日産・三菱

NISSANスカイラインV37型、2Lスポーツと3.5Lハイブリッドモデルを発売

憧れの鉄仮面(6代目)から数えると7回目のモデルチェンジ、初代ALSI型から数えると13代目となるV37型スカイラインが2Lスポーツと3.5Lハイブリッドタイプで登場。2Lモデルにはターボを実装しFR仕様で3.5Lモデルは全車ハイブリッドNAでFR仕様と4WD仕様が用意されます。マニュアルシフト操作モデルはなく全車ATとなります。

2Lモデルには次世代ターボを実装し3.5Lスカイライン並みのトルクを発揮しつつ排気量を抑制し環境への配慮も両立していると言うことです。

俊敏な発進加速、爽快なドライブフィールをもたらすベストマッチング。
2.0L・DOHCエンジン+ターボチャージャー+電動油圧パワーステアリング(車速感応式)。
スカイライン(次世代ターボ車)に搭載されたターボチャージャー付2.0Lガソリンエンジンは、制御技術の向上により2.0Lでありながらノンターボ3.5L並みの高トルクを発揮。ドライビングプレジャーと環境性能を高レベルで両立し、信号待ちからの発進、ワインディングでのコーナーからの立ち上がり、高速道路での合流時などで優れた加速性能を体感できます。また、電動油圧パワーステアリング(車速感応式)の採用により、パワフルなエンジン性能と相まって爽快感あふれる走りを体感できます。
直噴ターボにより低回転域から力強いトルクと加速性能を実現する2.0Lガソリンエンジンです。出力と燃費性能のバランスに優れ、低回転域から高速巡航ま で、プレミアムカーにふさわしいパワーみなぎる走りと優れた燃費性能を両立。高いポテンシャルを秘め、俊敏なレスポンスをもたらす次世代のターボエンジン です。

V37スカイライン2L写真1

 

写真を見てお気づきだと思うのですがグリルにインフィニティーのマークが取り付けられています。なんだかスカイラインじゃないみたいなのですが、それ以外を見る限り結構スポーティーなグリルデザインとなっていると思います。

V37型スカイライン3.5L写真1

 

エンジンスペック

3.5Lモデルのエンジン情報です

  • エンジン型式VQ35HR
  • DOHC・V型6気筒
  • 排気量3500cc
  • 最高出力306馬力/6800回転
  • 最大トルク35.7kg.m/5000回転
  • モーターHM34 交流同期電動機 リチウムイオン電池
  • 最大出力68馬力(モーターの情報)
  • 最大トルク29.6kg.m(同上)
  • ハイオク仕様
  • 70L燃料タンク

V37型スカイライン3.5L写真2

2.0Lモデルのエンジン情報です。

  • 274930
  • 直列4気筒DOHC直噴ターボ
  • 排気量2000cc
  • 最大出力211馬力/5500回転
  • 最大トルク35.7kg.m/1250-3500回転
  • ハイオク仕様
  • 80L燃料タンク

V37型2.0L実装エンジン

 

写真はV37型2.0LモデルのGT-tのテール部分となります。

 

V37スカイライン2.0GTt写真1

車種別サイズ重量価格

車種 / FOURは4駆モデルですサイズ(全長×全幅×全高)重量価格、税込み
350GT HYBRID Type SP4800x1820x1440mm1800kg5.415.120円
350GT HYBRID Type P4790x1820x1440mm1770kg5.002.560円
350GT HYBRID同上1760kg4.624.260円
350GT FOUR HYBRID Type SP4800x1820x1450mm1880kg5.695.920円
350GT FOUR HYBRID Type P4790x1820x1450mm1850kg5.283.360円
350GT FOUR HYBRID同上1840kg4.905.360円
200GT-t Type SP4800x1820x1450mm1680kg4.568.400円
200GT-t Type P同上1670kg4.212.000円
200GT-t同上1650kg3.834.000円

サスペンション

サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式とリアにはマルチリンク式を採用します。

V37型サスペンション

ホイールとタイヤサイズ

350GT HYBRID Type SP(2WD/4WD含む)と200GT-t Type SPには19インチx8.5J、インセット:50、P.C.D:114.3(5穴)ホイールが採用されます。タイヤサイズはフロントリア共245/40RF19です。

V37Type SPの19インチホイール

それ以外のモデルは切削光輝17インチアルミホイール(17×7.5J)、インセット:45、P.C.D:114.3(5穴)、タイヤサイズは前後共225/55RF17となります。

V37型17インチホイール

備考、全車種にランフラットタイヤを実装。メーカー公式WEBを見るとポテンッアS001を採用している様子ですが購入時一応ディーラさんご確認ください。

ブレーキ

3.5L/2.0LモデルのType SPにはスポーツチューニングブレーキが採用されていると言うこと以外詳細はカタログスペックの方で確認できませんでした。恐らくフロントは4ポット対向ピストン式キャリパーとなると思われます。

V37型type spスカイラインブレーキ

Type SP以外はカタログを見る限り2ポッド対向ピストンキャリパーを採用するのでは無いでしょうか。リア側の写真資料です。

V37型スカイラインブレーキ

運転席

350GT HYBRID Type Pの運転席。高級車と言うよりもハイテク感たっぷりのキャビンのイメージがします。ATのシフトもバトルノブの様でかっこいいです。

350GT HYBRID Type Pの運転席

シートは特に普通と言うか背中をホールドしてくれる様な形状はしてます。スポーツと言うよりも高級セダン車ですよね。元がインフィニティーなので仕方が無いのかもしれません。

350GT HYBRID Type Pのシート

200GT-t Type SPの運転席。アクセルはぱっと見BMWと同じオルガン式ペダルの様子ですよね。

200GT-t Type SPの運転席

200GT-t Type SPの内装。こちらの方も特にセミバケットの様なシートの採用は無い。

200GT-t Type SP内装

 

エンジン特性を選べるPERSONALモード

3.5Lハイブリッドモデルは全96通りから好みのエンジン特性とハンドリング特性を選んで道路状況と運転気分でセッティングが可能。2.0Lモデルは12通りからエンジン特性とハンドリング特性を選んでドライブを楽しむことが出来る様になっています。

スカイラインPERSONALモード

https://youtu.be/3p8tlp4P5P0

V37型のスカイラインの感想

WEBカタログでしか見てなくて実車をちらりとも見ていないので何とも言えないです。全般的に写真と動画で見る限りはカッコイイと思いますが、内装が全然スポーツじゃない。また車高調とかマフラーを変えて走る代物でもなさそうですし。元がインフィニティーですのでもう昔の若い子がのるスカイラインのイメージは影も形もなくなってしまった感じが致します。

-日産・三菱