日産・三菱

三菱のミラージュ FCM-City自動ブレーキを装備し2016年1月マイナーチェンジ

三菱自動車のコンパクトハッチバックモデルである「ミラージュ」がFCM-City自動ブレーキシストを装備しマイナーチェンジされます。エクステリアデザインは現行モデルのマルチリフレクターヘッドライトからプロジェクタータイプに切り替わりヘッドライトレンズに添ってLEDイルミネーションランプが取り入れられメッキ調のモールがグリルとロアグリルに装着されとても綺麗なエクステリアデザインが採用されています。

2016三菱ミラージュ

グリルカバーは若干メルセデス・ベンツの「ダイヤモンドグリル」とまでは行かないのですが綺麗な新しいデザインのグリルカバーも採用されています。

2016mirajyu005

 

ヘッドライトがマルチリフレクタータイプではないだけでも好感度アップ。サイドミラーがアームタイプだと尚良かったですがここは現行モデルからの変更は無いようです。

 

2016mirajyu003

 

2016mirajyu006

リヤ側は大きな変更点は無く、リヤコンビネーションランプのデザインに変更とバンパー左右に現行モデルには無いリフレクターが入ります。サイドステップのデザインも変更は無い。

2016mirajyu007

 

新しいリヤのLEDコンビネーションランプ。人気のヴァレンティー製品よりも綺麗ではないでしょうか。

 

2016mirajyu0010

 

ルーフスポイラーに取り付けられているハイマウントストップランプもLEDとなる。

 

2016mirajyu0011

こちらが2012年6月に発売された6代目の現行モデルです。こちらと比較するとやはり新型の方がラグジュアリー度は数倍アップしています。

2016mirajyu008

 

デザインはさておきやはり気になるのは自動ブレーキアシストシステムですよね。脇見よそ見ぼんやり運転ではっとする場面があると思うのですがそんな心配も払拭してくれるのが三菱の自動ブレーキシステム「FCM-City」がグレード別で装備。フロントに備え付けられたミリ波レーダーによって低速走行時に衝突の危険を検知するとアラート警告と自動ブレーキにより衝突の回避及び衝撃の低減を図るドライバーアシスト機能。

2016mirajyu0015

 

誤発進抑制機能を持つので高齢者ドライバーにはありがたい。

 

2016mirajyu0016

 

 

インテリアも余り大きな変更は無く細かい仕様の変更はあるものの殆ど現行モデルと殆ど同じ。

 

2016mirajyu0012

現行モデルよりかはセカンドシートが若干上質となっていると思われます。

 

2016mirajyu0013

 

エンジンスペックは変更なく、2種類のパワーユニットにFF駆動方式とトランスミッションはCVTのみの設定。

パワーユニットは次の二種類が設定されます。

1.0リッター直列3気筒DOHCエンジン(3A90 MIVEC型)、最高出力69ps/6000回転、最大トルク8.8kg.m/5000回転、JC08モード燃費27.2km/L。

1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン(3A92 MIVEC型)、最高出力78ps/6000回転、最大トルク10.2kg.m/4000回転、JC08モード燃費25.2km/L。

 

2016mirajyu0017

 

車両サイズも現行モデルと殆ど同じですがグリルとバンパーのデザイン変更と自動ブレーキのミリ波レーダー装着が施されているので少し全長は長くなる可能性があるものと思われます。全長3710mm、全幅1665mm、全高1505mm、ホイールベース2450mm。

 

2016mirajyu0018

2016mirajyu0030

2016mirajyu0031

2016mirajyu0032

-日産・三菱