トヨタ「スプリンター」レアなブランド名を持つ中古車の値段が上がる可能性も

動画を撮影しょうと阪神高速天保山ジャンクションへ向かっている途中に古めかしい自動車の後ろに停車したらなんとその車は懐かしいトヨタのセダン「SPRINTER」だった。

トヨタ スプリンター 1987

スプリンターの事はよく知らなかったのですがブランド名はほんとに有名でした。確か皆さんがよくご存知のパンダトレノ(ハチロク)はもともとスプリンター・トレノと言うブランド名で4ドアセダンスプリンターの3ドアスポーツグレードだったはず。

関連リンク

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%8E

今回出会ったスプリンターのグレードは不明だが、年式は1987年から1991年まで販売されていたE90系スプリンター。エンブレムにはGLが見て取れます。ちゃんとしたビデオカメラで撮影していればよかったのですが思わず見入ってしまいまして。ちょうどドライブレコーダーの映像が残っていたはずと確認したら運良く残っていたので記事に掲載させて頂いた次第です。

スプリンターの走り出しの動画です。これが約20年以上も前の自動車だなんて信じられない。「スーッ」と走り出す姿はここ数年内に販売された自動車の用にも見える。さすがメンテナンスフリーを代表するするトヨタ自動車と言う印象です。

スプリンターの中古相場も高くなるかも

最近レア度の高い中古車の値段が異様に高い。伝説の22Bと言う記事にも書いた2.2Lインプレッサは最近の中古車市場で1400万円もの値段が付いてました。

22Bの値段は三年程前は400万円前後だったのに去年辺り800万円まで値段が釣り上がり今では1400万円。クラッシックカーバブルもいいところだと思います。

伝説のインプレッサ22B
GC8と言えば聞き慣れた元祖インプレッサの通名ですが、そのGC8にもSTiからコンセプトモデルが販売されたことがあります。その名は通称22B...

また私が乗っていたセリカGT-Four(リトラクタブルヘッドライト、エディマーフィーCM出演モデル)の中古車価格が大幅に高くなっています。

このブログを開設した2014年頃は100万円もしなかったセリカでしたが、今ではなんと100万円を超えてきています。

セリカ トヨタのWRCカーとしても有名だった車
セリカと言えば色んな思い出が皆さんお有りだと思います。私をスキーに連れてってと言う映画でも話題になりましたしそれ以前のモデルセリカダブルエッ...

4ドアスプリンターセダンは中古車価格はそこまで高くない印象。近いうち値段が化けるかもしれない。今スプリンターを買うのも有りだと思います。

クラッシックカーバブルが波及すればスプリンターの中古価格が高くなるかもしれないので高くなったらそれを売り払って新しいラグジュアリーセダンを購入できたりする可能性も。駄目だったとしても格安で購入できた自動車なので乗りつぶしてしまうのも有り。

もし仮に19.9万円で買った車が199万円へ価格上昇したらとても嬉しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする