三菱の次期RVRはFF駆動方式で163ps強力モーターを搭載するPHEVとしてモデルチェンジ

ランサーエボリューション(元を言うとギャランです)のフロントフォルムデザインを継承する三菱のRVRが2016年フルモデルチェンジされます。エクステリアは一新され、フロントグリルのデザインはアウトランダーが採用する「ダイナミックシールド」が採用されます。パワートレインはハイブリッドシステムでは無く三菱が力を入れているPHEVで搭載するエンジンは発電と駆動も担う方式を採用し駆動方式はFF+163psもの巨大なパワーを持つモーターを搭載します。

2016年3月3日より開催のジュネーブモーターショーでいよいよRVRの新型が披露されます。ボディーカラーが大胆なミッドグレーにドアミラーとホイールのリムそれにフォグベゼルにインテークモールがオレンジ色に塗装され強烈なインパクトをもたせています。手前がexコンセプトで向こう側にRVRです。

2016rodosutah-0032

エクステリアは若干変更が加えられると思われますが、現行3代目RVRのエクステリアの元となったコンセプトCXの事を思うと概ね決定されたデザインになるものと思われます。エンジンは発電用と駆動用にも用いられる1.1リッター直列3気筒DOHCターボが搭載される予定で最高出力は136ps/6500回転+163ps高出力モーターの構成で燃費は28.0km/L前後になる模様。

三菱 2016新 型 RVR

上段の左は新型、右は現行3代目のRVRです。新型はギャランの面影は全くなく、下段左側の初代と下段右側の写真2代目RVRと3代目がそうであった様に全く別の車に進化します。

補足、グリルガードは今の法律では車に取り付ける事は出来ません。初代が販売されていた1991年頃はデリカもグリルガードが装着出来ていましたが今の道路交通法では禁止されています。

RVR 初代2代目3代目新型

エクステリアは超かっこいいのだが、駆動方式が残念ながらFFとなるので三菱の売りであるS-AWCの設定は無いと言うことになってしまいます。もちろんAYCも搭載出来ないのですが、モーターによるトラクションコントロールは期待度が高い。三菱はなんといってもトラコン、この技術だけはランエボの様に捨てない欲しいです。

2015j20150071

モーターショー向けとは言えSUVにセミスリックタイヤを履いてデュフューザー付きアンダーカバーに派手なリアフォグランプを装着。ラフロードを走る事を前提としてないスポーツSUVジャンルの位置づけとなるのでしょうか。

2015j20150073

スタイル的にはハッチバックですがまるでクーペの様に流れる様なインパクトの高いエクステリアで、スポーツSUVとして差別化を図る。リアゲートの真ん中には大きな「三菱」のエンブレムが装着されている。

2015j20150072

これだけ大きなエアーインテークだとライセンスプレートはランエボの様に助手席側の方へずらして装着となるのか、もしくはバンパーガーニッシュが装着され真ん中にライセンスプレートの装着となるのかが気にる所です。

2015j20150075

ランエボのライセンスプレート位置。インタークーラーがロアグリルに配置されている為だと思われます。

2015j20150082

2015j20150076

2015j20150077

2015j20150078

2015j20150080

2015j20150081

2016 RVR PHEV 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4490×1800×1620(mm)
  • ホイールベース 2590mm
  • 直列3気筒DOHCターボエンジン
  • 排気量 1100cc
  • 最大出力 136ps/6500回転
  • 最大トルク 15.8kg.m/4500回転
  • モーター最高出力 163ps
  • トランスミッション CVT
  • 駆動方式 FF
  • JC08モード燃費 28.0km/L
  • 予想価格 270万円

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする