ロータス新型「エリーゼ 250 スペシャルエディション」車重わずか899キロのスポーツカーを日本台数限定発売へ

ロータスから超軽量のスポーツカー「エリーゼ 250 スペシャルエディション」を日本台数限定発売決定、販売価格は日本円で約9,400,000円で先着順。車重はエリーゼカップよりも更に軽い899kgにトヨタ製1.8リッター4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載。

エリーゼ 250 スペシャルエディション

走行パフォーマンスは0-100km/h加速タイム4.3秒(マイル計測値 0-60mhp 3.9秒)、最高速度時速248km/hをマーク。

パワートレーンはエリーゼカップと同じ仕様(サスペンション&ブレーキユニットも同じ仕様)の1.8リッターDOHCスーパーチャージャーエンジンで最高出力246ps/7200回転、最大トルク25.4kg.m/3500-5500回転を発生。駆動方式MR(エレクトロニックディファレンシャル・ロック付き)、トランスミッションは6MT。

2016-lo-20160826002

エリーゼ250スペシャルエディションはフロントアクセスパネル&スプリッター、リヤゲート&スポイラーにカーボン素材を採用し軽量化が図られている。

ルーフトップカバーはオプションでカーボンルーフトップを用意。

2016-lo-20160826003

246psエンジンで車重がわずか899キロと向かう所敵無しのスペックを持つのですが、ESP(横滑り主にオーバーステア防止)に2つのモード「スポーツ又はレース」が用意されていて、スポーツモードで走ることでオーバーステア無く軽快にドライブを楽しめる様設計されている。逆に考えるとESPをレースモードにすると少し踏むと重量によるダウンフォースがないのでリヤが空転する事になりそう。

2016-lo-20160826004

軽量ゆえにカーボン素材のリヤウィングの角度が大きく付けられているので可成りのダウンフォース高架を得られそう。

2016-lo-20160826006

タイヤサイズはエリーゼカップと同じフロント195/50 ZR16、リヤ225/45 ZR17。タイヤ種類はYokohama Advan A048セミスリック。

2016-lo-20160826007

インテリアはどんがら感のあるレーシーな仕上がりでフルバケット標準装備。

2016-lo-20160826005

エリーゼ 250 スペシャルエディション 主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 3800×1720×1130(mm)
  • ホイールベース 2300mm
  • エンジン 1.8L 直列4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン
  • 最高出力 246ps/7200回転
  • 最大トルク 25.4kg.m/3500-5500回転
  • トランスミッション 6MT
  • 駆動方式 MR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする