズキクロスビー(XBEE)新型SUVを東京モーターショー発表

スズキは第45回東京モーターショー2017に新型コンパクトSUV「クロスビー」(XBEE)を初披露。噂のハスラーベース車に1.0リッターエンジン搭載モデルだと思われます。

2017 クロスビー

クロスビー 予想情報

2017年10月初披露されるスズキの新型SUVクロスビーは3種類。

ベースグレードのコンセプトはコンパクトながら広い内装で外装はおしゃれなカラーリングとアルミホイールを採用するアーバンスタイル。

スズキ公式サイトに公開されたクロスビーベースモデルはルーフがブラックでボディはゴールドイエローのツートーンカラー。フロントバンパーにはマットシルバーカラーが採用されている他、サイドにはCITROENのカクタスに似ているエアバンプの様なパーツが取り付けられている。

 

少し大人向け「クロスビー アウトドア アドベンチャー」はアウトドア志向が強いくラフロードがとても良く似合うデザイン。

サイドエアバンプの様なパーツにはウッド調カラーリングが採用されている。

若者向け「クロスビー ストリート アドベンチャー」はSUVだけどファッション性重視でフロントロアグリルのアンダー側とサイドにゴールドイエロー塗装が施されルーフがホワイトのツートーンカラーでやや派手なデザインが採用されている。

リヤ側にもマットシルバーカラーのバンパーやー六角形のテールレンズを採用するなどスズキオリジナリティあふれるデザイン。

内装

内装で真もコンセプト別で素材が異なる様子。写真は「クロスビー アウトドア アドベンチャー」の無いそうだと思われインパネにウッド調素材が用いられている。

ベースグレードの内装はアーバンスタイルにピッタリな色使い。

車両サイズ

クロスビーの車両サイズは軽自動車ハスラーよりも一回り大きい全長3760mm 全幅1670mm 全高1705mm ホイールベース2435mm。

ベースのハスラーにワイドボディ化しトレッド幅もワイドに。

エンジン

クロスビーに搭載されるエンジンは2種類。

ガソリン車はバレーノに搭載される新しく開発された1.0L直列3気筒ターボエンジン 最高出力111ps 最大トルク16.3kg.m。JC08モード燃費20.0km/L以上。

ハイブリッド車はスイフトと同じシステムを採用すると予想されていてエンジンは1.2L直列4気筒デュアルジェット 最高出力91ps 最大トルク12.0kg.m モーター最高出力13.6ps 最大トルク3.1kg.m。JC08モード燃費30.0km/Lオーバー。

自動ブレーキはデュアルカメラブレーキサポート

クロスビーにはMTの設定が無いと思われるのでスズキ最新MT車にも搭載できる単眼カメラ+レーザーレーダー式自動ブレーキシステムではなくデュアルカメラブレーキサポート方式が採用されると思われる。

デュアルカメラブレーキサポートは歩行者にも自動ブレーキ対応で時速5km/h~100km/h(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h未満)の間で障害物に衝突しそうになると自動ブレーキで衝突回避または衝撃を軽減。

スイフトに採用されたMT車にも搭載可能な単眼カメラ+レーザーレーダー式自動ブレーキ。時速15km/h~100km/h(歩行者の場合は約15km/h~約60km/h未満)の間で障害物に衝突しそうになると自動ブレーキで衝突回避または衝撃を軽減。

 

-スズキ, ニューモデル