外車

フォルクスワーゲン 6MTモデル発売 2015年6月11日より受注開始

フォルクスワーゲンは日本国内向けに6MTマニュアルトランスミッションモデルを2015年6月11日より受注開始します(フォルクスワーゲン M/T ラインナップ公式ページ)。設定されるグレードは次の通りです、「Polo GTI」 / 「Golf GTI」 / 「Golf R」の3車種。車両価格面とスペック面では大きな変更点は無いのですが、「Polo GTI」のみ6MTの車両価格がDSGトランスミッショングレードに比べて約7万円安いいのとトルクがパワーアップしています。

フォルクスワーゲン6MT

6MTとは

簡単に言うと3ペダル操作で(右足でアクセルとブレーキ、左足でクラッチを切ったり繋いだりする操作が必要)、手でギアをチェンジする操作をする必要のあるトランスミッションを持つ車の事で、一般的には6MTなら6段のギア+R(リバース)、5MTなら5段のギア+R、4MTなら4段のギア+Rの構成になります。

これは私が所有するGVBの6速シフトの写真です。手の操作によって1速→2速→3速→4速→5速→6速と言う具合にギアを変更するのですが、ギアを変更する時は必ずクラッチを踏んでギアを切り替える必要があります。

補足、AT限定免許では運転出来ませんので念の為。

20150010026

 

一番左がのペダルがクラッチです。ギアを切り替える時は右側のアクセルはOFFにしてクラッチを踏んで、上のシフトノブを任意のギアに切り替えてクラッチを離すと同時にアクセルをONにします。

MTカーって難しく思われますが慣れれば簡単です。最初は車を発車させる時の半クラッチのミートと言う感覚を覚えるのに少しの時間が必要になるのかもしれません。また坂道発進に付きましては現代の車では「ヒルアシスト」と言う一定時間後ろに下がらないドライバーサポートシステムがあるので、昔の様にサイドブレーキを左手で引いたまま坂道発進をする必要なないので坂道発進は特に気にしなくても大丈夫です。

 

20150010025

 

MTカー乗っていて一番辛いのは渋滞です。渋滞中のろのろ運転の状態だとクラッチ操作をする左足が30分もすると痛くなってきます。またDSGと比べてどちらが速いのかと言う事が購入時迷うと思われるのですが、はっきり言って一般ドライバーはDSGを選んが方が速いです。MTが遅いと言う理由はどうしてもシフトラグ(遅延)があるからです。

フォルクスワーゲンの6速シフトです。リバースは左上にあります。

20150010027

 

 

6MTモデルとDSGのスペック比較

トラクションコントロールの関係である程度ECUに変更が加えられていると思われるのでスペックの比較表を作ってみましたので良ければ参考にしてみてください。

Polo GTI

出力は同じなのですがトルクが6MTの方が大きい。

20150010030polo

6速MT7速DSG
車両価格(8%消費税込み)3,275,000円3,342,000円
車両サイズ 全長×全幅×全高(mm)3995×1685×1445
ホイールベース(mm)2470
トレッド幅 フロント/リア(mm)1440/1435
地上最低高(mm)115
定員5名
最小半径4.9m
エンジン型式DAJ
種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量1798cc
内径 x 行程(mm)82.5 x 84.1
圧縮比9.6
最大出力141kW(192ps)/4300-6200回転141kW(192ps)/4300-6200回転
最大トルク320Nm(32.6kg.m)/1450-4200回転250Nm(25.5kg.m)/1250‐5300回転
使用燃料無鉛プレミアムガソリンハイオク
サスペンション フロント/リアストラット式/トレーリングアーム式
プレーキ フロント/リアベンチレーテッド/ディスク

Golf GTI

スペック面では変更点無し。トランスミッションのみの違いです。

20150010030gti

6速MT6速DSG
車両価格(8%消費税込み)3,890,000円3,910,000円
車両サイズ 全長×全幅×全高(mm)4275×1800×1450
ホイールベース(mm)2635
トレッド幅 フロント/リア(mm)1535/1510
地上最低高(mm)130
定員5名
最小半径5.2m
エンジン型式CHH
種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量1984cc
内径 x 行程(mm)82.5 x 92.8
圧縮比9.6
最大出力162kW(220ps)/4500-6200回転
最大トルク350Nm(35.7kg.m)/1500-4400回転
使用燃料無鉛プレミアムガソリンハイオク
サスペンション フロント/リアストラット式/4リンク式式
プレーキ フロント/リアベンチレーテッド/ディスク

Golf R

こちらの車両もスペック面の変更は無くトランスミッションのみの違いとなります。

20150010030r

6速MT6速DSG
車両価格(8%消費税込み)5,390,000円5,404,000円
車両サイズ 全長×全幅×全高(mm)4275×1800×1465
ホイールベース(mm)2635
トレッド幅 フロント/リア(mm)1535/1510
地上最低高(mm)130
定員5名
最小半径5.2m
エンジン型式CJX
種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
排気量1984cc
内径 x 行程(mm)82.5 x 92.81
圧縮比9.6
最大出力206kW(280ps)/5100-6500回転
最大トルク380Nm(38.7kg.m)/1800‐5100回転
使用燃料無鉛プレミアムガソリンハイオク
サスペンション フロント/リアストラット式/4リンク式
プレーキ フロント/リアベンチレーテッド/ベンチレーテッド

マニュアルシフトMTカーはお勧めなのか?

DSG自動MTでも正直な所個人的には良いと思います。ただ「Polo GTI」だと6MTモデルの方が車両価格が7万円程安く購入できるのでその点のメリットは大きいと思います。他のグレードは価格差が2万円前後ですので個人的にはDSGを選んだ方が望ましい。

しかしながら何故また今頃MTなのでしょうか?これは男の「ステータス」と言うか老若男女問わずオートマチック車ならアクセル踏めば誰でも車は動きます。だけどMTカーの場合はシフトアップのタイミングとかシフトダウンのタイミングとかを間違えると車は本来持っている能力を発揮して走ることが出来ません。つまり、例えが悪いかもしれないのですが魚釣りが好きな人が「誰でも魚が釣れる釣り堀で釣りをしない(一部諸事情除く)」のと同じで、男のスポーツカー乗りの意地として誰でも運転できる車は嫌なのでMTをあえて乗る乗りこなす事にドライバーとしての満足感と優越感を持つことが出来る。ただこれだけだと思われます。本来ならオートマチック車の方が加速力やワインディングでのファースト・インとファーストアウトは速いのであります。

おすすめとかおすすめじゃないとかでは無くて、MTにメリットなどありません。燃費は悪いし渋滞が辛いし坂道発進も慣れないとエンストする事もあるだろうし。

ただ唯一メリットがあるとすれば、少しでも走る事が好きなら私はMTカーを選んで損はしないと思います。加速する時の伸びやかな心地いいマフラーサウンド、ワインディング走行時ヒールアンドトゥしている時のシフトダウン時のエンジンサウンドは格別です。

-外車