ニューモデル

2015新型LEXUS SUV RX450hとRX350を発表

2015年4月1日アメリカニューヨーク開催のモーターショーでLEXUS新型SUVモデルRX450hとRX350を発表されました。日本での販売は2015年秋以降となる予定です。

http://lexus.jp/pressrelease/news/20150401.html

LEXUS RX

 

先代のRXよりも大胆なフォルムのスピンドルグリルを採用、ヘッドライトはより細くつり目型でグリル回りを見るとひと目で「LEXUS」だとわかるデザインを指定ます。

2015040100123

アクセントを施すガーニッシュでエアーインテーク部分を強調しているイメージです。それにしてもヘッドライトが細い。先代はプロジェクター式丸型3灯ですが新型は角型LED3灯式となります。

 

2015040100125

RX450hのテールフォルムは余り先代との差異はありません。ルーフスポイラーにリアエアロバンパーと若干大きくなったテールライトランプです。テールライト回りも恐らくはLEDユニットが組み込まれるはずです。

 

2015040100126

しかし、RX350のテールフォルムをよく見るとルーフスポイラーを起点にバイザーの様なデザインが施されてます。またブラックアウトクォーターピラーデザインを採用しているのでルーフが浮いて見える様に演出されています。RX350はV6の3.5リッターエンジンなので二本出しマフラー+デュフューザーが装備されています。

2015040100136

ホイールベースは先代よりも50mm長くなりキャビンを更に広く確保しているとの事。ホイールは上位グレードで20インチのホイールが入ります。SUVだけど「コの字」のフェンダーデザインにガーニッシュが施されているので余りSUVをイメージさせない若干スポーツカーにも見えるサイドフォルム。ヘッドライトが細いのやっぱりそう見えるのでしょうね。流れるようなフロントフェンダーのくぼみのデザインから飛び出たリアフェンダーがなんとも言えません。

 

2015040100127

新型は見た目だけではなくて操作性にも先進の技術を取り入れサスペンションとボディー構造に改良を加えられていてより楽しく走れる仕様に仕上がっているとの事。その他予防安全パッケージLexus Safety System +も用意されているので誰が運転しても安全に目的地まで楽しくドライブ出来るグレードも用意されます。

 

2015040100128

新型RXの運転席。日本仕様はもちろん右ハンドル。真ん中にはLEXUSの象徴であるアナログクォーツが配置されます。

 

2015040100135

 

シートはさり気なくセミバケットタイプを装着、深く座れてホールド性が高いのでドライブポジションがずれることが余り無く楽しく運転できそうです。

2015040100130

 

センターコンソールにはECU切り替えスイッチがあります。エコモードとスポーツモードを切り替えて走行可能。その下はトラクションコントロール系を切ってしまうスイッチとデフロックOFF/ONのスイッチが配置されます。上の「Enter」ボタンはLEXUSメインモニターをマウスで操作するときに使うボタンだと思われます。

2015040100132

 

デジタル仕様のインパネ。どまんなかにタコメーターが配置され、その中にシフトインジケーターとスピードメーターが表示される仕様です。

2015040100131

 

キャビンです。セカンドシートは先代よりもよりレッグスペースを広く配置し、電動リクライニング可能なパワーシートを採用。

2015040100133

主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 4890×1895×1690mm
  • ホイールベース 2790mm
  • フロントトレッド幅 1640mm
  • リアトレッド幅 1630mm
  • RX450hエンジン V型6気筒3.5ℓアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーター
  • RX350エンジン 直噴V型6気筒3.5ℓエンジン
  • 最大出力 未定 300馬力目標値
  • 駆動方式 FF / AWD
  • タイヤサイズ 235/65R18 / 235/55R20

 

2015040100137

2015040100138

全長約4.8mで車幅が約1.9mもあるので否が応でも目立ちますよね。遠くから見ても「あ、レクサス」ってわかる雰囲気が良いですものね。大衆車だと高速道路のサービスエリアに止めたらどれが自分の車かわからなくなるけどこの車なら一目見て自分の車だとわかりますよね。存在感が半端ないです。

 

2015040100150

-ニューモデル