トヨタ新型「アクア」2代目はTNGA採用し2018年12月頃フルモデルチェンジ

トヨタの人気ハイブリッドカー「アクア」のフルモデルチェンジ情報。2代目はTNGAを採用し、新しく開発されたプラットフォームはトヨタ人気のミニバン「シエンタ」次期モデルに共有予定。

2016-t-20161018003

初代アクア(P10型)は2011年12月発売が開始されデビューから4年経過するものの一ヶ月に15,000台前後販売台数を維持する大人気モデル。2013年に一部改良が実施されJC08モード燃費が35.4km/Lから37.0km/Lへと燃費が向上し、さらに2014年12月にはフェイスリフト含むマイナーチェンジ&SUVグレード「X-URBAN」が新設定され、初登場からちょうど6年目の2017年12月頃にフルモデルチェンジされる予定。

次期アクア(20型)はTNGAが採用され、低重心で軽量且つ高剛性の次期ヴィッツと共有する新開発プラットフォームベースに、エクステリアとインテリアはキープコンセプトによる更なるスタイリッシュ&ラグジュアリーの高い車へと磨き上げられる。

2017年登場の2代目アクア予想エクステリア。同社のオーリスの様なキーンルックではなくどちらかと言うとシエンタをスポーツ・カーの様にしたリップ&ルーフスポイラーが似合うデザイン。

2017 トヨタ アクア

ハイブリッドシステム

2代目アクアもヴィッツとプラットフォーム共有となるもハイブリッド専用グレードで、搭載されるエンジンはP10型と同じ1.5リッターの排気量となるが、大幅なフリクションの低減と熱効率の向上が図られベース燃費の大幅アップが期待できる。ハイブリッドシステムは50型プリウスに導入されているTHSⅡシステムを採用されJC08モード燃費は50型プリウスを上回る41.0km/L以上を目標に開発されている。

2016-t-aqua003

搭載されるモーターは大出力の100ps前後を期待したいところだが、予想ではモーター最高出力61ps、最大トルク17.2kg.m。初代アクアと余り代わり映えしないモータースペックではあるものの、軽量化されるので必然的にP10型よりも走行パフォーマンスはアップが期待出来る。86と変わらないローポジションでさらに機敏で軽快なスポーティは走りも期待できる。

2016-t-aqua005

インテリア

50型プリウスで賛否両論が別れるセンターコンソール周りの真っ白なデザインは無いと思われる。

ローポジション&キープコンセプトとなるのでインパネは50型プリウスのダッシュボードレイアウト似ている可能性も。

2016-t-aqua006

アクアはスポーティーな印象が強いので86と同じローポジションならハイブリッドマルチファンクションモニターを廃止して、充電のマルチファンクションインジケーターへ変更し86/ATの様なインテリアにしてしまうのも良い感じ。

2016-t-aqua007

トヨタ 2代目 アクア 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4000×1695×1425mm
  • ホイールベース 2600mm
  • 1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン
  • エンジン最高出力 74ps
  • エンジン最大トルク 11.3kg.m
  • モーター最高出力 61ps
  • モーター最大トルク 17.2kg.m
  • トランスミッション CVT
  • 駆動方式 FF
  • JC08モード燃費 41.0km/L以上
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする