自動車の知識

車をぶつけてしまった バックアイカメラはあったほうが絶対良いと思いました。

マツダのボンゴに乗って配達の仕事をしている時にボンゴをバックさせている時にお得意様の車のバンパーにぶつけてしまったのを最後に20年数年間、車の運転は慎重にを心がけて来たので車をぶつけたり壁に擦ったりする事はなかったのですが、とうとうやってしまいました。インプレッサを自分の運転でぶつけてしまいました。

リアバンパーの傷

yafuoku001gv006

幸いにも自損事故です、相手も居ないしましてや人様にぶつけたと言う事でも無いので本当によかったです。またレイズのホイールも無事でボディー本体は無傷でした。不幸中の幸い?

yafuoku001gv007

余談ではありますが、会社のお得意様の車にぶつけた時はもうそれは脂汗が止まらなかったです。何度も謝罪して修理費は弁済すると言うことで納得頂きました。結果的に安くしてくれたのですがそれでもちょっと凹んだだけで約4万円程請求されてしまいました。それ以来バック(車の後退)はなるべくはしないようにして居たのですが、最近また横着をしてバックで出庫したりしてたので今回このような自損事故に至った次第です。これがもし人身事故なら大変な事になっていたと思うと自分への良い戒めだなと納得しています。

事故の原因

今回事故が発生した事を分析してみました。

1番の原因は車を切り返すスペースは十二分にあったにも関わらず安易に車をバックさせて出庫しようとした事が一番の原因です。

2番目の原因、真っ暗で視界が悪かった。草が生い茂っていて目線よりも下にある側溝(排水路)が全く見えてなかった。側溝のすぐ後ろにコンクリートの壁の様なものがあって側溝の渡った向こう側のにコンクリートの壁があってそこの場所にリアバンパーをぶつけてしまった。

全部言い逃れです、見えないと思ったら一旦車を降りて後方の目視確認を怠った自分が全部原因です。

目の前の溝にバックで左のリアを落としてしまった。溝が無くてもバンパーを完璧に壁に当ててます。

yafuoku001gv008

ぶつけた箇所の修理をどうするのか?

板金修理も考えたのですが、一体何処でするのか?やっぱりディーラーとなると思われるのですがコスト(修理料金)どの程度必要なのか見積もりしなければならない。仮に3万円前後で済めば良いのですが車に詳しいメンバー曰く写真のバンパーの傷だと5万円前後はコストが掛かるのでは無いかと言う事でした。それなら中古バンパーはどうなのかと言うことでヤフーオークションを検索してみたのですが、やっぱりヤフオクは怖い。タイヤの一件もあったので中古はやっぱりやめておこう。

yafuoku001gv002

 

と言うわけでスバルチューニングパーツ販売専門ショップのプローバさんのリアエアロバンパーを楽天で買うことにしました。

通販を利用しない場合はオートバックス(スーパーオートバックスなら取り扱いはあります。)で買う事が出来ると思います。神戸のSAサンシャイン店さんでは電話で取り扱い有りと確認済です。

欲しかったデュフューザーもセットなのでちょうど良いと思いまして。

補足、GTウィングとリアアンダーエクステンションは別売りです。取り付けは然程難しくないようです。プローバGVBリアバンパー取り付けマニュアル。

リアバンパフェース GV C- STI 専用
エア抜きダクトを装備、スポーツイメージバンパーフェース。
*純正バックフォグユニットを再使用します。
82232DM1201  純正色塗装 ¥106,920 (本体¥99,000)

yafuoku001gv003

 

楽天でバンパーを注文するときのカラー指定方法

私も初めて注文したのでよくわからなかったのですが、塗装済エアロを買うときは車の助手席(スバル車の場合ですが)下に外装塗装コードが記載されているのでそれを楽天のショップで注文する際に指定出来ましたのでもし同じバンパーの購入をお考えの際はご参考までに。

助手席を開いた右下、黒いプレートです。

yafuoku001gv0012

車体番号はすみません消してます。外装コード02Cというカラー番号をエアロショップに知らせて塗装してもらうと言う流れになります。

インプレッサカラーコード

こちらは注文書サンプルです。注文確定前に以下の情報を備考欄に入力して注文を確定しました。納期の連絡は未だ来てません。一応製品が届いたら壊れたリアバンパーの取り外しとプローバのデュフューザー付きリアバンパーの取り付けレビューをアップさせて頂きたいと思います。

備考 [確認承諾事項 ・ 追加ご記入のお願い。:]
※適合確認のため、下記詳細までご記入をお願いします。
ご記入の無い場合、お客様自身の判断でご購入としてお取扱いし、
返品・交換等はお受けいたしかねますので予めご了承下さい。

車両メーカー:スバル
車両名称:WRX STI
車両型式:GVBC4VH
グレード:ACC(WRXのSTIです)
初度登録年月:
ミッション: MT
カラー色番号:02C WRブルーマイカ
(塗装済みの商品の際は必ずご記入ください)

※カラーや素材選択のある商品の際はご記入をお願いします。
< 外装塗装コードは02Cと車本体に記載ありましたWRブルーマイカですよろしくお願いいたします。>

バックアイカメラは必須

やはり目視確認は大切。だけどやはりいちいち車から降りては目視をして確認等面倒で、つい横着をしてしまう。しかしながらもし万が一の事があれば大変な事になってしまう場合もある。なので車内から車の後方を目視して見られるバックアイカメラを今度は取り付けようと考えています。空気圧を監視できるTPMSは後回しにする事にしました。

バックカメラはオートバックスさんかイエローハットさんで取り付けしてくれるのでショップさんで買ったほうがお勧めだと思います。ディーラー製品も良いと思うのですがコストが高いと思われますので。

手近なメーカーさんと言えばユピテルさんですが、装備しているカーナビによっては取り付けカーナビメーカーのバックアイカメラがリリースされていると思うのでご参考までに。レーダーメーカー製品なら車載のレーダー液晶画面にカメラの映像を出力する事が出来る製品もあります。

これならドライバー目線から死角になる場所も昼間なら視認性がとても良くなりますしもし万が一後ろに人が居たりするのも把握する事が出来ます。夜間だと映像の視認性が悪い場合はバックフォグを明るいLEDに取り替えるなどの対策も有効です。

yafuoku001gv0013

-自動車の知識