日産・三菱

日産シルビア 人気のFRターボモデルS13 S14 S15

昭和を代表する人気のスポーツカーで忘れては行けないのが日産のシルビア。この車は先輩が所有していて土曜の夜はシルビアでカスタムカーが集まる場所へギャラリーしにドライブへと連れて行って頂きました。当時先輩が乗っていたのはS110型で当時はナイトライダーと言う車のアクション・ドラマが流行っていてLEDではありませんがピカピカ光るイルミネーションライトを付けてドレスアップしてました。

この4灯ヘッドライトフォルムを持つのがS110型です。今でも時々走ってますが最終モデルは1983年ですので今もしもこれを乗るとしたら相当なレストアが必要になると思われます。

シルビアS110

 

何故また今頃中古のシルビアの記事を書くのかの理由に付きましては、YOUTUBEへMT運転の動画をアップすると未だ免許を取ってない方やMTを運転したいと言う方からシルビアを買う予定だと言う方が結構居らっしゃいますので、まだまだ現役でも乗れるS13/S14/S15の情報をピックアップしたいと思います。この動画はMTでシフトダウンの方法を教えて欲しいと言うことで記事を作成しましたので参考にしてみてください。

http://sport-car.akakagemaru.info/car-talk/post-8809/

 

少し記事が長くなっているので見たいスペックの記事は次のリンクからそれぞれのシルビアのグレード別説明にジャンプできます。

シルビアS13

180SX兄弟カーとして1988年フルモデルチェンジ。当時としては今人気のHIDヘッドライトの様なプロジェクターヘッドライトが採用されかっこいいフロントグリルデザインを採用し注目度抜群でとても人気がありました。初期型は1.8Lエンジンを搭載します。後期型は180SX同様2Lエンジンが載せられます。

シルビアS13

シルビアS13フロントグリル

 

S13のインパネ。このクラスになると純正の状態の車は少ないです。MOMOのハンドルはカスタムされたものになります。

S13インパネ

 

シルビアのテールデザインは独特なので見たらすぐにシルビアだとわかります。

S13テール写真

 

2ドアクーペなので4人乗るのには少し狭い後部座席です。ただRX-7やCR-Xよりは椅子らしいものが装着されているのでまだ何とか乗れますが狭いと思います。

S13後部座席

 

S13車両サイズ

グレードはJ'sとQ'sとK'sの三種類に分類されK'sがターボエンジンを搭載するグレードになります。

  • 車両サイズ(全長×全幅×全高) 4470×1690×1290mm
  • ホイールベース 2475mm
  • フロントトレッド幅 1465mm
  • リアトレッド幅 1460mm
  • 車両重量 1110kgから1210kg
  • 2ドア
  • 定員 4名
  • 駆動方式 FR

S13前期のエンジンスペック

S13型 前期(1988年-1990年)J's Q's NAエンジンK's ターボエンジン
エンジン型式CA18DECA18DET
エンジンタイプ水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
燃料供給装置EGI 電子制御燃料噴射装置
排気量1809cc
内径×行程(mm)83.0×83.6
圧縮比9.58.5
最大出力135馬力/6400回転175馬力/6400回転
最大トルク16.2kg.m/5200回転23.0kg.m/4000回転
10 15モード燃費12.0km/L9.2km/L
ガソリンタイプとタンク容量無鉛レプレミアムハイオク仕様 60L

 

S13後期のエンジンスペック

S13型 後期(1991年-1992年)J's Q's NAエンジンK's ターボエンジン
エンジン型式SR20DESR20DET
エンジンタイプ水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
燃料供給装置EGI 電子制御燃料噴射装置
排気量1998cc
内径×行程(mm)86.0×86.0
圧縮比10.08.5
最大出力140馬力/6400回転220馬力/6000回転
最大トルク18.2kg.m/4800回転28.0kg.m/4800回転
10 15モード燃費11.4km/L9.2km/L
ガソリンタイプとタンク容量無鉛レプレミアムハイオク仕様 60L

シルビアS14

1993年フルモデルチェンジ、プロジェクターヘッドライトから通常のハロゲンヘッドライトフォルムとなりS110型をなんとなく思い出させるようなデザインとなります。

シルビアS14写真1

シルビアS14写真2

フロント周りはS13とはっきり異なるのですがサイドのデザインやテール周りはS13と似たフォルムをしています。

S14サイドの写真

S14テール

S14の運転席です。シンプルで運転しやすそうです。K'sグレードなら中古だと恐らくブースト計とか色々社外品を取り付けた状態で購入することが出来ると思います。

 

S14の運転席

 

後部座席はクーペとなるので狭いですがシートはしっかりとしたものが装着されます。大人2人と子供2人ならなんとか快適にドライブに出かけられそうです。

S14後部座席

 

S14車両サイズ

グレードはJ'sとQ'sとK'sの三種類に分類されK'sがターボエンジンを搭載するグレードになります。備考、1998年マイナーチェンジでJ'sグレードは廃止されます。

  • 車両サイズ(全長×全幅×全高) 4520×1730×1295mm
  • ホイールベース 2525mm
  • フロントトレッド幅 1480mm
  • リアトレッド幅 1470mm
  • 車両重量 1140kgから1250kg
  • 2ドア
  • 定員 4名
  • 駆動方式 FR

S14のエンジンスペック

S14型 (1993年-1998年)J's Q's NAエンジンK's ターボエンジン
エンジン型式SR20DESR20DET
エンジンタイプ水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
燃料供給装置EGI 電子制御燃料噴射装置
排気量1998cc
内径×行程(mm)86.0×86.0
圧縮比10.08.5
最大出力160馬力/6400回転220馬力/6000回転
最大トルク19.2kg.m/4800回転28.0kg.m/4800回転
10 15モード燃費12.0km/L8.8km/L
ガソリンタイプとタンク容量無鉛レプレミアムハイオク仕様 65L

シルビアS15

グレード名がスペックSとスペックRと名付けられより走りを意識したデザインフォルムと内装を採用した今でも一番人気の高いモデルです。トランスミッションも4ATと5MTと6MTを選べるようになっております。もちろん走り主体なら6MTがお勧めです。

S15のフロントグリル周りはS13とS14を足してより丸みを帯びたデザインとなります。

S15写真

テールのデザインは大型のブレーキランプとウインカーを採用していてインパクトがあるフォルムとなります。

S15テール

サイドから見るとダンフォースを効率よく得られるようなレーシーなフォルムなのですがその分少しキャビン(車内)の容量が見た感じ小さくなってしまっている感じがします。

S15サイドの写真

S15のスペックRグレードの純正インパネです。メーター類は白色で真ん中にタコメーター配置のデザインとなり走るイメージを強くしていますよね。

S15インパネ

 

こちらもスペックRですがVパッケージの運転席です。右側のピラーに取り付けられているメーターは純正オプションのブースト計です。

S15運転席

後部座席はやはりクーペなので狭い。

S15後部座席

S15の車両サイズ

  • 車両サイズ(全長×全幅×全高) 4445×1695×1285mm
  • ホイールベース 2525mm
  • フロントトレッド幅 1470mm
  • リアトレッド幅 1460mm
  • 車両重量 1200kgから1270kg(Vパッケージが重くなります)
  • 2ドア
  • 定員 4名
  • 駆動方式 FR

S15のエンジンスペック

S15型 (1999年-2002年)J's Q's NAエンジンK's ターボエンジン
エンジン型式SR20DESR20DET
エンジンタイプ水冷直列4気筒DOHC16バルブ水冷直列4気筒DOHC16バルブICターボ
燃料供給装置EGI 電子制御燃料噴射装置
排気量1998cc
内径×行程(mm)86.0×86.0
圧縮比10.08.5
最大出力165馬力/6400回転250馬力/6400回転
最大トルク19.6kg.m/4800回転28.0kg.m/4800回転
10 15モード燃費12.0km/L11.2km/L
ガソリンタイプとタンク容量無鉛レプレミアムハイオク仕様 65L

どのシルビアが良いのか?

人気と需要があるのでしょう2002年や2003年の最終型S15は結構良い値段します。しかしS14やそれより古いS13となると15年から20年落ちとなるのでタイミングベルトやベアリング類を交換しなければならない場面が買ってすぐ出てくると思うので逆に安く手にしようとS14/S13に手を出すと後から結構レストア費用が加算してしまう可能性があります。YAHOOオークション等で中古パーツ買って自分でレストア出来るなら安くあげられると思うのですが自分で余り車を触れないならS15が良いのでは無いかと思います。

シルビアS15写真2

-日産・三菱