トヨタ2017年にヤリスでWRC復帰へ

トヨタが18年ぶりにWRCラリー世界選手権へ参戦。マイクロソフトとFIA世界ラリー選手権での協力関係で合意。WRCの活躍次第ではホットハッチモデル発売の可能性も。

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13770431/

マイクロソフトとの主な協力分野は分析プラットフォームの開発及びクラウドサービスを用いた競技データをチーム全体で共有とトヨタラリーファンへとのコミュニケーション強化。

2016-t-20160930001

復帰の目処は2017年度からだそうです。トヨタのラリーカーで有名なのはもちろんセリカだったのですが今ではそのブランドもカローラ店からはなくなってしまっているので注目すべきはどの車種で復帰参戦するのかと言うと、なんとヤリス(日本名ヴィッツ)で参戦するそうです。

ヤリスをラリー専用車両に改造して参戦。

トヨタ・ヤリス

2016年9月29日パリで発表されたMicrosoft提携ヤリスラリーカー

2016-t-20160930002

2016-t-20160930003

2016-t-20160930004

2014年からすでにYARISのWRCテストが行われていたそうです。

yarisu002

スーパー2000YARISのライバル。

フォルクスワーゲンPOLO-R

  • 車両タイプ 3ドアハッチバック
  • エンジン 1.6L直四DOHCターボ
  • 最大出力 315PS (232kW)/6,250rpm
  • 最大トルク 43.3kg.mf (424Nm)/5,000rpm
  • 駆動方式 4WD

poror

シトロエンDS3

  • 車両タイプ 3ドアハッチバック
  • エンジン 1.6L直四DOHCターボ
  • 最大出力 300PS (221kW)/6,000rpm
  • 最大トルク 35.7kg.mf (350Nm)/3,250rpm
  • 駆動方式 4WD

ds3001

ヒュンダイ・i20 WRC

  • 車両タイプ 3ドアハッチバック
  • エンジン 1.6L直四DOHCターボ
  • 最大出力 304PS/6,000rpm
  • 最大トルク 40.8kg.mf (400Nm)/5,000rpm
  • 駆動方式 4WD

i20001

フォードフィエスタRSWRC

  • 車両タイプ 3ドアハッチバック
  • エンジン 1.6L直四DOHCターボ
  • 最大出力 300PS (223kW)/6,000rpm
  • 最大トルク 45.0kg.mf (450Nm)/4,000rpm
  • 駆動方式 4WD

fo-kasu001

これらを迎え撃つのがYARISRS(フェイスブック)

スペックの詳細は不明なのですがTMGチューニングによる1.6L直四ターボエンジンが載せられているはずです。駆動方式は4WDなのでしょうか?動画を見る限り四輪かいているように見えます。また動画内ではアクセルを抜いた時にしっかりとバックダービン音も聞こえてきますよね。それにしても強烈なタービンサウンドです。

yarisurs

ホットハッチモデル

WRCに参戦するヤリス(日本モデルはヴィッツ)が好評であれば1.5リッターターボエンジンを載せたヤリスホットハッチモデル発売の可能性も。

ヴィッツホットハッチモデル

GRMNから台数限定発売と言うのもあるかもしれない。発売されなかったとしてもヴィッツをデカールでレプリカ仕様にしていく楽しみも増えますよね。

2016-t-20161015002

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする