スバルの新型スポーツクーペ「BRZ 2016」ブレンボブレーキ装着にエンジンパワーアップ等大幅改良

スバルの2ドアスポーツクーペ「BRZ」は2016年7月5日一部改良されるのですが、新型BRZ上位グレードになんとブレンボブレーキキャリパーとディスクローターが標準装備。

またMTとATモデルのエンジンスペックに差別化、6MTモデルは最高出力207ps、最大トルク21.6kg.mへパワーアップ。

北米先行発売のパフォーマンスパッケージ発売「100台限定販売 BRZ特別仕様

公開されたBRZの写真にもくっきり「Brembo」のロゴが見て取れ、赤く塗られたキャリパーがとてもまぶしい。Bremboブレーキキャリパー&ディスクローターは2016年秋頃発売の「BRZ GT」グレードに標準装備。

2016 BRZ ブレンボ

BRZ 2016年7月発売のE型 一部改良内容

フロントバンパーを改良、ロアグリルエアインテーク大型化。

フロントヘッドライトとリヤコンビネーションランプのデザインの変更。

パワーユニットのパワーアップが施され、搭載するFA20型水平対向直列4気筒DOHCエンジンの最高出力は200ps→205psへ、最大トルクも20.9kg.m→21.5kg.mへとパワーアップ。尚、今後開発モデルについてはターボ又はスーパーチャージャー等の搭載予定は一切ない。

新設計のアルミ製インテークマニーホールド。

エキゾーストマニーホールドの設計変更。

強化リヤスタビライザー。

ストラットタワーバー。

ショックダンパーの減衰力最適化バネレートの変更。

VDC含むトラクションコントロール機能のバージョンアップ。

2016 スバル BRZ

2016-suabru-brz005

2016-suabru-brz006

2016 BRZ パフォーマンスパッケージ 主な内容

SACHS製ショックダンパーキット。

専用デザインの17インチアルミホイール。センターキャップスバルエンブレム。

Brembo製4ポットキャリパー&大型ディスクローター。

専用マルチラインクションスイッチ付きステアリング。

17インチアルミホールと比較するとディスクローターが異様に大きいことが分かる。このアルミホイールのデザインはENKEIのOEMの可能性が高そうですよね。

2016-suabru-brz008

新型BRZの記事を掲載した海外メディアに明記はされて居なかったのですがもしかしたらパフォーマンスパッケージにはアルミ製のリヤスポイラー標準となる可能性もある。掲載されていたリヤスポイラーの写真。低いタイプだがGTウィング風でかっこいい。

2016-suabru-brz007

公開された動画。ホワイトカラーのモデルがベースグレード、ブラックカラーのモデルがパフォーマンスパッケージ。足はビルシュタインダンパーでは無くSACHSとなるが動画を見る限り突き上げ感は無く比較的なめらかな挙動。

2016年 100台限定販売 BRZ特別仕様

http://www.subaru.jp/brz/brzyellow/

完売価格 3,369,600円(6MT) / 3,429,000円(6速AT)。

特別仕様の内容は北米で販売されたパフォーマンスパッケージと同じ内容だと思われます。ボディカラーはなんとサンライズイエローではなく「チャールサイト・イエロー」だ。

2016s-brz-1

2016-s-brz-006

2016s-brz-2

2016s-brz-3

2016s-brz-5

2016s-brz-6

2016s-brz-7

2016 BRZ 主要諸元表

  • 全長x全幅x全高 4240×1775×1320mm
  • ホイールベース 2570mm
  • FA20型 水平対向4気筒DOHCエンジン
  • 6MT 最大出力 207ps/7000回転 / 最大トルク 21.6kg.m/6400-6800回転
  • 6AT 最大出力 200ps/7000回転 / 最大トルク 20.9kg.m/6400-6600回転
  • JC08モード燃費 11.8km/L(6MT) 12.4km/L(6AT)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gafujin より:

    足廻りやブレーキ関連が強化され、パワーアップも施されたBRZが登場するとの事ですが、ターボが換装されないのは残念です。

    というより、様々な改良施策がされながら、「何故ターボ化のみを避けるのか」という意図が理解できません。

    かげまるさんのお知り合いの方が所有されているターボ化された86や、峠バトルとなったチューン・アップBRZの走りの良さを動画で見るに付け、上記の懸念を隠せずにはいられません。

    回頭性や路面への追随性の良さは動画からでも見て取れ、スクエアストロークのFA20はターボ化される事によって低速トルクの厚みを遺憾なく発揮しております。

    素性が良い車なのに、どうしても今一つ「物足りなさ」が否めないのが惜しいところです。

    • kagemarusuports より:

      足回りとブレーキが強化されたのですが馬力はたったの5馬力アップにしか見えないのですが、もしかしたらもっとフラットなパワーバンドの可能性もありそうです。シリンダーヘッドとカムシャフトも設計変更とありました。

      NAで突き詰めるのも面白いかもしれないですよね。パワーを求めるならWRXやレヴォーグもしくはS4と言う線もありなのですがトヨタで扱ってないのがネックですものね。

  2. ヘッドホンスケルトン より:

    新型はなかなかクールにきまってますね。ターボ化されないのは少し残念ですが、NAならではの楽しみがあるので期待できそうですね。 ターボキットをつけて力強い走りをするのも面白そうです。
    いろいろカスタムして人それぞれ違ったBRZを作るのが楽しそうですね。

    • kagemarusuports より:

      新型はあくまでも足まわりありきの様な印象です、ターボ化すると値段が高くなるので設定しにくい側面もあるのかもしれませんよね。コスワースとかトラストそれにHKSのスーパーチャージャー又はターボキットあるので、必要な人はキット取り付け的な感じですかね。

      NAで楽しむのも全然ありはありなのですが、例えばヒルクライムは完全に捨てるとか気持ちの切り替えが必要になる場面もあるので微妙ですよね。