ニューモデル マツダ

マツダの新型SUV「CX-5」は2.5L気筒休止エンジンを搭載か?2018年8月頃モデルチェンジ




マツダは2017年9月12日から開催しているフランクフルトモーターショーに人気SUV「CX-5」と新開発気筒休止エンジンSKYACTIV-Gエンジンを発表

2016-m-20161118001

CX-5 2018年 モデルチェンジ情報

次期CX-5はSKYACTIV2技術の導入とフランクフルトモーターショーで発表した気筒休止エンジンとコーナーリングをよりスムーズに曲る事をアシストする自動荷重移動システム「G-ベクタリングコントロール」を搭載し2018年8月頃モデルチェンジ。

新しい2.5リッターSKYACTIV-G気筒休止エンジンは、一定の速度で走行時に4気筒中2気筒を停止させるシステムを持ち時速80km/L走行時従来のSKYACTIV-Gエンジンよりも20%燃費が向上

ハイパワー「SKYACTIV-G 2.5T」2.5リッター直噴ガソリンターボエンジンの搭載は期待薄

次期CX-5はRX-Visionデザインが採用され、超かっこよく生まれ変わる。

カースクープ掲載の予想写真。スタイリッシュなエアロバンパーとサイドのキャラクターラインがフロントフェンダーからノーズまでラインが続く綺麗なデザイン。

2016-m-20161001001

エクステリアはこの春北米で発売されるCX-4に取り入れられるデザインコンセプト「KOERU」が採用され、さらに存在感の高いSUVデザインに仕上がりそうです。

2017 CX-5

 

フロントグリルのメッキトリムが太くヘッドライトまで伸び、LEDシグネチャーウィングイルミネーションデザインの変更とフォグランプ周りのデザイン変更が加わると予想される。

2016-m1-ca5

CX-5 2017モデル。グリルトリムの凹凸が強調されヘッドライトレンスは細い目をしている。

リヤコンビネーションランプとバンパー左右のリフレクターも細長いデザインに変更。ルーフスポイラー&シャークフィンアンテナは同じ。

こちらがCX-9です。フロントデザインはグリルは流行りの立体的なエアロにロングノーズと言うのでしょうかスバルもこのデザインが多様されています。

メッキパーツが多用されていて上質感も高くスタイリッシュ。ヘッドライトレンスは小さいデザインのものが採用されているもののシグネチャーウイングが取り入れられている。

 

2017cx5m-005

 

リヤ側のエクステリアは余り大きな変更は加えられないと思うのですがコンビネーションランプはフロントヘッドライトデザインに併せた細いレンズのデザインのものに切り替わる。全体的にエッジの効いたフォルムとなり現行の見た目5ドアハッチバックからややスポーツワゴンの様なデザインとなるかも知れないですよね。

 

2017cx5m-002

 

次期モデルの車両サイズは現行モデルよりも全長が少し大きくなりそう、予想は全長4560x全幅1840x全高1700mm。

パワーユニットのラインナップは現行の2.0リッター自然吸気式ガソリンエンジンと2.2リッターディーゼルターボに加えて新しい2.5リッターターガソリンボエンジン(SKYACTIV-G 2.5T)、最高出力230ps/5000回転、42.8kg.m/2000回転を発生、駆動方式はFF/4WD、トランスミッションは6AT。

 

2017cx5m-008

 

インテリアはBluetooth接続によるスマートフォンと連携可能な7インチのタッチスクリーン液晶がダッシュボード上にむき出し取り付けでは無くオーディオパネル内取り付けに切り替わる可能性あるとの事。ステアリングもDシェイプ型の採用やスポーティーなフロアシフトの採用も期待したい。

2017cx5m-003

 

2017cx5m-0012

 

安全面ではグレード別で自動ブレーキレーダーサポート含む総合安全運転アシスト機能を持つ「i-ACTIVSENSE」を装備可能。

ミリ波レーダーとカメラによる対車両衝突防止軽減自動ブレーキ(FOW)の他にオートハイビームロービーム(HBC)、夜間進行方向を自動的に照射するヘッドライト(AFS)、高速道路走行中接近車両を知らせる(RVM)、脇見運転居眠り運転を予防する車線逸脱感知システム(LDWS)。その他先行車の速度に併せて追随クルーズコントロールしてくれる(MRCC)からの構成となります。今の所対歩行者のレーダーブレーキアシストはマツダからはリリースされていないので是非歩行者にも対応した自動ブレーキアシストの装備も期待したいです。

2017cx5m-006

SKYACTIV・GEN2採用の可能性も

ガソリンとディーゼルエンジンで開発されているSKYACTIV・GEN2の一部が採用される可能性も。

圧縮比率を高め希薄燃焼を高度に組み合わせた高度な技術を用いて、燃費の向上と高出力を実現。

SKYACTIV GEN2の採用による全社平均燃費の目標値 マツダより。

20160925002

2017年8月マイナーチェンジ

CX-5の主な改良内容は安全アシスト機能の向上、先進ライトと車線逸脱警報システムに加え人気のブラインドスポットモニタリングにリヤクロストラフィックアラートも標準装備しました。

2016-m-20161118002

ブラインドスポットモニタリングとリヤクロストラフィックアラート機能は、CX-5の後方の四角に車両が接近するとドアミラーに警告アラートを表示する機能。より安全に車線変更や車庫入れや車庫出し可能に。

2016-m-20161130001

2016-m-20161130002

 

北米仕様のCX-5インテリアデザイン。センターコンソールの幅が広くゆったりとした室内。

2016-m-20161118007

フロアコンソールを現行型よりも高くレイアウトされておりフロアシフ位置が60mm高くなりシフト操作性がアップ。

2016-m-20161118008

主な改良内容

外観と内装デザインの変更と質感の向上。話題のコーナーリングアシストシステム「G-ベクタリング コントロール」の装備。

マツダの新しい技術「HCCI」と言う燃焼方式の採用は不明。

2016-m-20161124001

2016-m-20161124002

2016-m-20161124003

2016-m-20161124004

2016-m-20161124005

2016-m-20161124006

2016-m-20161124007

 

2017 CX-5 主要諸元

  • 全長x全幅x全高 4545x1690x1840(mm)
  • ホイールベース 2700mm
  • トランスミッション 6AT
  • 駆動方式 FF / 4WD

エンジンラインナップ

出力スペックは現行CX-5のものです。2.2リッターディーゼルターボエンジンは尿素を使う触媒へと変更となる為若干出力特性が異なる可能性があります。

  • エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 155ps
  • 最大トルク 20.0kg.m
  • エンジン 2.5リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 184ps
  • 最大トルク 25.0kg.m
  • エンジン 2.2リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 175ps
  • 最大トルク 42.8kg.m

-ニューモデル, マツダ