トヨタ

悪路走破性重視のSUVランドクルーザー70が期間限定復活

トヨタの大型SUVで悪路の走破性に定評のあるランドクルーザー70シリーズが期間限定(2015年6月30日まで限定販売)で国内にて販売を再開しました。悪路と言ってもダートトラックの様な道路ではなくバイクのトライアルコース的な道路の悪路で大きな岩や倒木や泥濘があるような林道の走破性に長けた走行性能を持ちます。地上最低高が高くエンジンに粘りが有り、オンロード走行時はパートタイム4WDモード(2輪駆動)で走行しオフロードは2種類の4WDモードで悪露走行に対応することが出来るようになっております。尚トランスミッションは5MTのみでATとCVTの設定はありません、なのでAT限定免許では運転できない。

販売されるグレードはバンタイプ、車両型式CBF-GRJ76K-RKMNK。車両価格360万円(8%消費税込み価格)

ランドクルーザー70バン

ピックアップタイプ、車両型式CBF-GRJ79K-DKMNK。車両価格350万円(8%消費税込み価格)

ランドクルーザー70ピックアップ

ランドクルーザー70のスペック

グレードバンピックアップ
重量 備考12120kg2220kg
最大積載量500kg(2名乗車時)600kg
車両サイズ(全長×全幅×全高) 備考24810×1870×1920mm5270×1770×1950mm
トレッド幅 フロント / リア1555mm / 1460mm1515mm / 1420mm
ホイールベース2730mm3180mm
地上最低高200mm225mm
最小半径6.3m7.2m
定員5名
トランスミッション5MT
駆動方式4WD(パートタイム4WD)
エンジン型式1GR-FE
エンジンタイプV型6気筒DOHC
排気量3955cc
内径×行程94.0×95.0mm
圧縮比10.0
最大出力231馬力/5200回転
最大トルク36.7kg.m/3800回転
燃料供給装置EFI
燃料 タンク容量 備考3無縁プレミアムガソリン 130Lタンク
JC08モード燃費6.6km/L
ブレーキ フロント/リア前後ベンチレーテッド
サスペンション フロント/リア車軸式コイルスプリング / 車軸式半楕円リーフスプリング
ステアリングリサーキュレーティングボール式
タイヤサイズフロント/リア265/70R16 AT20&16 7JJアルミ7.50R16LTTG21&16×5.50Fスチール


備考1、ウィンチ装着で+60kg。電動デフロック装備+10kg。それぞれ車両重量が増加します。

備考2、パワーは下がりますがレギュラーガソリンでも走行できます。

備考3、ウィンチを装着で40mm全長が長くなります。

外観

重厚且つ頑丈そうななフォルムでオフロードがとても良く似合うフォルムをしています。

ランドクルーザー70バン写真2

ピックアップタイプは商用にも十二分に利用できるのですが、シティータイプとしてもいい感じに乗りこなすことが出来そうですが非常に車両が大きいので都内や市内だと駐車場を探すのに困るかもと要らぬ心配をするのも楽しいです。

ランドクルーザー70ピックアップ写真2

ランドクルーザー70写真3

 

ピックアップタイプはテールバンパーにアルミのものを装着すると見栄えしそうです。そのままだと少しトラックに見えてしまいます。

 

ランドクルーザー70ピックアップテールデザイン

 

テールデザインはバンタイプの方が見栄えはとても良いですよね。スペアタイアのカバーも取り付けたくなります。

 

ランドクルーザー70テールデザイン

 

サイド周りのデザイン。大人はいいですが子供さんの乗り降りは少し大変かも知れません。

 

ランドクルーザー70バンのサイドデザイン

 

ピックアップタイプは地上最低高が225mmなのでより昇降が辛くなるかもしれません。車庫の低い車の乗り降りも大変ですが車高が高い車も乗り降りが大変になりそうですよね。

 

ランドクルーザー70ピックアップテールデザイン

 

バンタイプのトランクスペースです。後ろの席を倒した状態です。2シータになるのですが積載容量は最大500kgまで対応。

 

landc0012

 

ピックアップモデルの荷台です。商用利用に最適、土や草花に木材に建材に普通の荷物も積めるので実用性は非常に高い。

 

ピックアップタイプの荷台

ピックアップタイプの荷台の写真2

 

V6の4Lエンジンです。あちこち手が入りやすいエンジンルームでメンテナンス性もよさそうです。

 

ランドクルーザー70エンジンルーム

 

悪路走破性

ランドクルーザーにはフルタイム4WDのハイギアとローギアが用意されます。ダートトラックの様な砂利道や雪上や凍結した滑りやすい路面はハイギアで安定的に走行出来ます。

左側がリバースと1速から5速切り替えシフトノブ。右側がパートタイム4WD→フルタイム4WD(H、ハイギア)→フルタイム4WD(L、ローギア)

ランドクルーザー70のシフトノブと駆動切り替えシフトノブ

 

 

フルタイム4WDローギアはトライアルコースのような普通車では通れないような道路状況の時に使うそうです。

オプションとなるのですがウィンチを装着すれば走行が困難な場所でもウインチで引っ張り上げる事が出来ます。

因みにSUVがとてもうらやましく思えた場面です。大雪降って通行止めなのに料金所の人が教えてくれなくてそのまま出たら大変な事になってしまった動画。実際問題一般の乗用車って舗装整備されていない道路は基本的にまともに走られないです。それを考えればやっぱりランクルはすごいです。

https://youtu.be/1cGMFqC0HeE

内装

運転席はいたってシンプルですがとても視界が広く運転しやすいと思います。

ランドクルーザー70運転席

インパネです。左タコメーターと右側スピードメーターのデザインで上の2つの小さなアナログメーターは左が油温と右が燃料計、真ん中2つの小さなアナログメーター上は水温計と下は電圧計です。

ランドクルーザー70インパネ

ピックアップタイプの後部座席の写真です。

ランドクルーザー70ピックアップタイプ後部座席

ピックアップタイプも後部座席を折りたたむことが出来トランクスペースを作ることが出来ます。

ランドクルーザー70ピックアップタイプ後部座席倒した状態

ランクルに取り付けたいオプションパーツ

オーストラリアで販売されているランクル70シュノーケルタイプのエアインテーク。

シュノーケルエアーインテーク

サファリシュノーケールと言うそうです。復刻に併せてアウトバック社のシュノーケルも再販されるかも。

アウトバック社のシュノーケル

TJMエアテックシュノーケル

TJMエアテックシュノーケル

IPFフォグランプ、取り付けるなら写真の様に丸型の大きなタプがよく似合います。

IPFフォグランプ

 

四連だとちょっと派手ですがかっこいいと思います。

IPFフォグランプ四連

スペアタイヤカバー(純正)

ランドクルーザー70スペアタイヤカバー

ウインチ。これは純正タイプです。

ランドクルーザー70純正ウインチ写真2

ランドクルーザー70純正ウインチ

グリルガード。メッキタイプの方が似合うかもしれません。

グリルガード

マイティベアグリルガード(Bタイプ)。これはプラドの写真なのですがメッキタイプでフォグランプ二連もピッタリよく似合います。

マイティベアグリルガード(Bタイプ)

-トヨタ