ニューモデル

ホンダの新型FCV「クラリティ フューエル セル」が2016年3月リース販売開始

燃料電池自動車でトヨタに一歩遅れをとっているホンダが2016年3月より新型のFCVモデルである「クラリティ フューエル セル」を2016年3月よりリース販売を開始します。販売予定価格は766万円で市販する前にリース形態でFCVをい販売しフィードバックを収集してから個人への市販を展開する予定。何れにしてもいきなり水素を使って走る車を慣れないドライバーに突然販売するのもホンダにはリスクが高いのでフィードバックを収集してから販売は致し方が無いと思います。

ホンダ クラリティ フューエル セル

 

エクステリアはどちらかと言うとレジェンドにホンダがブランド化を進めている「ソリッド ウイング フェース」 を取り入れた様なデザインと、空力を考えてだと思われるのですが初代インサイトの様なリヤフェンダーを装備。リヤのエクステリアはシャークアンテナが似合うホンダらしいデザインのリヤバンパーにコンビネーションランプ。リヤバンパーのリフレクター部分には空気溜まりをなくすエアー抜きが開いています。マフラーが無くともサイドとリヤスカートが後から見る姿を引き締めていますよね。とてもかっこいいです。

 

hfv2015001

エクステリアはさておき、肝心の航続距離なのですが約3分で70MPa高圧水素タンクに水素を満タンに充填することを可能としていて走れる距離はなんと700kmも走れるそうです。しかしながら水素ステーションが少ないがネックでですがFCVが増えることで水素補充の手段も増えるものと思われます。移動式水素ステーション等。

 

hfv2015002

クラリティのパワートレーンは最高出力176ps、最大トルク30.0kg.mを発生するモーター、駆動方式は前輪駆動方式。2種類の走行モード「ノーマルモード」と「スポーツモード」を切り替えて、静かにエレガントに走るもよし、モーターのダイレクトなターボエンジンをも凌ぐ巨大なトルクをいかしたキビキビ走る事も楽しめる様です。

 

hfv2015003

 

車両サイズは全長4895mm、全幅1875mm、全高1475mm。同じホンダの高級セダン「レジェンド」の全長4995mm、全幅1890mm、全高1480mmと比較すると一回り小さい。ライバルとなるトヨタの「MIRAI」は全長4890mm、全幅1815mm、全高1535mmとMIRAIと比較すると「クラリティ」の方が一回り大きい。

hfv2015005

 

エクステリアで気になる点がもう一つ。フェンダーガーニッシュがホンダの二輪のシンボルマークである鳥の羽の様なデザインが採用されています。

hfv2015006

 

MIRAI同様家庭用電源変換器「Power Exporter 9000」を別途用意する事で、クラリティで発電した電気を家庭用電源へと出力させる事が可能となります。水素を満タンで7日分の一般家庭向け電気を供給出来る能力を持つそうです。

hfv20150010

 

インテリアは21世紀をイメージした映画ワンシーンに出てくるようなデザインが採用されていて、ホワイトを基調としたクリーンな印象を受けます。

hfv2015007

 

シートのデザインはトヨタとは違ってエレガントなデザインですよね。

hfv2015008

 

こちらはライバル車のMIRAIのインテリアです。若干テーマパークにありそうなデモカーの様な派手な演出が加えられている印象を受けます。

hfv20150011

クラリティとMIRAIの主要諸元比較表

ホンダ クラリティトヨタ MIRAI
全長x全幅x全高4895×1875×1475(mm)4890×1815×1535
定員5名4名
水素タンク容量70MPa タンクはそれぞれ2本搭載 水素充填に必要な時間それぞれ約3分
燃料電池最高出力100kW以上114kW
航続距離700km650km
最高出力130kW(176ps)113kW(154ps)
最大トルク300Nm(30.0kg.m)335Nm(34.2kg.m)
使用燃料水素
駆動方式前輪駆動

-ニューモデル