トヨタは「オーリス ハイブリッド」を2016年春頃に発売

トヨタが販売する車種としては比較的スポーツカー寄りのエクステリアデザインを持つ5ドアハッチバックモデル「オーリス」にハイブリッドモデルと120TにRSグレードが2016年4月18日追加販売されます。

パワートレーンは3代目である30型プリウスと同じハイブリッドシステム。1.8リッター直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE型)+モーターのFF駆動方式、トランスミッションは電気式無段変速機が採用され、オーリスハイブリッドのJC08モード燃費は30.4km/L。

発売価格 ハイブリッド 2,600,000円 / ハイブリッド G 2,830,000円。

2016 オーリス ハイブリッド

120T RSは既に販売されているオーリスRS(6MTトランスミッションのスポーツグレード)のパワートレーンに1.2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載しトランスミッションはCVTを採用。最高出力は116ps/5200-5600回転、最大トルク18.9kg.m/1500回転。JC08モード燃費は120Tと同じ19.4km/L。

RSのエクステリアはベースグレードとデザインは大きく変わらないがインテリアがスポーツシート採用など、走りにも拘りたいドライバー向けのデザインが採用される。

2016 120T RS

既にヨーロッパで販売されているオーリスハイブリッドの1.8リッター2ZR-FXE型エンジンスペックは、最高出力99ps/5200回転、最大トルクは14.4kg.m/4000回転を発生するエンジンスペックを持ちます。アシストモーターには「Permanent magnet AC synchronous motor」と記載があるのですがプリウスと同じ3JMモーターが搭載され、最高出力は82ps、最大トルクは21.1kg,mを発生します。時速0km/h-100km/hまでの加速時間は10.9秒、0m-400mの加速時間は17.5秒、最高速度は約180km/hとなります。車重は1310kg-1420kgとプリウスの1310kg-1400kgと変わりはありませんが、燃費がオーリスハイブリッドが25.6km/L(CVT)に対してプリウスは30.4km/L(電気式無段変速機)をマーク。

20151130002

エクステリアデザインは殆ど同でキーンルックフロントフェイスでフェンダーとリヤゲートに「HYBRID」エンブレムが取り付けされる意外大きなデザインの違いは無いものと思われます。直近のモデルチェンジに付きましてはベースモデルのオーリスは2015年4月マイナーチェンジが施されたばかりなので当面デザインやインテリアと装備が大きく変わることも無い。

20151130003

自動ブレーキアシスト機能はガソリン車グレードには120Tと180SとRSグレードに標準装備されている「Toyota Safety Sense C」が標準となると思われます。

20151130005

20151130006

20151130007

201511300010

ヨーロッパモデルのオーリスハイブリッドのインテリアです。シフトノブが小さく電気式トランスミッションでかっこいいです。販売価格目安としては、ヨーロッパモデルのオーリスアイコングレードハイブリッドモデルが21,095ポンドですので、1ポンド184円計算で約388万円。関税の関係で割高の価格設定となっている様です。日本版では180S目安だと2,376,000円よりの販売ですので概ね250万円未満の販売価格帯となるのでは無いかと思われます。

20151130008

オーリス ハイブリッド 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4330×1760×1480mm
  • ホイールベース 2600mm
  • 直列4気筒DOHCエンジン 2ZR-FXE型
  • 排気量 1797cc
  • 最大出力 99ps/5200回転
  • 最大トルク 14.5kg.m/4000回転
  • モーター 3JM
  • モーター最大出力 82ps
  • モーター最大トルク 21.1kg.m
  • JC08モード燃費 28.0km/L
  • 予想価格 250万円
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする