ルノー新型スポーツカー「アルピーヌ」を2016年2月16日発表

ルノー傘下の「アルピーヌ」(リンク先サイトはアルピーヌ公式サイトです)が最新スポーツカーを2016年2月16日に発表、2017年3月7日から12日開催のジュネーブモーターショーで市販車初披露。公式サイトに公開されているティザー画像。

アルピーヌ特別仕様モデル1995台をスマートフォン専用アプリにて発売。日本向け予約販売受付開始(納車は2018年になる模様)。詳しくは「アルピーヌプレミアムエディション」ページを御覧ください。

https://alpinecars.com/en/premiere-edition/(ページ下にアルピーヌアプリダウンロードリンク有り。スマートフォンにセットアップすればアルピーヌを予約可能です。)

説明には予約金2,000ユーロ(日本円で約25万円)収めなければならない。

2016-ru-20161209001

アルピーヌ市販モデル公開されました。マフラーセンター一本出しにブレーキキャリパーはアルピーヌA110イメージカラーと同じブルー塗装

搭載するエンジンは1.8リッター直列4気筒ターボ。予想最高出力は300ps未満で0-100km/h加速スペックは4.5秒。

インテリア。センターコンソールにはシフトレバーらしきものは無くエンジンスターターボタンの赤いスイッチ類のみしか見当たらない。シフトチェンジはステアリング側にあるパドルシフト操作。シートは「アルピーヌロゴ入り」専用フルバケットシート

CARSCOOPに掲載された公道テスト中のアルピーヌ。

2016-r-20160916001

エクステリアはクーペフォルムでフロントフェイスはA110を少し思わせるデザインが採用されています。

2016 アルピーヌ

写真左がA110。

arupi2016008

2017 A110 主な特長

パワーユニットは1.8L4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載し最高出力は250hp(252ps)/6000回転、最大トルク32.6kg.m。時速0km/h-100km/hまでに達する時間はわずか4.5秒、最高速度250km/h(電子リミッター上限)

車両サイズ全長4178mm x 全幅1798mm x 全高1252mm ホイールベース2419mm。車重1103kg(乾燥重量1080kg)。

arupi2016002

リヤ側のエクステリアは今のスポーツ・カーには無いエレガントさがあり、ワイドトレッドもあからさまにオーバーフェンダーを強調しないデザインでとても綺麗です。マフラーはさり気なくセンター1本出しマフラーフィニッシャー。RRエンジンなら燃調を濃くする事でアフターファイヤーを楽しめるかもしれないですよね。

arupi2016003

A110をイメージしたデザインなのですが、LEDライト類は今の若い子たちが好むイルミネーションランプデザインが採用されています。

arupi2016005

イメージカラーはライトブルーだと思ったのですが発表されたモデルは意外にもホワイトカラーリングでした。

arupi2016006

arupi2016007

掲載している写真は2015年6月開催されたル-マン24時間レースにてアルピーヌのブランド創立60周年を記念し発表されたコンセプトカー「アルピーヌ セレブレーション」です。

2016ル ノーアルピーヌ

パワートレーンはルノー「クリオ ルノー・スポール」(ルーテシアRS)の1.6リッター直列4気筒ターボエンジンをチューニングされたものが車両後方に搭載され駆動方式は後輪駆動方式(RRまたはMR)を採用すると予想されています。トランスミッションはEDCデュアルクラッチ式の機械式セミオートマチックが採用される可能性が高いとの事。詳細に付きましては公式発表確認次第追記させて頂きます。

2015 アルピーヌ セレブレーション

コンセプトモデルのリヤ側はアウディTTクーペにやや似ている感じはしますが、TTクーペは4シーターですがこちらのアルピーヌは2シーターでしょうか。ワイドボディーに広いトレッド幅、ボディ含めて軽量化が図られ車重の予想は1000kgを切る950kg前後では無いかと噂されています。これに最高出力250ps前後の1.6リッターチューニングターボエンジンが載せられるのでサーキット走行パフォーマンスは抜群に良いと思われます。個人的にはルーフの無いようがロール少なくより安定した走行が出来ると思うのでコンバーチブルにして欲しい。

2016ruaru008

インテリアの一部がツイッター(ツイッター #Alpineisback)上で公開されていました。オープンカーでは無くロールゲージ等も施されていなくて綺麗なややレトロ感のあるスイッチ類が見える。ダッシュボード真ん中にある液晶モニター付近に見える小さいメーターはブースト計ではなくアナログ時計ですね。パドルシフト付きステアリングの真ん中に青文字で「A」のロゴが入っているのも確認でき、ドアミラーがとても小さいのも印象的です。

2016ruaru0013

海外メディアではコンバーチブルタイプも予想されています。予想販売価格は700万円前後。

2016ruaru0010

アルピーヌと言っても平成生まれの若いドライバーさんには馴染みのない自動車だと思いますが、人気アニメエヴァンゲリオン(新劇場版:序 登場しています。)の第一話で葛城ミサトさんが碇シンジくんを迎えに行くシーンで乗っている青い車が「アルピーヌ A310」なのです。シナリオ内の設定では右ステアリングに変更されているのとパワーユニットはEVと言う設定となる。

2016ruaru0011

2016ruaru0012

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする