スバル ニューモデル

スバル 新開発SUV「ソルテラ」を2022年頃発売へ

スバル 新開発クロスオーバーEV ソルテラを2022年頃発売

スバルがトヨタと共同開発するピュアEV(電気自動車)の情報はかなり以前からありましたが、この度正式に2022年を目処に発売すると発表がありました。

新開発SUVのブランド名は「ソルテラ」(SOLTERRA)で現在判明している情報は

・車両サイズはフォレスターよりも大きく北米で発売しているアセントよりも小さいCセグメントサイズに収まるスタイリッシュな大型SUV

・モーター駆動 AWD 駆動方式

・e-スバル グローバル プラットフォーム

スバルが公開したソルテラのティザー映像を見ると先日トヨタが発表した情報によればAWD駆動方式はスバルが開発を担当する「bz4xコンセプト」と同じと言う感じもしなくもない。

もしも仮にbz4x姉妹車であれば、プラットフォーム及び駆動方式はスバル製と言う事になりそうですね。

詳しい情報分かり次第お知らせ致します。

2022年発売予定 スバル SOLTERRA

写真「https://www.subaru.co.jp/press/news/2021_05_11_9750/」より

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT ジュネーブモーターショー発表

2019年3月5日 ジュネーブモーターショーにて発売を予定している新開発SUV「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を初披露。

デザインコンセプトはDYNAMIC x SOLIDを進化させた「BOLDER」と言うネーミングだと言う。

発表されたコンセプトカーの写真を見る限りインプレッサGRB型をクロスオーバーにした印象で、スバルも三菱自動車同様スポーツカー(WRXブランド)をやめてしまうのが若干不安に感じます。

プラットフォームやパワーユニット情報の詳細は発表されていませんが、ターボ車の設定は無くハイブリッドやEVを採用するのでは無いかと予想します。

写真「https://www.media.subaru-global.com/」より

外観はレガシーアウトバックの様なスタイリッシュなアーバンSUV仕上がり

未だ計画段階なので詳しい事は決まっていないのですが、2023年発売を計画している大型SUVはスタイリッシュなアーバンSUV仕上がりでレガシーアウトバックをSUVに仕立てた様なイメージだと言う。

新開発 スバル SUV 内装予想

次期大型SUVは3列シートレイアウト7人乗りの設定になると予想されます。

写真は北米向けモデルASCENTの内装。

セカンドシートはセンターウォークスルーで大人数で移動も楽しい。

キャンプでも大活躍、車中泊も可能なシートレイアウトになると思われる。

 

予想車両サイズ

スバルが発売している次期大型SUVの予想車両サイズ

カッコはフォレスターSK型の車両サイズ。

全長 4750mm (4625mm)

全幅 1880mm (1815mm)

全高 1625mm (1730mm)

ホイールベース 2810mm (2670mm)

フォレスターSK型よりも一回り大きい。

全高がフォレスターよりも105mmも低い予想で、イメージ的にはホンダのヴェゼル(全高1605mm)が近い。

フロントデザインはスバルほホークアイフェイスになると予想される。

搭載されるパワーユニット予想

フォレスターSK型には2.5L水平対向NA FA25エンジン、北米向け発売の大型SUVアセントには2.4L水平対向ターボ FA24エンジンが搭載されている。

2020年に発売が計画されている次期スバル大型SUVに搭載されるエンジンは予想は2.5L水平対向ターボエンジン FB25が搭載されると予想されている。

2.5L水平対向ターボ FB25エンジン 性能予想

2.5L水平対向ターボFB25型エンジンの予想性能は

最高出力 300ps/6400回転

最大トルク 43.0kg.m/1500-4800回転

駆動方式AWD、トランスミッション CVT。

最高出力300psだと海外のWRXに搭載されているEJ25型エンジンの性能に近い。最大トルク43.0kg.mは強烈な加速性能を生み出しそうですね。

-スバル, ニューモデル