ガルウィングスポーツ BMW i8 2018年発売スパイダーモデルの情報

新型BMW「i8 スパイダー」2018年モデルスクープ写真を掲載。ルーフトップオープンモデルだがi8クーペと同じガルィング(バタフライドア)を採用。

BMW i8 2019年テストカー

ガルウィングを装備した超かっこいいBMW i8、見た目からはあまり想像できないコンパクトなエンジン1.5リッターツインターボ3気筒エンジン+ハイブリッド仕様。特徴はなんといってもフロントはモーター駆動でリアはエンジン駆動の実質四輪駆動でeDriveテクノロジーにより100%モーター走行にも切り替えて走ることも可能。それよりなにより燃費が良いと言う利点を持ちます。JC08モードの燃費は19.4km/L。燃費もさる事無がら高出力モーターがもたらす加速力も半端無く凄くて時速0→100kmまでのの加速時間はわずか4.4秒と、日本のスポーツカーならR35ぐらいしか太刀打ち出来ない並外れた加速力を持ちます。因みに最高速度は時速250km。

BMW i8

スーパースポーツしか採用しないガルウィング仕様です。上にガバっとドアを開いた状態がなんとも言えない存在感を醸し出します。

2015i8003

ハイブリッドなのですが徹底した軽量化を施されているので車重はわずか1500kgと大きなバッテリーを搭載するハイブリッドカーにしてはかなりの軽量です。

2015i8006

ボディー構成ですがキャビンはカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)で構成され、その他の大部分はアルミを使用します。軽量だけどカーボンファイバーはスチールと同等の衝突安全性能を持ちますので安全面や剛性面もバッチリです。

2015i8007

ホイールも大胆な20インチアルミホイールを装着、ブレーキディスクはドリルドローターを採用し足元もバッチリスポーツカーとして存在感をアピールしています。

2015i8005

内装はスポーツカーと言うよりも高級セダン的なデザインです。小さい丸型のステアリングに操作性の良さそうなシフトポジション。ドアミラーは今流行の短いステータイプのドアミラーを採用します。

2015i80010

2015i80013

このシフトインターフェースはプリウスに似ている感じがするのですがトヨタと提携しているので技術供与でこのようなインターフェースになっているのでしょうか。

2015i80012

スポーツカー分類と言うことでシートはセミバケット形状。4人乗りなのですがセカンドシートは無いに等しい。

2015i80015

おしゃれな三点式シートベルト。ECOをイメージしたカラーのベルトを採用。キャビンだけ見ているとガルウィングでスポーツカーにはとても見えないです。

2015i80011

2015i80016

主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 4600×1940×1300mm
  • ホイールベース 2800mm
  • トレッド幅 フロント/リア 1645/1720mm
  • 地上最低高 120mm
  • ハンドル 右/左を選べます。
  • 定員 4名
  • 重量 1500kg
  • 最小半径 5.8m
  • エンジン B38k15A型
  • 直列3気筒 DOHC12バルブツインターボ
  • 総排気量 1498cc
  • エンジン最高出力 170kW(231ps)/5800回転
  • エンジン最大トルク 320Nm(32.6kg.m)/3700回転
  • モーター P250
  • モーター種類 交流同期電動機
  • 定格出力 75.0
  • モーター最高出力 96kW(131ps)/3800回転
  • モーター最大トルク 250Nm(25.5kg.m)/0-3700回転
  • 駆動方式 FFはモーター
  • 駆動方式 FRはターボエンジン
  • 燃料 無鉛プレミアムガソリン
  • タンク容量 42L
  • バッテリー リチウムイオン電池
  • 個数 1個(96セル)
  • バッテリー電圧 355V
  • 容量 20Ah
  • 総電力 393V
  • 総電力量 7.1kWh
  • トランスミッション 電子油圧制御式6速AT
  • サスペンションフロント ダブルウィッシュボーン式
  • サスペンションリア マルチリンク式コイルスプリング
  • フロントリア共スタビライザー付き
  • ブレーキフロント ベンチレーテッドディスク
  • ブレーキリア ベンチレーテッド
  • タイヤサイズフロント 195/50R20
  • タイヤサイズリア 215/45R20

補足、リチウムイオンバッテリーの保証は新車登録されてから8年または走行距離10万キロまで保証されます。

新しいプラグインハイブリッドシステム

充電するだけの為のエンジンを載せているのでは無くて駆動力にも使えるハイパワーターボエンジンを搭載するので、気分次第で時にはモーターだけで静かに走り時にはスポーツモードで4WDでバリバリエンジンサウンドを楽しみながらドライブを楽しむことが出来ます。

充電は標準付属のケーブルで可能なのですが200V電源が必要になります。200V電源の設備はBMWへご相談が必要。

2015i80017

手元のスマートフォンで車のバッテリー残量や走行できる距離を計算したりエアコンを作動させておいたりキーをドアロックしたり解除したり等の操作が出来ます。BMWから無料でアプリが提供されているのでオーナーはダウンロードしてスマートフォンまたはタブレットにインストールすれば利用する事が出来ます。

2015i8008

気になるお値段

http://www.bmw.co.jp/jp/ja/insights/corporation/bmwi/price/i8/index.html

ドイツ本国では12600ユーロ(約1700万円)で販売されていますが、日本での販売価格は1966万円(8%消費税込みの価格)です。グレードは1種類のみですがステアリングタイプが左または右のものから選んで購入可能。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kagemarusuports より:

    初期のタイトルで1億7千万円って書いてしまったのですが。申し訳ありません電卓の計算ミスでした。正しくは1千700万円でした。ご了承願います。
    m(__)m

  2. 小姑 より:

    素人さんならまだしも、これをガルウィングと言ってしまうのはどうかと思うが。