スリーボンドウルトラグラスコーティングNEOの感想とメンテナンスキット

ここ数年の事だと思うのですが、300万円前後の新車を購入時に値引きに含まれる事が多いコーティングサービス「スリーボンドウルトラグラスコーティングNEO」についてピックアップ。

実はこのグラスコーティングですが約5年前に購入したインプレッサGVBにも値引きとしてサービス施行して頂きました。そして今回WRXのVABを購入した時も同様に施行して頂いた次第ですが、感想としては大雑把に言うとボディカラーの光沢は維持されて満足なのです。

しかし細かい点を述べると細かい雨ジミが(白い輪っか跡)できてしまう次第です。

左が納車時のコーティングしたばかりのWRX-VAB型です。右がウルトラコーティングして約5年乗ったインプレッサGVB型です。

WRXとインプレッサ

VAB型はWRブルーパールの為少し濃い青色、右のGVBはWRブルーなのでどちらかと言うとGDBのブルーとよく似ている。5年間乗ったけど色褪せて無く購入時の色を保ってくれていると言う感じです。

スリーボンドのウルトラグラスコーティングNEOは1年点検を受ける事が条件ではあるが5年保証付き。

2016-suri-201610152

2012年2月にGVBで東京までドライブの様子を撮影したシーンの一部。ボンネットの色は2011年12月に納車したばかりのほぼまっさらのカラーです。上の約5年後の写真撮ほぼ色は変わらない。

2016-suri-201610153

雨ジミ

GVBの時に詳細の写真を撮っておけばよかったのですが、VABでもシミがひどいので記事を書いている昨日洗車したら綺麗さっぱり落ちましたが、雨ジミ跡がよくみると結構残ってました。

写真を撮影すると色が反射してわかり辛く目視じゃないとわかりにくい。

雨ジミがどんな感じなのかサンプル写真です。

コーティングの雨ジミ

GVBの雨ジミはこんな感じでしたが本物はもっと酷く白い輪っかがくっきり出てしまってました。しかも落ちない。

2016-suri-201610155

雨ジミはウルトラグラスコーティングNEOのメンテナンスキットで落とすことができると言うが。

2016-suri-201610156

洗車する前に撮影した雨ジミ。エアインテークの所に水滴が残りやすく雨ジミが沢山できる。

2016-suri-201610157

メンテナンスキットのコンディショナーを使ってみた

通常コーティング車は水洗いだけでOKのメンテナンスフリーなのでコンディショナーを使う必要はありませんが雨ジミが消えるかなと思い少しテストで使ってみました。

商品名は「防汚コーティングコンディショナー」品番6649E。メンテナンスキット付属の専用マイクロファイバークロスと一緒に使う。

2016-suri-201610158

専用マイクロファイバークロス 品番6644H。

2016-suri-201610159

洗う前の雨ジミ。昨日洗車した時の拭き残しが原因。

2016-suri-2016101510

軽く水洗い。

2016-suri-2016101511

拭き取りせずそのままクロスにコンディショナーを5プッシュ位吹きかける。

2016-suri-2016101512

濡れている状態でコンディショナーを塗る。

2016-suri-2016101513

クロスを絞って拭き取りした直後。雨ジミはパッとみわからなくなるがよく見ると跡が消えない。

2016-suri-2016101515

よく見るとシミ跡は残っているがそこまで気にもしていられないのでこれで良しと言う事で。

2016-suri-2016101514

コーティングメンテナンスキットの詳細

専用クロス 品番6644E。普段の洗車時に使用します。

2016-suri-2016101516

乾いていると硬い素材だが水を含むと柔らかくなる。水洗い&拭き取り用に使用する。

2016-suri-2016101517

専用マイクロファイバークロス 品番6644H。少し汚れが酷い時に使う。黄砂や埃っぽい状態の時に使用するクロス。

2016-suri-2016101518

広げると最初から柔らかいが、少し硬めのタグがついた面があるのでタグが付いた面は使わないほうが望ましい。

2016-suri-2016101519

防汚コーティングコンディショナー 品番6649E。恐らく雨筋や雨ジミになりやすい場所に洗車の際に塗ると良いと思います。上に掲載している専用マイクロクロスファイバーと一緒に使う。使う時は水で濡れたまま

2016-suri-2016101520

防汚コーティングクリーナー 品番6649C。雨筋(水垢のようなもの)クリーナーです。雨ジミが取り除けるかは不明。次の写真のスポンジで使用するのだが個人的には余り使わないほうが望ましいです。写真は無いですがGVBに一度使った時塗りすぎて白い粉が取れなくなった。

使う場合は目立たない場所で一度テストしてから使うと良いと思います。

2016-suri-2016101521

上の防汚コーティングクリーナーを使う時に使用するスポンジ。柔らかい方を使うと思います。

2016-suri-2016101522

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする