WRX STI / S4 フォグランプ交換とカバーの開き方と閉じる方法の説明

WRX(VA系)からフォグランプの交換がGV/GR系とは異なりフロントバンパーの横のカバーから簡単に交換できなくなってしまいました。

フォグランプ交換作業は簡単なのですが、交換する場所のカバーの閉じる方法が少し面倒なので詳しく動画を交えながら説明させて頂きます。

WRX フォグランプ 形状と必要な工具

フォグランプの形状はH16です(レヴォーグも同じ)。GR/GVのHB4形状は取り付けられないので念のため。LEDが良いのかHIDが良いのかは好み次第。LED(ハロゲンバルブ交換と同じ手順)の方が交換は簡単です。

必要な工具は10mmの長いT字レンチかラチェットレンチもしくは先端がやや太いプラスドライバーが必要です。

真ん中の長い工具がラチェットレンチ。ホームセンターで安く購入できます。

bm10067

フォグアンダーカバーの取り外し

フォグランプの真下にアンダーカバーがあるのですがそれを外すと言うかめくります。

2016-hidh16-20161108006

手で外す事ができるクリップ2つと奥に10mm(プラスドライバーでも外せる)のナットがあるのでこれを外してしまいます。

2016-fog-201611170010

明るい時に撮影したフォグ交換する時のアンダーカバーのクリップの写真。

2016-hidh16-20161108002

これが奥にある10mmのナット。見えにくい場所にある。

2016-fog-20161117009

奥にある見えにくいナットの写真もう一枚。

2016-hidh16-20161108003

レヴォーグはこの2つだけ外すとカバーをめくる事ができる。

2016-fog-20161117008

アンダーカバーを外している動画。クリップはエアインテークを固定しているクリップと同じで外したり取付するのはとても簡単です。

LEDフォグへ交換

アンダーカバーが外れたら純正バルブを外します。取り外し方はハイビーム交換の要領と同じでバルブを回すだけで取り外し出来ます。

純正ハロゲンバルブが車に装着されているイメージ。写真の様に指で摘んで回る方向に回すと外れます。車両に向かって右方向で外れるはずですが回らなければ反対方向に回してみてください。

2016-fog-201611170011

今回用意したLEDフォグランプはCREE-XHP50の3000ケルビン。両面チップが付いていて明るさの目安は6000ルーメン。

2016-fog-201611170013

2016-fog-201611170015

LEDバルブの取付は本当に簡単です。動画を作成したので是非見てください。配線を接続したら念のため先に点灯するかどうかテストしてからバルブを取り付けてください。

バルブをフォグユニットに取り付けるには、三枚の爪があるのですがこれをフォグユニットの溝に合うように併せて差し込んで回します。車両に向かって左方向で良いと思うのですがもし回らなければ反対方向に回してみてください。LED製品によっては硬い場合があります。

三枚ある爪は一つだけ小さいので外から何処が合うのか確認しながら取付します。

2016-fog-201611170012

LEDフォグの明るさはなかなか満足だがもうちょっと黄色いほうが好みです。

ドライバー目線の写真。LEDフォグだけを点灯した状態だがかなり明るい。

2016-fog-201611170016

真っ暗な場所でLEDフォグを点灯テスト。

2016-fog-201611170017

ヘッドライトかと思うくらい明るい。色温度は製品表記には3000ケルビンと記載がありましたが実際は4300ケルビン相当。

2016-fog-201611170018

ヘッドライト+LEDフォグランプ点灯の状態。

2016-fog-201611170019

ヘッドライトだけ点灯した状態。LEDフォグを消すと純正ヘッドランプの色温度は6000ケルビンなので真っ暗な場所は周りが少し見えにくい。

2016-fog-201611170020

アンダーカバーを元に戻す方法

アンダーカバーを元に戻すには、車両の外側のクリップから固定していきます。レヴォーグは不要ですがWRXは動画の手順で元に戻さないとカバーが固定されない。

HIDフォグへ交換

バラストがセパレートのHIDへ交換する場合は少し複雑です。

バラストの設置位置や配線が結構複雑なので、HIDへ交換する場合はショップでやってもらったほうが望ましいと思います。

2016-hidh16-20161108010

とりあえずLEDフォグ交換と同じ手順でアンダーカバーを外します。

2016-hidh16-20161108011

バラストを取り付ける

バラストを取り付けるのにホームセンターで別途エーモンのステーを2本用意しました。(LEDの場合不要。)

Unipower S007+WUKE 3Gの取付はマニュアルがいい加減だったので配線に少し困りました。H16バルブ本体だけの交換であればとても簡単です。特にLEDバルブは配線も複雑では無いのでお勧めだと思います。

先にバラストの取付からレビューさせて頂きます。(LEDとハロゲンの場合はこの作業は不要。)

運転席側のバラスト取付に使ったステー。

2016-hidh16-2016110804

助手席側のバラストを取り付けるのに用意したL型のステー。バラストの配線が短いのでバッテリー横に取り付けると配線が届かないので長いステーを用意しました。

2016-hidh16-2016110807

エアインテークの外し方はこちらの動画を参照。(フォグアンダーカバーのクリップの外し方も基本的に同じです。)

運転席側のバラスト取り付け位置です。エアインテークを外したらレゾネータチャンバーの前にネジ穴が一つありました。レヴォーグもボディ形状は同じなので恐らく有るはずです。ここに取り付けました。

2016-hidh16-2016110805

レゾネータチャンバーとバラストが干渉するのですが現状問題ない様子。

2016-hidh16-2016110806

助手席側にバラストを取り付けた写真。バッテリーの横のフレームにネジ穴があるので取り付けられます。

2016-hidh16-2016110808

最初はこんな感じに短いステーで取り付けたのだが配線がHIDバルブまで届かない。

2016-hidh16-2016110809

バラストとHIDバルブの配線と取付の説明

これが少し複雑でした。付属マニュアルが別の製品のものだったので悩みましたが何とか取付できました。

バルブ側の配線です。この黄色い防水樹脂があるソケットがバラスト側の赤いソケットに繋ぎます。

2016-hidh16-20161108012

バルブ側です。オスソケットに車両本体から繋がっているフォグのソケットを外して繋ぎます。

2016-hidh16-20161108013

フォグバルブから外した車両本体フォグのソケットです。ここに上のバルブ側のオスソケットを繋ぎます。

2016-hidh16-20161108015

HIDバルブから出ている青と赤の丸いソケットはバラスト側の同じ色のソケットに接続。

2016-hidh16-20161108017

バラスト側の青と赤の丸いソケット。

2016-hidh16-20161108016

バルブとバラストの配線が終わったら10分程度空焼きしてください。

これは異なる製品の空焼きしているシーンです。WRXやレヴォーグはバンパー下にバルブを垂らして(バルブが何処にも接触しないように工夫して)、スモールONにしてフォグランプをONにして10分そのまま点灯せます。

補足、写真はGVBです。VAとVM系にはバンパー横に開くパネルカバーは無い。

2016-hidh16-20161108018

HIDバルブの取付は、ハイビーム交換の手順と同じ要領で取り付けられます。作業は汚れても良いタオルか毛布を引いて寝そべって作業した方が交換しやすいです。

下図はタオルを引いて寝そべって作業しています。

2016-hidh16-20161108019

最後にフォグの点灯をチェックして作業完了です。

2016-hidh16-201611080110

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする