ホンダ

N-ONEかわいいデザインなのに中身はすごい車

ホンダのWEBサイトを見ていたら何やらスポーツ・カーでは無い車でレースイベントを行っている情報を見かけてなんだか変わっているなと思ったので気になったホンダの軽四輪N-ONE。この車はもちろん普段の足としても利用できますし中長距離のドライブにも最適ですし、スポーツ・カー的な要素も楽しめるオールマイティー的な楽しみ方をする事が出来る車と言えます。

N-ONEのレース情報に付きましては別途専用WEBサイトN-ONE OWNER'S CUPが用意されております。レースに参加するにはJAFが発行するライセンスが必要なのとN-ONEターボFF駆動とレース用パーツを購入(必ず)して取り付ければ参加できるそうです。

N-ONEホンダ公認レース車両

N-ONEにはNAモデルとターボ搭載モデルとそれに無限モデルが用意されていて、先日もマーチのNISMOチューニングモデルの記事にも書いたのですが今の車ってそれなりにドレスアップすると本当にかっこよくなります。

N-ONE

N-ONE無限Premiumモデルで大型リヤスポイラー装着モデル。

N-ONE無限リヤスポイラー装着車

 

こちらが通常のN-ONE無限モデルです。

N-ONE無限

 

無限N-ONEシリーズはじめからカスタマイズした車両も購入できますし、ディーラーか通販でエアロと内装それから排気系のライトチューンと足回りのチューニングパーツを買って後付も可能です。取り付けはディーラでもやってくれると思いますし大手カーショップでピットを持っているところなら持ち込み取り付けもやってくれると思います。

N-ONE無限Premiumフロントグリルの写真

N-ONEのグレードと車両情報

FF(前輪駆動方式)モデルのベースモデルの車両価格です。4WD(四輪駆動方式)とパッケージの内容により基準価格から少し高くなります。(2014年6月時点の情報です、詳しくはディーラにて確認おねがい致します。)

  • スタンダード G/G.Aパッケージ 1.185.000円より
  • スタンダード Tourer.Aパッケージ(ターボ車) 1.445.000円より
  • Premium 1.49.000円より
  • Premium Tourer 1.610.000円より

スタンダードの車両情報です。(表がはみ出てしまうので2つに分けましたご了承願います。)参照資料N-ONE主要諸元PDFファイルです。

N-ONEスタンダード写真

グレードG/G・Aパッケージ(NAエンジン)Tourer・Aパッケージ(ターボ)
サイズ全長×全幅X全高3395×1475×1610mm/FF 3395×1475×1630mm/4WD
室内サイズ全長×全幅X全高2020×1300×1240mm
ホイールベース2.520mm
フロントトレッド幅1305mm/FF 1300mm/4WD
リアトレッド幅1305mm
地上最低高150mm/FF 155mm/4WD150mm
重量840kg/FF 890kg/4WD850kg/FF 900kg/4WD
定員4名
燃費JC08モード28.4km/L(FF) 25.8km/L(4WD)25.4km/L(FF) 24.0km/L(4WD)
タイヤサイズ155/65R14 75S
フロントブレーキディスクベンチレーテッドディスク
リアブレーキリーディング・トレーリング(ドラムブレーキ)
フロントサスペンションストラット式
リアサスペンション車軸式ド・ディオン式

Premiumの車両情報です

N-ONEPremium写真

グレードPremium(NAエンジン)Premium Tourer(ターボ)
サイズ全長×全幅X全高3395×1475×1610mm/FF 3395×1475×1630mm/4WD
室内サイズ全長×全幅X全高2020×1300×1240mm
ホイールベース2.520mm
フロントトレッド幅1305mm/FF 1300mm/4WD1295mm/FF 1290mm/4WD
リアトレッド幅1305mm1295mm
地上最低高150mm/FF 155mm/4WD150mm
重量850kg/FF 900kg/4WD870kg/FF 920kg/4WD
定員4名
燃費JC08モード28.4km/L(FF) 25.8km/L(4WD)23.4km/L(FF) 23.0km/L(4WD)
タイヤサイズ155/65R14 75S165/55R15 75V
フロントブレーキディスクベンチレーテッドディスク
リアブレーキリーディング・トレーリング(ドラムブレーキ)
フロントサスペンションストラット式
リアサスペンション車軸式ド・ディオン式

エンジンスペック

NAエンジンとターボ搭載車両があります。グレードにTourerと付加するものがターボ車になります。

タイプNAエンジンターボ装着
エンジン型式S07A
エンジンタイプ水冷直列3気筒横置 DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2
燃料供給装置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
排気量658cc
最大馬力58馬力/7300回転64馬力/6000回転
最大トルク6.6kg.m/4700回転10.6kg.m/2600回転
内径×行程64.0×68.2mm
圧縮比11.89.2
ガソリンタイプ無鉛レギュラーガソリン仕様
燃料タンク容量35L/FF 30L/4WD
燃費向上対策アイドリングストップ装置/可変バルブタイミング/自動無段変速機(CVT)/電動パワーステアリング

特筆点

全車アイドリングストップ機能付きでエコドライブを楽しむように作られていますが。とりあえずエコドライブに重点を置くインパネです。このインパネがエコドライブするほどスピードメータの真ん中の色が艶やかに切り替わります。スタンダードモデルは周りがグリーン色に光ります。Premiumモデルは真ん中がグリー色に点灯します。ただ、左側にエコカーには搭載されないタコメーターがしっかりと装備されしかも7500回転レッドゾーンとかなり回るエンジンと言うことが判断できます。エコカーでぶん回すタイプですねすごいです。

N-ONEインパネ

 

G/G・Aパッケージ以外の全車フロントスタビライザーを装備。安定したハンドリングを提供します。

スタビライザー

 

ターボ車には熱に強いベンチレーテッドディスクブレーキを装着。

ベンチレーテッドディスクブレーキ

ターボ車に標準装備なのですが、マニュアルモードも楽しめるパドルシフトが装着されます。

パドルシフト

 

おしゃれなヘッドライトを搭載。プロジェクタータイプのヘッドライトでスモール点灯時周りのリングが光るLEDポジションライトを採用します。注意、スタンダードのGグレードだけ装着されません。

LEDリングタイプのスモールライト

 

トライバーサポートも万全横滑りした時に自動的に姿勢制御してくれるVSAを全車装着。iSightの様なサービスではなく急なハンドル操作や無理な運転したときに車のバランスを自動的に抑制してくれるシステムです。

VSA安全装置イメージ

突然のキューブレーキも後続車に対して危険を知らせるエマージェンシーストップシグナル(ハザードランプが素早く点滅して後方に危険を知らせるサービス)を全車標準。

エマージェンシーストップシグナル

内装

内装はシンプルかつおしゃれで視界が広々していて運転がしやすそうな感じです。ホンダの車ってピラーが余りじゃまにならない配慮になっているのでしょうか。
N-ONE運転席の視界

 

運転席と助手席の丁度真ん中にあるのはGグレード以外全車標準装備のスマートフォンを接続すると「カーナビ」になるオーディオモニターです。

 

N-ONE運転席写真2

 

室内空間は広々していて大人四人らくらく乗ることが出来ます。シートはちょっとスポーツ走行には向いていないです。もしN-ONEレースに出るならバケットシートに交換がベストです。

 

N-ONEの室内

 

ラゲッジスペースもなかなか大容量なのですが後席を倒してさらに大きな荷物を載せる事が出来ます。

N-ONEのラゲッジスペース

 

後席を倒すとらくらくゴルフバッグがすっぽり2つ乗ります。助手席も倒せば背の低い自転車等も載せることが出来そうですよね。

 

ラゲッジスペース後席を倒したイメージ

 

 

N-ONEのお勧めパッケージは?

Gグレードは少し愛想のない装備品になってしまうのでこれのワンランク上のTourer・Aパッケージターボモデルが良いのでは無いでしょうか?馬力数で見るとちょっと弱いような感じもするのですが(最大64馬力)、実は実は自主規制で64馬力で止めてたりしますのでECU書き換えれば軽く80馬力位は行くのではないでしょうか?なにせN-ONEターボモデルは1.3リッターカー並みの加速力を持つとホンダ公式サイト(N-ONE性能)にも記載ありますので。ちなみに1.2Lスイフトでは91馬力あります。ライトウェイトで1.3リッター並みの加速力って想像するだけで恐ろしい物がありますが。

N-ONE動画

-ホンダ