プリウスの信号無視やお年寄りの高速道路での無謀運転 まさかと思う場面での安全運転対処方法

トヨタのセーフティーセンスやスバルのアイサイト、それにホンダセンシング等ドライバー・アシストが充実している現代の自動車環境ですがまだまだ普及率低く安全運転には集中力とイメージトレーニングが必要です。

今日はまさか!と思う事例が幾つか動画に収める事が出来たので安全運転予防にお役立てください。

メニュー

高速道路でUターンするお年寄りドライバー

この日は慣らし運転の為に信州まで行こうと阪神高速道路の東大阪線を近畿道を経由して京滋バイパス方向へ向おうと、東大阪線から近畿道へ入る分岐の地点でまさかの軽自動車がUターンを試みていたシーンです。

高速道路で立ち往生や逆走時の対処方法

この事例での対処方法は運次第。運が悪ければ追突される事もある。速度云々のと言う事では対処方法は無いと思われる。

出来ること

  • ハザードを点滅
  • ゆっくり原則
  • クラクションを鳴らす
  • なるべく停車は避け素早くポイントから脱出

私がちょうど先頭を走っていたいので軽自動車は(クラクションを後続車に沢山鳴らされてましたが)事故を発生する事無く乗り切れたと思いますが(事故情報確認しましたが特に無かったので)、もし先頭が大型トラックだと後続が前で何が起きているかわからないので最悪衝突事故に発展した可能性は高い

2016-drive20160825001

2016-drive20160825002

2016-drive20160825003

何処で曲がるのかわからない軽自動車

トラックターミナルが沢山の産業道路でウィンカーを出しっぱなしで左へ行ったり右へ行ったり何処で曲がりたいのかよくわからない自動車。

意図不明な公道をする自動車の対処方法

このシーン限らずふらふらと何処に向かいたいのか不審な自動車がいたら次の方法で対処。

  • コース変更
  • 停車して少しやり過ごす

命の危険を顧みないなら追い越すかクラクション鳴らしてパッシングするとかでもOKだが、こうした運転をする人は一般常識の通用する人物では無いまたは飲酒運転している可能性もあるのでご注意ください。

2016-drive20160825004

2016-drive20160825005

2016-drive20160825006

対面通行の交差点で追い越しする

前が全く見えないのに交差点で追い越しをかける自動車。対向車との正面衝突する恐れあり+左右の路地から自動車が飛び出してきて衝突する恐れあり。

車線をはみ出してきた自動車の対処方法

交差点から突如対向側に飛び出す自動車の対処方法としては。

  • 静観する
  • 対向側にいたらブレーキで安全マージンを取る
  • 対向側にいたらクラクション

余り深く考える必要なありませんし、ムキになる事も無い。

2016-drive20160825007

ただもしもこの時、向かって右から自動車が飛び出してくる場面も想定されるので追随する側は原則+安全マージンを取る様にするのが無難。

2016-drive20160825008

信号無視するプリウス

右折レーンの青信号を直進の青信号と間違えたのか?しかし私の車両も隣のBMWも完全に停車しているのに信号が赤だと言うことは判断できたはずなのだが、プリウスが何故信号無視したのかは原因不明。

しかも対向の右折車(右折レーンは青)はたまたまUターンしていたから良かったようなものの、完全に右折車なら事故になっていた。

信号無視する自動車の対処方法

ありません。このシーンで事故するようなら集中力不足が原因。相手が100%悪いとしても事故してしまうのは運の無さと集中力不足としか言えない。

この場面ならセーフティーセンスやアイサイトそれにホンダセンシングやシティーエマージェンシーブレーキで止まってくれるはず。

2016-drive201608250011

2016-drive20160825009

プリウスが衝突しなかったのは、対向右折レーン青信号の車の大半がUターンしていたからだと思われる。

2016-drive201608250010

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gafujin より:

    表題にも示されたように、高齢者の運転が目に余る時が多々あります。

    おかしな挙動の車を目にして追いついた後に、運転席を見てみると大抵はおじいさん・おばあさん。
    速度は遅いものの、運転の仕方や身勝手さは極まるものがあります。
    「スピードの出し過ぎは事故の元」ではありますが、「ゆっくりだからと言って安全・慎重とは限らない」ということを、お年寄りの運転は示しています。

    公共交通機関に恵まれていない地方では、「車は生活の足」となっているので高齢者の免許返還は事実上不可能な状態です。
    自身の認知・運動機能を考慮して運転をセーブすることならば可能なのですが、危ない運転をするお年寄りに限って「自分こそが大丈夫」と思い込むものです。
    逆走事故も、「自分は正しく走っているのに、他の車が逆走してくる」という認知状態から発生すると言われます。

    極めて恐ろしい事象ですが、「挙動が危ない車には距離を置く」などをして、予防線を張るしかないのでしょうね。

    • kagemarusuports より:

      お年寄りの運転はとても怖い場面がありますよね。2016年現代の自動車は色々アドバイスしてくれる自動車もあるのでお年寄りには是非そうした新型に買い換えて欲しいと願う次第です。

      挙動が変だな~と思う自動車の後ろについてしまったら、安全マージンとって対処が一番ですよね。