ニューモデル

日産の新型EVカー「グリップス コンセプト」 ガルウィングを採用するクロスオーバーモデル発表




日産自動車は2015年9月15日より開催のフランクフルトモーターショーにて新型のクロスオーバーモデル「グリップス コンセプト」を発表しました。
日産 グリップス コンセプト

 

グリップスの目を見張る点はこのガルウィングと観音開きを組み合わせたドアです。ハッチバックなので5ドアになるはずなのですがコンセプトモデルなのでトランク部分はゲートが無いかも。何れにしてもインパクトは大きいです。

ngu2015002

 

グリップスは日産が独自で開発するEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載、駆動用モーターには日産リーフに用いられているモーターを採用し最高出力は80kW(約109ps)、最大トルク254Nm(24.8kg.m)。モーターを駆動させる電力供給は搭載するガソリンエンジンで走行するための電気を発電すると言う日産独自EV技術が用いられています。

ngu2015003

 

ただ流石に市販化されるとなるとガルウィングは採用されるかが疑問ではあるものの、こうして自然の中でフルオープンにするとさらに際立ってかっこ良く見えます。

 

ngu2015005

 

独特のルーフスポイラーはまるで飛行機のフラップの様な印象を受けます。またトランクスポイラー的なパーツが取り付けられているのですが、ハッチバックスタイルのSUVならこの跳ね上がったトランクスポイラーって良く似合います。どこかのエアロメーカーが市販すれば良いのにとふと思いました。

 

ngu20150011

ボンネットはマッドブラックカラーなら言うこと無し、ボンネットがブラックカラーならボディー本体はパールホワイトがよく似合うのですが、レッド/ブラックでも若い子は好むでしょうね。

 

ngu2015008

横から見たらトランクスポイラーに見えたパーツは何やらゲートの一部となっていた様です。リアゲートはもしかして持たないのかも。リアバンパーにはマフラーフィニッシャーが装備されますが走行する為の排気音は楽しめない。その間に「NISSAN GRIPZ」ロゴが入れられていてとてもいい感じです。

 

ngu20150010

斬新的なホイールに、まさかのシックスポットキャリパーでしょうか?大きさから言うと6ポッドありそうです。ディスクローターはドリルドディスクが採用されています。

ngu2015007

運転席です、ディープコーン気味の三本スポークタイプのステアリングが装備されセンターコンソールやオーディオパネル類もボディーと同じレッドにカラーリングされていてインパクトが高い。

ngu2015006

カーボン調ステアリングでとてもスポーティーです。インテリアはレース用バイク(自転車)のコンセプトをもたせているとの事。

ngu20150016

インパネがとても斬新的、まるでAIM製データロガーMXL2メーターをアナログにした感じで、メーターの針も赤く塗られていてシンプルだけど手の込んだインパネを装備。

ngu20150013

このステアリング一体何でできているのでしょう。革巻ではなさそうです。しかし横から見るとやっぱりディープコーンタイプですよね、とてもかっこいいです。

ngu20150015

運転席と助手席を見渡してもとてもシンプル、ピラーが何やらアーチ型と言うのでしょうか日本のフレームが通されて間に補強が入るようなデザインのピラーを採用しています。

ngu20150018

シフトレバーに見せた何かの操作レーバが取り付けられていて、その上に2つのボタンがあるのですが、下はSTART/STOPと言う文字があるのでシステム起動/停止ボタンなのですが、上のAUTOと言うボタンはまさか自動運転に将来的に対応させると言う意図があるのでしょうか。もしそうだとすると矢沢永吉さんが出演する日産のCM(技術の日産を)にある自動運転開発に注力している事をこのコンセプトに込めていると言うことですね。

ngu20150012

最後は後部座席の写真です。セカンドシートは斬新的ではあるのですが、CR-Xの後部座席を少し上等なものにしたようなデザインです。

ngu20150020

グリップス コンセプト 主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 4100×1890×1500(mm)
  • ホイールベース 2580mm
  • モーター最大出力 80kW(109ps)
  • 最大トルク 254Nm(24.8kg.m)

-ニューモデル