2016東京オートサロン発表された日産のエクストレイルニスモ

日産の人気ハイブリッドSUV「エクストレイル」のニスモ仕様が2016年1月15日から開催されている東京オートサロンで出展されました。

ベースモデルは「エクストレイル 20x」、パワーユニットは非ハイブリッドの2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン(MR20DD型)、最高出力147ps、最大トルク21.1kg.mを発生するモデルにニスモオリジナルエアロパーツに減衰力最適化ショックダンパーキットとスポーツマフラーなどのライトチューニングが施されています。

2016日産ニスモエクストレイル

見た目はSUVなのだがフロントリップスポイラーにスキッドプレートと言うフロントデザインが採用されていて、独特のニスモレッド(市販されていない専用色)ラインがロアグリル上に入る。Vモーションのあるダーククロームグリルは参考出品。

20160116nisuekusu002

ダンパーの減衰力は最適化されているものの地上最低高は200mmから変更は無い様子ですが、リップスポイラーにサイドステップにリヤデュフューザー付きバンパーが装着されるのでやや地上最低高は低くなりリップスポイラーが結構大きいので40mmは下がるのでは無いかと思われます。

20160116nisuekusu003

リヤルーフスポイラーも参考出品との事ですが、あとづけ感なくこれも市販される可能性は高いと思われます。

20160116nisuekusu006

参考出品とと言うことですがデュフューザー付きリヤバンパーにセンターリヤフォグ取り付け場所が設けられたパーツが取り付けられています。これはほぼ製品化する感じがありありで、リヤフォグが無いのはフォグだけオートサロンに間に合わなかったのではないかと思われます。

20160116nisuekusu007

ステンレスマフラー左デュアルマフラーフィニッシャーは既に市販されている。

20160116nisuekusu008

サイドから見た写真ですが余り違和感が無い。少しエアロが組み込まれているなと思われるも比較的おとなしめのエクステリアです。ニスモノートの様にもう少しニスモレッドのラインを強調して欲しいような感じがします。

20160116nisuekusu0010

このエクストレイル専用デュアルスポーク風アルミホイールも市販されています。装着タイヤはダンロップのオンロード様SUV向けタイヤ「GRANDTREC PT3」を装着、サイズは225/55R19とかなりインチ数が大きい。

20160116nisuekusu0011

ヘッドライトユニットは横VラインのLEDイルムネーションランプにメインバルブはプロジェクター式でハイビームはリフレクタータイプとなる。

20160116nisuekusu0012

フロント側はすごく良い感じです。全体的にバランスの取れたアクセントを持つエクステリアデザインに仕上がっているのですが、可能であればモーターパワーの方が強力なのでパワートレーンがハイブリッドモデルでニスモチューニングを施したエクストレイルをリリースして欲しいと願います。

20160116nisuekusu0013

2016 エクストレイルニスモ 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4640×1820×1715(mm)
  • ホイールベース 2705mm
  • エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン(MR20DD型)
  • 最高出力 147ps/6000回転
  • 最大トルク 21.1kg.m/4400回転
  • 駆動方式 FF
  • トランスミッション CVT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする