新型「86 スポーツワゴン」トヨタオーストラリアによるコンセプトモデルを公開

トヨタオーストラリアが「86 シューティングブレーク」コンセプトモデルを2016年5月に公開。車格は86クーペと同じだが3ドアのワゴンタイプに改良されている。

プラットフォームは86(ZN6型)のまま、エクステリアもほぼ同じだがルーフからCピラーに掛けて大幅なデザイン変更が加わるも、リヤコンビネーションランプやバンパーやディフューザーとマフラーフィニッシャー類は現行86と同じでリヤゲート周りのデザインに違和感を覚える。

86ワゴンの情報を取り上げているイギリスの自動車メディア(http://goo.gl/k4Lth6)によると、86チーフエンジニアの多田哲哉氏はシューティングブレークの開発に意欲的で現在テスト走行が行われているとの事。

パワートレーンはスバルが開発した新型水平対向4気筒直噴エンジンのFA20型で、最高出力200ps、最大トルク20.9kg.m。トランスミッションはベースモデル同様6MT/6速AT。

2016 86 シューティングブレーク

車両サイズはルーフから下のエアロ周りはベースモデルと同じなので、全長4240x1775x1320(mm)。

2016-86sb002

シューティングブレークモデルのリヤコンビネーションランプは2016年7月にビッグマイナーチェンジされる86と異なる。

2016-86sb0012

リヤゲートがノッチバックの様なデザインで私をスキーに連れてってで有名なセリカのようにも見えるし30型プリウスのようにも見える。

2016-86sb003

しかし、リヤゲートを開くとワゴンなのだ。

2016-86sb0010

スポーツワゴン試乗は実質スバルのレガシィとレヴォーグの独占市場状態なので、斬新なスポーツワゴンの発売はトヨタファンからの支持は大きいと思われます。特に86のセカンドシートは荷物置きにしか使えない等のハードルもあり実用性の高い86ならまた人気化する事は間違いない。ライバルはレヴォーグで地方のサーキットでバトルする姿を見られる日も近い。

2016-86sb005

2016-86sb006

2016-86sb007

2016-86sb008

2016-86sb0011

86シューティングブレーク レヴォーグ 主要諸元表比較

86 シューティングブレーク レヴォーグ 1.6GT レヴォーグ 2.0GT
ロングボディー 全長x全幅x全高(mm) 4240x1775x1320 4690x1780x1485
ホイールベース(mm) 2570 2650
車重 1210kg 1530kg 1560kg
定員 4名 5名
エンジン 2.0リッター水平対向4気筒DOHCエンジン (FA20型) 1.6リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン (FB16型) 2.0リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジン (FA20型)
最高出力 200ps/7000回転 170ps/4800-5600回転 300ps/5600回転
最大トルク 20.9kg.m/6400-6600回転 25.5kg.m/1800-4800回転 40.8kg.m/2000-4800回転
駆動方式 FR 4WD
JC08モード燃費(km/L) 13.0 17.6 13.2
トランスミッション 6MT / 6AT CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする