ニュース ホンダ

ホンダ2023年新型コンパクトSUV・フリード・アコード改良&発売時期情報




2023年 ホンダ 四輪車 モデルチェンジ情報

モデルチェンジはフリード&アコードの2車種、その他ではコンパクトSUVを開発していると言う情報がありますが確定ではありません。

尚、ステーションワゴンのシャトルはモデル廃止になる可能性も。詳細把握次第お知らせいたします。

アコード 2023年夏フルモデルチェンジ

ホンダ高級セダン「アコード」は2023年夏頃フルモデルチェンジ。

外装デザインはキープコンセプトも、引き続きハイブリッドのみの設定でシビック・FL4型と同じ2.0L e:HEVを搭載

写真は現行CV3型アコードです。ヘッドライトのジュエルアイは廃止される可能性が高く、シビックと同じリフレクター式LEDへ変更になると予想します。

ドライバー・アシスト機能に加えレジェンドと同じ自動運転レベル3が採用されるかも知れない。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム

写真「https://www.honda.co.jp/」より

2023年発売 アコード 予想主要諸元

全長x全幅x全高4900×1860×1450mm
ホイールベース2830mm
エンジン2.0L e:HEV
エンジン最高出力141ps
エンジン最大トルク18.6kgf・m
モーター最高出力184ps
モーター最大トルク32.1kgf・m
WLTCモード燃費22.0km/L

 

フィット 2023年秋頃フルモデルチェンジ

ホンダの大人気コンパクトミニバン「フィット」は2023年秋頃フルモデルチェンジ。

主な改良内容はハイブリッドグレードにフィットと同じパワフルモーターを採用する1.5L e:HEVを搭載。

外観デザインは2022年8月にフルモデルチェンジしたライバルシエンタを意識したスタイリッシュなフロントフェイスデザインが採用される可能性も、詳細判明次第お知らせ致します。

写真は現行GB5/6フリード無限仕様。

写真「http://www.mugen-power.com/automobile/archive/FREED_20190930/」より

次期フリード予想諸元表

全長x全幅x全高4265×1695×1735mm
ホイールベース2740mm
エンジン1.5L e:HEV
エンジン最高出力106ps
エンジン最大トルク13.0kgf・m
モーター最高出力123ps
モーター最大トルク25.8kgf・m
WLTCモード燃費30.0km/L

 

新開発コンパクトSUV WR-V

ホンダが開発していると言うフィットベースのコンパクトSUVですが、インドネシア・ホンダにてWR-Vと言うコンパクトSUVが登場しました。グローバルモデルか否かはまだ確定していませんが、トヨタのライズ(ダイハツのロッキー)一人勝ちのクラスに投入させる可能性は高いかもしれません。

インドネシア・ホンダ WR-V

写真「https://www.honda-indonesia.com/news/pertama-kali-di-dunia-honda-luncurkan-honda-wr-v-sebagai-small-suv-pertamanya-di-indonesia/MzAxMQ==」より

WR-Vの主な特徴

WR-Vのパワーユニットは1.5L i-VTEC DOHC直列4気筒DBW・16バルブエンジンを搭載、最高出力121ps/6600回転・最大トルク145Nm/4300回転を発生し、CVTトランスミッションを採用します。現在のところe:HEVを搭載する車種はありません。

駆動系では4WDの設定はないものの地上最低高220mmもあり、ラフロード走行は問題なしで、ドライバー・アシスト系ではホンダセンシングの他に、運転手が車から2メートル以上離れるとオートロックする機能を装備する他、リモートエンジンスタート機能も備えるとの事。

 

-ニュース, ホンダ