試乗

マツダ ロードスター(ND系・AT) 運転してみて思った点をピックアップ 想像以上に楽しい




マツダ ロードスター 6速ATを借りました

マツダのピュアスポーツ「ロードスター・2016年式」(ND系・6速AT・1.5L直4ガソリン車)を借りて試乗してみました。約一時間の運転でしたがロードスターが気になる人にお伝えしたい所をピックアップさせて頂きます。

乗り降り

流石に全高が1235mmと低いので、ルーフを被せた状態だと乗り降りは辛いです。ルーフをオープンにすれば全然問題はありません。

ルーフを被せている状態。身長180cmの私の頭にウェアラブカメラから見た映像。最初低すぎると思いました。

室内の広さとドライブポジションについて

乗り込んでしまえば狭く有りません、比較的快適ですが収納スペースはやはり少ないです。

ドライブポジションは86・BRZとはまた違う印象でどちらかと言うとレーシングカートよりもちょっと座面が高い感じです。

腰痛になりやすい?

マツダが車の設計で重んじている人馬一体コンセプトは流石に腰痛になりにくい印象でした。

運転する上でストレスになることは一切なく、手・尻・腰・足(ペダル類)が体にぴったりフィットする感じのドライブポジションで86・BRZの様な腰痛になりやすい感じはありません、むしろ快適です。

ルーフを被せた状態だと乗り込む時は頭を折りたたむように乗り降りする必要があるのだが

乗ってしまうとかなり快適です。

運転はしやすいが・速度は通常よりも速く感じる

目線が低いので、レーシングカートの講習を受けるときにもよく言われますが通常よりも体感速度は速く感じると聞くと思いますが、ロードスターはまさにそんな印象で

単独で運転していると60km/h位出ているんじゃないかと思ったら40km/h位しか出てませんでした

運転は非常にしやすくて、出っ張ったフェンダーを目安にノーズと車幅感覚が掴みやすいです。

MTにするのかATにするのか迷っているなら

スポーツカーでATはありえないとお考えの方も多いかもしれませんが、ND系ロードスターのATはとても良くできていて、マニュアルモードはほんと賢くてシフトアップはややATな感じは否めないもののシフトダウンはMTよりも楽しい

ブリッピングがよくできているというか、エンジン回転数の落ち込みも速いので下手なMTのシフトダウンよりも楽しく演出すてくれます。

MTもいいけどロードスターならATも全然ありです。

ブレーキング・コーナーリング・ハンドリング

車重が軽量でルーフが無いのでコーナーリングは速いんだろうなと思ってましたが、こんなにもクイックにノーズはコーナーの出口を向いてくれるとは想像以上でした。

ブレーキは車が軽いので抜群の制動力があります。またハンドリングはややクイックの様な印象です。

サスペンションは硬め

サスペンションは比較的硬めのセッティングです。硬めと言うか車が軽いのでバンプでは少し突き上げる感じはありますが不快ではありません。WRXのカヤバ足にた印象です。

頭に取り付けたウェラブルカメラが結構上下に揺れている時は突き上げが出ている時です。

1.5L P5-VP型エンジンは速い・遅い?

ロードスターに搭載される1.5L直列4気筒NAエンジンP5-VP型は可もなく不可もなく、フラットな感じです。

車が軽いので踏み出し(低回転時)から太いトルク感は感じますが、86・BRZと比べると決して速いとは思わない。

この車は1.5Lで十二分にドライブを楽しめる設計だと思うので、純粋に車の運転と見た目を楽しむ、車を所有していると言う欲求を満たしてくれます

燃費はいいほうだと思う

燃費は走行距離47874kmで平均14.6km/Lでした。

レンタカーなので借りる人は結構回すと思います、それでいてこの燃費アベレージだとかなり優秀では無いかなと思います。

収納・トランク

収納はあることはありますが、まずグローブボックスは無くてコンソールボックス的な収納ボックスが室内に一つ設けられています(運転席と助手席の間)。

助手席に人を載せないなら、助手席そのものが室内の収納スペースとして活用。

トランクは広くもなく狭くもなくです。深いので二人分の旅行かばん等の荷物は乗ると思います。

最後ロードスターの良い悪い点のまとめ

良い点は試乗したら次買う車はロードスターってなります。ほんとライトウェイトの車ってこんなに楽しいんですね、見た目も美しいしとても気に入りました。

悪い点はちょっと背の高い駐車上の料金システムに手が届かない点でしょうか?異様に低いのでパーキングの発券と料金支払の場所に手が届かない場所がありました。https://youtu.be/U6RF23XVSiU

 

-試乗