外車

2014ベンツCクラスセダン発売 1.6Lと2.0L全モデルに直噴ターボエンジン搭載

メルセデスベンツからCクラスのセダンタイプが7年ぶりフルモデルチェンジにて発売されます。1.6リッターのC180と2リッターのC200/C250全4グレードが用意され全てにターボエンジンを採用します。また前モデルから-70kgウエイト減させたアルミニュームハイブリッドボディーフレームを採用。

2014新型Cクラス

2014新型Cクラス写真2

2014新型Cクラスセダンのスペック

クラスCセダンのグレード180 / アバンギャルド200 アバンギャルド250 スポーツ
価格419万 / 467万644万
サイズ全長×全幅X全高4690×1810×1445mm / アバンギャルドは高さ1435mm4690×1810×1435mm4686×1810×1442mm
ホイールベース2840mm
フロント/リアトレッド幅1565mm / 1550mm-
地上最低高130mm アバンギャルドは120mm120mm-
ドア数4ドア
駆動方式FR後輪駆動方式
トランスミッション電子制御7速A/T
ハンドル
重量1,490kg1540kg-
定員5名
エンジン型式274M16型274型274型
エンジンタイプDOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
燃料供給装置電子制御式燃料噴射(直噴)
排気量1595cc1991cc
内径×行程(mm)83.0×73.7mm83.0×92.0mm
圧縮比10.39.8
最大出力115馬力/5300回184馬力/5500回転211馬力/5500回転
最大トルク25.5kg.m/1200-4000回転30.6kg.m/1200-4000回転35.7kg.m/4200回転
JC08モード燃費17.3km/L16.5km/L-
燃費向上対策アイドリングストップ機能、電動パワーステアリング、可変バルブタイミング、筒内直接噴射-
燃料タンク66L(無鉛プレミアム)
ブレーキシステム フロント/リアベンチレーテッドディスク / ディスク
サスペンション フロント/リア4リンク式 / マルチリンク式AIRMATICサスペンション 電子制御エアサス
タイヤサイズフロント/リヤ225/55R16 アバンギャルドは225/50R17225/50R17フロント225/40R19 / リア255/35R19

ドライブアシスト機能

中長距離用途短距離用の二種類の車載レーダーで走行状況を監視し前方を走る車両っを把握しつつ適切な車間距離を自動的に維持走行が可能で必要時自動的に減速を行い渋滞や突然のアクシデントで前方の車が停車した場合は自動的に停車するディストロニックプラス機能がC200アバンギャルドとC250グレードに標準装備。それ以外のグレードはディーラーオプションで搭載可能です。

加えて同グレードにはステアリングアシスト(Intelligence Drive)が装備され内蔵レーダーとセンサー及びマルチパーパスカメラによって車線と道路状況と先行車両を認識しつつ車間距離を維持しながらステアリング操作もアシストしてくれる機能を実装します。

ステアリングアシスト機能は0から200kmで動作可能で任意の設定は30から200kmの範囲となると言うことです。注意点としては自動運転では無いのでハンドルから両手を離すと自動的に解除されると言うことです。自動運転では無い。

もちろんこのアシスト機能を装着する車は、ドライバーが意図しない車線変更やフラつき挙動をした場合はステアリングを振動させてドライバーに警告します。反応がない場合は自動的に減速操作を行い車線を逸脱しないように自動補正してくれるそうです。

もちろんレーダーを装備するのでドライバーが意図する車線変更でも死角に車がいる場合で衝突危険がある場合は減速及びドライバー警告を行うサービスも実装するそうです。

尚C180(アバンギャルドグレード共通)にはCPAと言う衝突警告システムが装備さ、CPAプラスと言う緊急ブレーキ機能が代わりに装備されます。

その他全グレード標準バックリアビューモニターを装備。車庫入れや後退する時の後ろの安全と状態を目視確認しながら操作を行うことが出来ます。

パーキングアシストリアビューカメライメージ

Intelligence Driveの動作イメージ動画

足回り

アバンギャルドグレード(180/200共通)にはAGILITY CONTROLサスペンションシステムが採用されます。250スポーツはAIRMATICサスペンション 電子制御エアサスが採用されブレーキディスク板はフロントにドリルベンチレーテッド(軽量化の為の穴開きディスク)とMercedes-Benzロゴ入りブレーキキャリパー(AMG仕様と同じ)が装着されます。

AGILITY CONTROLサスペンション図

 

ホールはアバンギャルドグレードはそれぞれ17インチ5本スポーツアルミホイールが装着されます。

17インチ5本スポーツアルミホイール

250スポーツは19インチAMGマルチスポークアルミホイールが装着されます。

19インチAMGマルチスポークアルミホイール

 

内装

運転席助手席シートはさすが本場アウトバーンを走るために体をしっかりホールドする高級セミバケットシートが採用されています。

2014新型Cクラス内装

 

運転席はシック且つスポーティーなデザインです。ハンドルは私が乗るGVBと同じ大きさでしょうか。D形状ならもっとスポーティーなりそうですよね。

2014新型Cクラス運転席

 

2014ベンツCクラスセダンの感想

車は正直カッコイイですし環境にもすごく配慮したエンジン設計だと思います。特に所免許取りたてのドライバーやお年寄りまたは安全に子供送迎を考えているお母様におすすめの車の設計だと思いました。ただ自動システムサポートを搭載するとどうしても車両重量が重たくなるのでどちらがいいのでしょう。私の乗るGVBもVDCと言う安全装置が付いていてこれを載せない場合は100kg軽くなると営業の方に聞いたことがあります。日本にはアウトバーンの様な道路も無いですし取り締まりカメラだらけの高速道路しかないのでこの新型Cクラスセダンの魅力を活かす道路はありませんが、中長距離を移動する場合はとても助かるシステムだと思います。ベンツに乗れることはまず無いと思いますが車の王様なので最強のドライバーアシスト機能を付ければとても安心してドライブを楽しめると思います。

2014新型Cクラスセダンの動画

-外車