ニューモデル

レクサス LF-SA ウルトラコンパクトコンセプトカーを発表

2015ジュネーブモーターショーにてウルトラコンパクトコンセプトカーレクサス LF-SAをワールドプレミア。コンセプトはドライバーが自分で運転する喜びを表現したデザインスタディモデルで、名前の由来は「LEXUS FUTURE SMALL ADVENTURER」未来の小さなな冒険者を意味したとの事。企画した会社はフランスに拠点を置くEDスクエア。

LF-SA

 

都会をメインに運転する事を目的とした全長3450mmと言う超コンパクトサイズ。見る角度によって異なるフォルムを見せる彫りの深い造形を採用しているそうです。テールのエアロしたのディフューザーを見ると一見SUVにも見えるのですがそう言ったコンセプトでも無い様子。

 

lfsa002

4シーターには見えない作り。ハッチバックスタイルなのでセカンドシートもクーペ程狭くは内容に思えます。ホイールが大きくて20インチはありますでしょうか?斬新的なデザインのホイールもよく目立ってます。

 

lfsa003

彫りの深いと言う意味がなんとなく真後ろから見るとわかるような気もします。レクサスの「L」デザインを無数に取り入れていますよね。

 

lfsa005

全幅1700mmと言うコンパクトサイズの車なのに正面から見たら大きな車に見えます。大胆なスピンドルグリルのせいでしょうか。

 

lfsa006

 

主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 3450×1700×1430mm
  • ホイールベース 2570mm
  • トレッド幅 フロント/リア 1525/1520mm
  • 地上最低高 160mm
  • ハンドル 右
  • 定員 2+2シーター 4名

キャビン

ドライバーメインのキャビンは運転席固定タイプ。ハンドルとペダル位置を調節してドライブポジションを調節。インパネはホログラムタイプのデジタル式を採用し未来感たっぷりのデザインを取り入れたそうです。

lfsa007

 

LF-SAの近未来を取り入れたインパネ。

 

lfsa008

 

走りだすとまるでスタートレックの世界の様に、インパネの情報が3D描画の様に移り変わります。

 

lfsa0010

 

キャビンを真上から見た写真です。シート自体はフルバケットのような感じではなく優しくホールドしてくれるような形状をしていてどちらかと言うとデザイン重視でしょうか。運転席固定型と言うのも変わった発想ですよね。リクライニング出来ないのは若干つらいかもしれないのですがその方がドライブポジションがしっくり馴染むと思います。

 

lfsa0011

 

 

-ニューモデル