スバル「WRX S4 tS」コンセプトモデル2016年8月29日発表 VAG型に待望のSTIモデル発売

スバルの人気車種4ドアセダンWRXのオートマチックモデルVAG型に待望のSTIチューニングモデル「WRX S4 tS」コンセプトモデルが2016年8月29日発表されました。

正式な発表は2016年10月4日。エンジンルームの熱対策としてオイルクーラー装備とラジエタファンの強化が施される。

http://www.sti.jp/product/wrxs4ts/index.html

2016-s-201605001

発売価格は4,968,000円、ニュルブルクリックパッケージは5,292,000円(ドライカーボンGTウィング標準)。

SUPER GT第6戦・鈴鹿GT1000kmレース当日に展示。詳細な仕様は公開されていないもののSTIパーツショップ(VA#)で販売されているエアロとVAB型のタイプSと同じアルミホイール

WRX S4 tS コンセプト

フェンダーガーニッシュとフロントグリルに赤いアクセントラインそれにアンダー&サイドスカートそれにアルミホイール(133,920円/本 サイズは19インチ 8.5J +53 PCD114.3mm)を見ると一見S207の様にも見えるが、ブレーキキャリパーは4ポット対向。

2016-s-0831008

アイサイトの兼ね合いでブレーキはフロントのみブレンボ製でリヤ側はベースグレードと同じブレーキユニットとなる。上の写真でタイヤ隙間から黄色いダンパーが見える、恐らくビルシュタインのDampMatic®IIダンパー&コイルスプリング。

リヤ側は対向では無く浮動型ブレーキキャリパー。サスペンションに赤いコイルスプリングが見える。

2016-s-08310013

エンジンルームはフレキシブルタワーバー以外はベースグレードと同じ。

2016-s-0831009

ドライカーボン製リヤウィングはS207と似ているものの、ロゴが異なる。

2016-s-08310010

こちらがS207のドライカーボン製リヤウィング。

2016-s-08310015

マフラーは248,400円もする太鼓2のデュアルタイプのフィニッシャー。

2016-s-08310011

アイサイトを搭載する為FA20型エンジンはチューニング無しだが排気系のチューニングのみで低速でのトルクアップが期待できる。

2016-s-0831002

リヤバンパーにも赤いアクセントライン。

2016-s-0831003

リヤサイドアンダースポイラーが取り付けられているのでリヤアンダースポイラーも取り付けたい所。

2016-s-0831004

これがリヤアンダースポイラーです。

2016-s-08310016

S207と同じNBRオーナメント。

2016-s-0831005

サイドエアバック付きRECAROのセミバケットシートが2つ装備。これだけで712,000円。

2016-s-0831007

2016-s-08310012

シルバーセンターライン入りのウルトラスエード巻マフル地ファンクションスイッチ付きステアリングホイール。

2016-s-0831006

インパネはほぼVAB型と同じだが、アイサイトに関連する警告灯が追加されている。レッドゾーンはFA20型エンジンの為6500回転からレッドゾーン。VAB型は8000回転からレッドゾーン。

2016-s-08310014

WRX S4 tS 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4595×1795×1455mm
  • ホイールベース 2650mm
  • 2.0リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン (FA20型)
  • 最大出力 300ps/5600回転
  • 最大トルク 40.8kg.m/2000-4800回転
  • 駆動方式 4WD
  • トランスミッション スポーツリニアトロニック
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする