スバル

EJ20エンジン廃止決定 イギリスではWRX-STIの販売を終了




WRX-STIファイナルエディション

水平対向4気筒EJ20エンジンの廃止が決定しました

1989年にレガシィと共にデビューしたスバルを支えたとも言える水平対向エンジンEJ20がいよいよ廃止される事が決定しました。

WRXの後継車種が出るのかは不明、スバル次世代車両はF#型(FA/FB)エンジンを採用するとの事。

日刊自動車新聞より

http://www.njd.jp

イギリススバル WRXブランド終了 後継車無し

イギリススバルはWRX-STIファイナルエディションを150台販売し、イギリスでのWRX取扱は終了します。

https://www.subaru.co.uk/ より

イギリススバル WRX ブランド終焉

イギリススバルWRXファイナルエディションリリースページの冒頭に次の文章が明記されている。

WRX STI is the iconic Subaru model; the modern incarnation of yesteryear’s Impreza, conjuring images of special stage success and rallying legends pushing to the limit. Today, Subaru UK launch the WRX STI Final Edition, strictly limited to 150 models to say farewell to this brand icon and mark the end of this era of Subaru’s heritage in the UK.

以下直訳

WRX STIは象徴的なスバルモデルです。特別なステージの成功のイメージを喚起し、限界に追いついている伝説を結集して、昨年のImprezaの現代化を描いた。今日、Subaru UKはWRX STI Final Editionを発売しています。これは厳密に150モデルに限定されており、このブランドアイコンと別れてイギリスのスバルの伝統の終焉を告げるものです。

イギリススバルは次の新しいプラットフォームとパワートレインへの投資により新しいスバルの章を開く事ができWRX-STIを継承するより将来の動向を伝える事ができるようになったとの事。

インプレッサ>WRXを引きずらずに、まったく異なる次世代の車(ブランド)の発売があると言うこと?だと思うのですが。

VABもE型で販売終了? EJ20エンジンはいよいよ終焉を迎える事に

イギリススバルでこんなにも早くWRXの取扱が終了するとは夢にも思わなかったがまさかWRXブランドの取扱を止めてしまうとは夢にも思わなかった。

したがって日本国内で販売されているWRX-STI(VAB)も今販売されている2018年10月頃マイナーチェンジするWRX-STI E型で終了可能性が高い。

イギリスで早期にWRXを販売終了する理由予想としてはイギリスとフランスでは2040年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止する事とトヨタは2020年までに自動車のEV化へ本格移行を決めていて、子会社のスバルもそれに追随しなければならない?

環境への配慮から設計の古いEJ20エンジンは早期販売終了しなければならない

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT はWRXでは無い恐れも

東京モーターショー2017年10月25日初披露されたSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは次期WRXと言われているが、アイサイト標準装備に加えFA20かFA18エンジンを搭載すると言われています。

MT車にアイサイトを搭載する事は現状難しいと思われるので、次期WRXと噂される車のMT発売は無いと考えた方が良いのかもしれない。よくてデュアルクラッチトランスミッション(DCT)。

イギリススバル WRX-STI ファイナルエディション 情報

2017年11月1日より台数限定150台発売(販売価格33,995ポンド)しWRX販売終了へ。

ファイナルエディションの主な装備は日本のWRX-STI D型とほぼ同じだがエンジンはEJ25(2.5L水平対向ターボエンジン)になる。

  • 2.5L水平対向4気筒ターボエンジンEJ25型
  • 最高出力 300HP/6000回転
  • 最大トルク 407Nm/4000回転
  • 最高速度 158マイル
  • 0-100加速性能 5.2秒
  • 駆動方式 4WD
  • センターデフコントロール 電子制御式 DCCD
  • トランスミッション 6MT

エクステリアデザインはD型と同じだがクリアランスランプが備え付けられていない。

エアコン操作パネルはA~C型と変わらないがメーターパネルとマルチファンクションモニタはD型とほぼ同じ。

シートがC型と同じでサイドプロテクターの様なパッドが痛みやすいシートを採用している。

同じくD型のタイプSと同じ19インチ8.5Jアルミホイールに6ポッド対向ブレンボブレーキキャリパーにドリルドディスクローター。

-スバル