新型プリウスPHVはEVモード50kmの航続距離を持つ 発売は2017年頃

50型ベースのPHVシステムを搭載する「プリウス プライム」が2016年3月23日ニューヨーク国際モーターショーで初披露されました。次世代TNGA技術が取り入れられ低重心軽量化が施され従来よりも燃費が向上またEVモードでは60km航続距離を達成。発売は2016年冬頃に延期(新型プリウスPHV国内発売延期のお知らせ)。正式な発表は2016年10月28日だが9月上旬より予約注文受付開始。納車目安としては発売は12月24日とされている。予想販売価格は現行PHVよりも20万円引き下げられる見通しで320万円~420万円前後の設定。

2016年6月15日から17日開催のスマートコミュニティジャパン2016にて展示されていた新型プリウスPHV。

2016-t-phv0017

2016-t-20160803001

バッテリーを充電する事が出来るソーラーパネルをルーフトップに備え付けている。ソーラーパネルの配線基盤がすけて見えるのは展示用の為。

2016-t-phv0018

見る角度を変えるとこんなにもスポーティーに見える。一般的な展示車を撮影する角度。ヘッドライトレンズが細く鋭いキーンルックが強調されている。

ボディーカラー全9色が用意される。詳しくはこちら

2016-t-phv-003

ジェネレーターも駆動力を発生する事が出来るのでEVモードの加速力がすごいらしい。

アシスト用モーターは1NM型 最高出力72ps 最大トルク16.6kg.mなのだが、これにジェネレーター1SM型も最高出力31ps 最大トルク4.1kg.mを発生する。出力的には大した事はないもののこれが0回転からのパワーバンド内にあるのでそれを考えると可成りの加速性能を持つ。

EVモードの最高速度は時速135kmをマーク。

2016-t-phv005

真正面ややロアグリルを強調する角度から撮影すると迫力満点に見栄えする。ロアグリルの下が大きなアンダースポイラーに見えてすごくかっこいい。

2016-t-phv-001

リヤフェンダー側を強調した角度から撮影するとリヤゲートにかけてルーフがとても低いのがわかる。アウディTTクーペまでとは言わないがとてもスポーティな車に見える。環境重視だが強力な200ps前後発生するモーターを搭載した特別仕様車等だしてくれるとさらに人気化しそう。

2016-t-phv-002

日本国内で2代目「プリウスPHV」が頻繁に目撃されています。

2016-tphv001

ソーシャルネットワーク上では「かっこいい」と若者に大好評だ。今度のプリウスPHVはセミノッチバックで2016年現代版セリカ。

2016t-puri001

2016-tphv02

海外の自動車メディアが新型プリウスPHVの走行テストを行っている写真。エコカーながらドライブポジションはスポーツクーペの86と同じローポジション。2つのモーターによる鋭い異次元の加速力がどんなものなのか一度試乗してみたい次第です。

2016-t-priusphv-2

ヘッドライトは角目4灯で外側にはLEDアイラインが入る。恐らく夜にヘッドライトを点灯するとスーパーラグジュアリーなヘッドライトデザインだと思われる。

2016-t-priusphv-3

2016-t-priusphv-5

2016-t-priusphv-6

2016-t-priusphv-7

2016-t-priusphv-1

大人気の50型プリウスは予約の段階で4万台受注する程の大人気モデルとなり生産台数は月産15,000台を目標としているものの納期は半年以上待ちの状況です。ベースモデルよりもPHVの方がエクステリアはかっこよく仕上げられているのでもし納期があまりにも長い場合はPHVモデルも候補に入れてみてはどうでしょうか。

2016 プリウスPHV

世界初ルーフトップにバッテリー充電用ソーラーパネルを搭載。システムを起動していなくてもお昼間太陽光発電を行い駆動用バッテリーに動的に充電。

2016-phv006

次期プリウスPHVは“ICONIC Human-tech”(アイコニックヒューマンテック)デザインコンセプトが取り入れられ、一目見てPHVだと分かる斬新でスタイリッシュなエクステリアに仕上げられており、ベースモデルのプリウスとは大きく差別化されている。

2016-phv002

低重心を活かした伸びやかなシルエットで、クーペの様にCピラーのルーフがなだらかに低く設計されている。ホイールベースは2700mmもあるので室内はゆったり。

2016-phv003

空力性能をアイコニックかつエモーショナルにデザインしたリヤ側のデザイン。シビックタイプRプロトタイプに採用されていた様なラゲッジゲートをぐるりと一周しているリヤコンビネーションランプは斬新的。

2016-phv005

インテリアはマルチインフォメーションを表示閲覧できる大きなタブレット型11.6インチディスプレイを搭載。

2016-phv007

リヤシートは2名乗車出来る上質でホールド性のあるシート。

2016-phv008

ラゲッジスペース。駆動用リチウムイオンバッテリーがラゲッジスペース下に格納されているのですがゴルフバック2個積むことが出来る広さを確保。

2016-phv0010

2016年3月23日開催のニューヨーク国際自動車ショーで初披露。リヤのコンビネーションランプが大型リヤスポイラーの様にラインの様に点灯する斬新なデザインを採用。

2016puri50-001

ヘッドライトは角形4灯LEDヘッドライト、ロアグリル左右のフォグランプの外側はLEDイルミネーションランプ。

2016puri50-002

2016 プリウス プライム

2016puriusupuraimu001

2016puriusupuraimu0001

2016puriusupuraimu0002

2016puriusupuraimu0003

トヨタが2016年10月頃に発表を予定している注目の新型車の一つ「プリウスPHV」の情報です。現行プリウスとPHVは同じエクステリアデザインを持つのですが、今度の新型はエクステリアが差別化されます。特にフロント周りのデザインは大きく異なりPHVは4灯LEDヘッドライトを持ちフォグライトの所に大きなインテークデザインが採用されベースモデルよりもスポーティーなデザインを持つようになります。

エクステリアはすでに確定済との事。上が今度の新型ベースモデルプリウスでノーズ周りがトヨタの「T」をイメージしたデザイン。下がPHVです、ロアグリル周りはPHVの方が圧倒的にスポーティーです。

2017プリウスPHV

サイド側のエクテリアは然程違いはありませんが、ベースモデルのヘッドライトは切れのあるブーメラン型デザインをしています。一方PHVの方は若干ホンダを意識した感じもあり、新型レジェンドやS660の様な角型LEDヘッドライトを採用します。

四代目プリウス

2015phv-5

左が2015年10月発表の新型と右側が2015年6月発売中の現行PHVです。サイドのエクステリアはサイズステップの上にラインアクセントを付けたデザインを採用。フロントフォルムは現行版とは全く違うフェイスを持ちます。ただフロントバンパーのグリルにあるトヨタのエンブレムが取り付けられているガーニッシュは若干やはりホンダのデザインの用にも見えます。

2015phv-8

リア側のエクステリアは共通化でリアのガーニッシュは金属調では無く半クリアタイプのものが装着されるそうです。

201500100311

ボディーカラー

新型プリウスPHVはどのカラーが似合うのでしょう。

新色 スピリテッドアクアメタリック。2016年現在この車種にしか採用されないカラーリング。

2016-t-phv006

エモーショナルレッド。

2016-t-phv007

サーモテクトライムグリーン。

2016-t-phv008

スティールブロンドメタリック。

2016-t-phv0010

アティチュードブラックマイカ。

2016-t-phv0011

グレーメタリック。

2016-t-phv0012

シルバーメタリック。

2016-t-phv0013

ホワイトパールクリスタルシャイン。

2016-t-phv0015

スーパーホワイトⅡ。

2016-t-phv0016

2017新型PHVのスペック

現行PHVではEVだけで走れる航続距離は26.4km(JC08モード)ですが時期新型は約二倍の50kmもの航続距離を持つ。2015年10月発表の新型プリウスの軽量化と低燃費化(四代目プリウスはリッター40km/Lの燃費を誇る)を考えるとエンジンでの走行距離を加えると実質一回の充電と燃料補給で1000km以上もの航続能力を持つものと思われます。

  • 全長x全幅x全高 4645×1760×1470(mm)
  • ホイールベース 2700mm
  • 重量 1510kg
  • エンジン型式 2ZR-FXZ
  • 直四DOHCエンジン+モーター
  • 総排気量 1797cc
  • 最高出力 72.0kW(98ps)/5200回転
  • 最大トルク 142Nm(14.5kg.m)/3600回転
  • モーター 1NM / 1SM
  • モーター最高出力 72ps / 31ps
  • モーター最大トルク 16.6kg.m / 4.1kg.m
  • 駆動方式 FF
  • トランスミッション 電気式無段変速機
  • JC08モード燃費 37.0km/L
  • EV航続距離 60km以上
  • 予想販売価格 350万円より
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 天野恵司 より:

    発売までの詳細情報が知りたく、お願いします。

    • kagemarusuports より:

      2016年10月26日に発売と某雑誌には情報がありました。納期がかかりそうなのでもしプリウスPHVの新型をお考えであれば、先に充電インターフェースをどっちにするかをディーラの営業さんと相談するのもありかと思います。

      充電インターフェースには二種類選択できるようになっていて、一つは家庭用100V電源対応のものともう一つは急速充電対応の200V専用インターフェースを選べるようになるとの事。

      200V充電設備資料、パナソニックの資料が参考になると思います。
      http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haikan/elseev/prius_phv.html