MT車の交差点を右左折する時のクラッチ操作とシフトチェンジのコツ

教習所へ通う方からご質問の多いMT車で交差点を曲がる時のシフトチェンジとクラッチの操作説明。

説明を見て頂く前に必ずお読み下さい。当サイトの説明の通りに操作すると教習所の教官によっては注意を受ける場合があります。その点ご了承の程お願い致します。

当サイトの運転の概念としては自動車は走る凶器と言う考えのもと動いている自動車を如何に安全に素早く停車できるかを考えて説明させて頂いております。

交差点を曲がる時の注意点

交差点には前後から次の進入に注意しなければならない(常に頭の中でイメージをして下さい。)

上から順番にリスクが高い。特に自転車は左右確認せずに交差点へ進入してくる事が多くイヤホーン等をしていて音のインフォメーションも皆無な運転をしている事があるので右左折してくる自動車に気が付かないことが多い。

  1. 自転車
  2. 歩行者
  3. すり抜けバイク
  4. 同方向へ右左折してくる自動車

この様に右左折する時は必ず赤い矢印方向から人と自転車が交差点に進入してくるかもしれないと常にイメージして曲がって下さい。

これは左折時のイメージ。

右折時のイメージ。右折は焦って曲がろうとしてはいけません。この様な事例の場合は右後方から交差点に進入してくる自転車に特に注意しなければならない。

交差点を曲がる時のクラッチ&シフト操作

交差点を右左折する時は「交差点を曲がる時の注意点」を踏まえると歩行者と自転車が丁度交差点に進入する手前ではクラッチを切る用意をしておくもしくはクラッチを切った状態で右左折を完了してしまうのが運転的には楽ですしすぐに停車できる状態なので安全です。

緑の枠の手前くらいで即停車できるように運転すると良いでしょう。決して急いで右左折を完了させようと焦って運転してはいけません

左折時のクラッチとシフト操作動画。

左折する手前でクラッチを切って減速。クラッチは切ったままでシフト位置はそのままに前後の安全を確認して曲がる時にシフトチェンジすると良いです。

もちろんクラッチは切ったままなので人や自転車が交差点に入ってくるまたは通過中の場合はそのまま停車しローギアに入れれば良い。

クラッチは常に意識して運転しなければならない。これも左折時の動画なのですが、クラッチに足をかけようとするシーンが何度かあります。これは自転車や自動車が脇道から飛び出してきそうだったのですぐに停車できるようにと左足が反応しているシーンです。

これくらい自然に左足が反応するようになるまでは交差点右左折時はクラッチを切る準備をするかクラッチを切って曲がるかを意識して右左折して頂ければ良いと思います。

右折時のクラッチ操作とシフト操作。

右折の場合は曲前に前方後方確認している果ては直進車の通過待ちで停車している事が多く、右折できる状態であればクラッチを繋いだまま安全を確認しつつ右折を完了頂けます。

ただローギアで右折を開始した場合は発進したら何時もの通り2速にすぐにシフトアップしてください。そうすればスムーズに右折を完了する事ができます。

左折から右折のシフト操作の大きい動画。右折も左折もシフトダウンではなくてシフトチェンジを意識して操作して頂くとスムーズに右左折を完了する事ができます。

ただ教習所の教官によってはシフトダウンしなさい、交差点を曲がる時はクラッチを繋いだままで曲がりなさいと言う指導を行う場合もある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする