日産・三菱

ランエボファイナル1000台限定販売にて生産終了

ランサーエボリューションファイナルエディション1000台のみ限定販売且つこれにてランエボ生産終了となります。業界からは実に惜しいと言う声が続出、日本の自動車産業にとって大きなマイナスになるとの声も多数。個人的に私の乗るインプレッサとよきライバルだったのに実に残念な気持ちでいっぱいです。

ランエボファイナルの詳細

まずトランスミッションは5MTのみ、車両価格は429万8400円。エンジンは既存の4B11型で2リッター、ナトリウム封入エキゾーストバルブを採用し最大出力は313ps、最大トルクは43.7kg.m。噂されていたHKSチューニングは無く価格も凄く納得いく内容になっております。

未だ公式からは発表は無いのですが某雑誌入手の情報を掲載しておきます。1000台しかもう売ってくれないのでご注文は今すぐ。

2015年4月11日で既に完売してしまいました。購入できた方おめでとうございます。

まずフォルムの変更点は、フロントグリルモールをダーククロームメッキ化、バンパーとボンネットフードエアアウトレットを光沢のあるグロスブラックに塗装。写真のフールカーボン調塗装はオプションで塗装可能。

ebofainaru001

 

カラーバリエーションは「レッドメタリック」、新色「チタニウムグレーメタリック」、「ファントムブラックパール」、「ライトニングブルーマイカ」、「ホワイトパール」。レッドメタリックを選びたい所ですがレプリカ仕様にするならホワイトパールです。

 

ebofainaru0017

 

ebofainaru008

ebofainaru0010

ebofainaru0011

ebofainaru0012

ebofainaru0013

ebofainaru0016

 

販売価格429万8400円のままで以下のものが標準装備。

YOKOHAMAのハイグリップタイヤADVANが標準装着。

 

ebofainaru002

BBS製鍛造ダーク塗装軽量アルミ・ホイール

 

ebofainaru003

ビルシュタイン単筒式ショックアブソーバーにアイバッハ製コイルスプリングに、ブレーキではブレンボ製ブレーキが装着。フロント大口径2ピースベンチレーテッドディスクブレーキ板を採用します。

 

ebofainaru005

 

シートはもちろんレカロのセミバケットが入り、ステアリングとシフトノブとサイドブレーキグリップにレッドステッチが入ります。またフロアコンソールにランエボファイナルエディションのシリアルナンバーが入ります。JP0001からJP1000までなので1か1000番をゲットできた方はラッキーです。スバルなら555を狙いたい所なのですがエボなら何番が似合うのでしょうね。

 

ebofainaru0015

LANSER EVOLUTION FINAL EDITION専用フロアマット付属。

 

ebofainaru0018

 

主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 4495×1810×1480mm
  • ホイールベース 2650mm
  • 車重 1530kg
  • 定員 5名
  • エンジン型式4B11
  • 直列4気筒DOHCターボ
  • 排気量 1998cc
  • 最大出力 313ps/3500回転
  • 最大トルク 43.7kg.m/3500回転
  • 駆動方式 四輪駆動 S-AWC
  • トランスミッション 5MT
  • JC08モード燃費 10.4km/L
  • フロントサスペンション ストラット式
  • リアサスペンション マルチリンク式

買えるかが微妙

くどいようですがこれが最終モデル、ブレンボにビルシュタインにレカロとBBS軽量アルミが入ってこの値段はもう買うしか無いです。それから今後三菱からスポーツは出ることが無いのでプレミアムがつくかもしれない、所有目的であっという間に売れてしまう可能性が高い。

ebofainaru007

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/evo/special/final_2015/

-日産・三菱