外車

スポーツ・カーで超目立つ車を探しているなら KTM・クロスボウ

オーストラリアのバイクメーカー「KTM」が製造販売しているレーシングカートを大きくした様な見た目が超派手なスポーツ・カー「X-BOW」の情報です。

フレームにカウリングが取り付けられただけのエクステリアはレーシングカーそのものですがライセンスナンバーを取得してこのままで公道を走る事が可能です。ただ車両価格がとても高価で、明確な提示価格はありませんが850万円から1300円すると言う情報があります。日本正規代理店は「ZOOM CO.,LTD」。

KTM・クロスボウ

 

パワートレーンは2.0リッター直列4気筒ターボエンジン、6MTトランスミッション、駆動方式はMR。車両重量は見た目よりも重たく790kg-847kg。OPELとボクスホールから限定販売されたコンバーチブルモデルのスピードスターよりも少し軽い印象でしょうか。

しかしながら見た目のインパクトはとても強く超目立つスポーツ・カーに乗りたいと言う方にはお勧めだと思います。

 

2016001001kurosu002

 

2016年現在販売されているグレードは3種類あり、スペックはそれぞれ次の通りです。

制動能力もメーカー公式スペックに公開されていましたが車重が軽いのでブレーキは気にしなくても良さそう。

X-BOW RX-BOW RRX-BOW R GT
ロングボディー 全長x全幅x全高(mm)3738x1915x1202
ホイールベース(mm)2430
定員2名
エンジン2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジン
最高出力304ps/6300回転289ps/6400回転
最大トルク40.7kgf.m/3300回転42.8kgf.m/3200回転
車重(kg)790847
0km/h-100km/h 加速時間3.94.1
最高速度(km/h)231
1000km/h-0km/h 制動能力フルブレーキングで停止出来る距離 32.9m
タイヤサイズフロント 205/40R17 リヤ 255/35R18
駆動方式MR
平均燃費(km/L)12.0
トランスミッション6速MT

スペックはかなりのものを持つものと思われますが、実用性は皆無。ルーフが無いのでコーナーでは安定して走れる利点はあるものの雨が降るとホロも無いので大変だと思われます。ステアリングはクイックリリースボスなので取り外して乗り降りするタイプ且つステアリング外しておけば盗難対策にもなる。

インテリアはほぼ「ドンガラ」の状態。フロアシフトのシフトレバーの位置を見るとスーパーローポジションだと思われ、乗ると絶対わくわくすると思います。

2016001001kurosu003

 

ダッシュボードと言うのかセンターコンソール延長線上にある液晶モニターがインパネ。

2016001001kurosu006

 

見た目は最高に素敵ですが、エアコンが無いので真夏と真冬運転するには厳しい。

 

2016001001kurosu005

 

左からクラッチとブレーキとアクセルの3ペダル。感覚がとても近い様にも見える。

 

2016001001kurosu007

 

むき出しダンパーキット。これならメンテナンスもしやすそうです。

2016001001kurosu0010

完全に趣味の世界ですが、軽量なのでタイヤは減らないしブレーキパッドやディスクローターの消耗も少ない、シャシーへのダメージも少ないしメリットは大きい。下手にR35を中古で買うよりもずっと運用コスト負担は軽微。

2016001001kurosu0011

2016001001kurosu0012

2016001001kurosu0013

2016001001kurosu0015

2016001001kurosu0016

2016001001kurosu0017

-外車