*

新型プリウスPHVはEVモード50kmの航続距離を持つ 発売は2017年頃

公開日: : ニューモデルカー情報

50型ベースのPHVシステムを搭載する「プリウス プライム」が2016年3月23日ニューヨーク国際モーターショーで初披露されました。次世代TNGA技術が取り入れられ低重心軽量化が施され従来よりも燃費が向上またEVモードでは60km航続距離を達成。正式な発表は2016年10月28日。

日本国内で2代目「プリウスPHV」が頻繁に目撃されています。

2016-tphv001

 

ソーシャルネットワーク上では「かっこいい」と若者に大好評だ。今度のプリウスPHVはセミノッチバックで2016年現代版セリカ。

 

2016t-puri001

2016-tphv02

大人気の50型プリウスは予約の段階で4万台受注する程の大人気モデルとなり生産台数は月産15,000台を目標としているものの納期は半年以上待ちの状況です。ベースモデルよりもPHVの方がエクステリアはかっこよく仕上げられているのでもし納期があまりにも長い場合はPHVモデルも候補に入れてみてはどうでしょうか。

2016 プリウスPHV

世界初ルーフトップにバッテリー充電用ソーラーパネルを搭載。システムを起動していなくてもお昼間太陽光発電を行い駆動用バッテリーに動的に充電。

2016-phv006

次期プリウスPHVは“ICONIC Human-tech”(アイコニックヒューマンテック)デザインコンセプトが取り入れられ、一目見てPHVだと分かる斬新でスタイリッシュなエクステリアに仕上げられており、ベースモデルのプリウスとは大きく差別化されている。

 

2016-phv002

低重心を活かした伸びやかなシルエットで、クーペの様にCピラーのルーフがなだらかに低く設計されている。ホイールベースは2700mmもあるので室内はゆったり。

 

2016-phv003

空力性能をアイコニックかつエモーショナルにデザインしたリヤ側のデザイン。シビックタイプRプロトタイプに採用されていた様なラゲッジゲートをぐるりと一周しているリヤコンビネーションランプは斬新的。

 

2016-phv005

 

インテリアはマルチインフォメーションを表示閲覧できる大きなタブレット型11.6インチディスプレイを搭載。

 

2016-phv007

 

リヤシートは2名乗車出来る上質でホールド性のあるシート。

 

2016-phv008

 

ラゲッジスペース。駆動用リチウムイオンバッテリーがラゲッジスペース下に格納されているのですがゴルフバック2個積むことが出来る広さを確保。

2016-phv0010

2016年3月23日開催のニューヨーク国際自動車ショーで初披露。リヤのコンビネーションランプが大型リヤスポイラーの様にラインの様に点灯する斬新なデザインを採用。

2016puri50-001

ヘッドライトは角形4灯LEDヘッドライト、ロアグリル左右のフォグランプの外側はLEDイルミネーションランプ。

スポンサードリンク

 

2016puri50-002

 

2016 プリウス プライム

2016puriusupuraimu001

2016puriusupuraimu0001

2016puriusupuraimu0002

2016puriusupuraimu0003

 

トヨタが2016年10月頃に発表を予定している注目の新型車の一つ「プリウスPHV」の情報です。現行プリウスとPHVは同じエクステリアデザインを持つのですが、今度の新型はエクステリアが差別化されます。特にフロント周りのデザインは大きく異なりPHVは4灯LEDヘッドライトを持ちフォグライトの所に大きなインテークデザインが採用されベースモデルよりもスポーティーなデザインを持つようになります。

エクステリアはすでに確定済との事。上が今度の新型ベースモデルプリウスでノーズ周りがトヨタの「T」をイメージしたデザイン。下がPHVです、ロアグリル周りはPHVの方が圧倒的にスポーティーです。

2017プリウスPHV

 

サイド側のエクテリアは然程違いはありませんが、ベースモデルのヘッドライトは切れのあるブーメラン型デザインをしています。一方PHVの方は若干ホンダを意識した感じもあり、新型レジェンドやS660の様な角型LEDヘッドライトを採用します。

 

四代目プリウス

2015phv-5

 

左が2015年10月発表の新型と右側が2015年6月発売中の現行PHVです。サイドのエクステリアはサイズステップの上にラインアクセントを付けたデザインを採用。フロントフォルムは現行版とは全く違うフェイスを持ちます。ただフロントバンパーのグリルにあるトヨタのエンブレムが取り付けられているガーニッシュは若干やはりホンダのデザインの用にも見えます。

 

2015phv-8

 

リア側のエクステリアは共通化でリアのガーニッシュは金属調では無く半クリアタイプのものが装着されるそうです。

201500100311

2017新型PHVのスペック

現行PHVではEVだけで走れる航続距離は26.4km(JC08モード)ですが時期新型は約二倍の50kmもの航続距離を持つ。2015年10月発表の新型プリウスの軽量化と低燃費化(四代目プリウスはリッター40km/Lの燃費を誇る)を考えるとエンジンでの走行距離を加えると実質一回の充電と燃料補給で1000km以上もの航続能力を持つものと思われます。

予想販売価格は現行PHVよりも20万円アップが想定され、Sグレードが約350万円とGグレードが約370万円。発売時期はベースモデルの四代目プリウスが発売された後の約1年タイムラグを置いてからのリリース(2016年後半もしくは2017年初頭)となるそうです。

  • 全長x全幅x全高 4645×1760×1470(mm)
  • ホイールベース 2700mm
  • 重量 1510kg
  • エンジン型式 2ZR-FXZ
  • 直四DOHCエンジン+モーター
  • 総排気量 1797cc
  • 最高出力 72.0kW(98ps)/5200回転
  • 最大トルク 142Nm(14.5kg.m)/3600回転
  • モーター 1NM / 1SM
  • モーター最高出力 72ps / 31ps
  • モーター最大トルク 16.6kg.m / 4.1kg.m
  • 駆動方式 FF
  • トランスミッション 電気式無段変速機
  • JC08モード燃費 37km/L
  • EV航続距離 60km以上
  • 予想販売価格 350万円より
スポンサードリンク

記事を最後までお読みい頂ありがとうございました。m(__)m

よければこの記事をシェアしてくれるととても嬉しいです。

関連記事

トヨタ S-FR

トヨタのコードネーム270B「S-RF」 1.5リッターエンジン搭載FRスポーツ

AE85/86の再来となるか、トヨタが1.5リッターエンジンを搭載した車重1000kgを切るライトウ

記事を読む

ノートハイブリッド

日産ノートハイブリッドは2015年秋頃デビュー 燃費はリッター37.0km/Lを目指す

先日エクストレイルハイブリッドを投入した日産ですが今後続々とハイブリッドモデルが登場する予定です。次

記事を読む

2016 ホンダ アコード

ホンダの新型「アコードハイブリッド」情報 次期モデルはさらにパワフルなモーターを搭載した激速モデルに生まれ変わる

ホンダのシニア向けセダン「アコードハイブリッド」はよりパワーのあるモーターを搭載したハイブリッドシス

記事を読む

2015タイプRオーバーフェンダー

Honda Civic Type R Concept 動画 「レースなしではホンダはあり得ない」?

2015新型シビックタイプRの動画が公開されていると言うことで閲覧してみたのですが、HONDAの黒い

記事を読む

2016 トヨタ・アベンシス

トヨタの新型ワゴン「アベンシス」アルミホイールデザイン変更 2016年5月一部改良

日本逆輸入モデルでイギリスのトヨタモーターマニュファクトリー社のバーナストン工場で生産されている「ア

記事を読む

ge20150010021

マツダ新型スポーツコンセプト「RX-9」の情報

マツダ公式のニュースページに、スポーツコンセプトと言うスポーツクーペを10月30日から11月8日に一

記事を読む

フェアレディーZ35型

日産新型フェアレディーZ「Z35」2017年発表予定 ゴーン社長の意向で開発進行中

日産新型フェアレディーZの情報です。現行Z34型で生産終了かと心配されている車ですがゴーン社長の意向

記事を読む

ex0027

スバルEXIGA販売終了次期新型はEXIGA SUVを投入予定

スバルの7人乗りスポーツワゴンEXIGA(形式、YAM及びYA5)がすでに生産を終了しています。しか

記事を読む

2018hosibi002

ホンダの新型「シビック セダン」が日本で発売 2018年にタイプRも発売予定

2010年の8代目シビック(FD型)を最後に日本で生産を終了してしまった伝説の車が日本で復活するとの

記事を読む

2016 スズキ イグニス

スズキ新型1.2リッターハイブリッドSUV「イグニス」を2016年1月発売

スズキは2015年10月30日に開催された第44回東京モーターショー2015にて発表した新型のクロス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑