アウディ新型「TT RS クーペ」ハイスペックモデルを2016年秋頃発売

アウディの人気スポーツモデルTTシリーズに「RS」の新型モデルが2016年4月25日北京モーターショー16初披露。

エクステリアは斬新なグリルがquattroロゴ入りでホワイトカラーにフロントエアロがシルバー塗装されたインパクトの高いデザインで、Audi拘りの美しいヘッドライトデザイン(マトリクスLED)とリヤコンビネーションランプが装着されている。しかもリヤコンビネーションランプはオプションで有機発光ダイオード(OLED)が用意されている。

パワートレーンは2.5リッター直列5気筒DOHCターボエンジンの400ps、最大トルク48.9kg.mまで引き上げられる。走行スペックは0km/h-100km/h加速タイムはわずか3.7秒(ロードスターモデルは3.9秒)と驚異的な加速能力を持つ。駆動方式はquattro、トランスミッションは7速AT(7速Sトロニックデュアルクラッチトランスミッション)。

2016 TT RS クーペ

リヤコンビネーションランプ。LED式とOLED式がどう違うのかわからないがとても綺麗。

2016tt-rs0013

ロードスターモデル。ボディ剛性強化の為にクーペモデルよりも重量増となる。

2016tt-rs0011

リヤ側のスポイラー(羽)は追加料金無しで有り無しを選べる他、標準装備で巨大なディフューザー標準装備。最適化されたサスペンションダンパーキットに、フロント大口径370mmディスクローターブレーキユニット。ブレーキはオプションでカーボンセラミックディスクローターへ交換可能だ。

2016tt-rs002

2016tt-rs003

2016tt-rs005

2016tt-rs006

2016tt-rs007

イギリスの自動車メディアオートエクスプレスがテスト走行している「TT RS クーペ」の写真を掲載。

TT RS クーペ

こちらはオープンカーである「TT RS ロードスター」。写真を見る限り現行の「TT ロードスター」との差別化は見られないが、一番の違いはヘッドライト下のメッシュカバー。

アウディ TT RS ロードスター

予想パワートレーンは「RS 3」と同じ最高出力367ps、最大トルク47.4kg.mを発生する2.5リッター直列5気筒DOHCターボエンジン(CZG型)。因みに2010年発売された「TT RS クーペ」は同じ2.5リッター直列5気筒ターボだがCEP型エンジンで最高出力340ps。

RS 3は車重1560kgもあり重たい車ですがCZG型エンジンは0-100km/hをわずか4.3秒で到達する事が出来る脅威のスペック。最高速度はもちろんリミッター上限の時速250km/h。このパワーユニットを軽量なTTシリーズに乗せるとなるともっと速く仕上がりそうです。

駆動方式はこれだけのパワーを持つならquattro(4WD)以外考えられず、トランスミッションはもちろん高速シフトチェンジする「7速Sトロニックデュアルクラッチトランスミッション」。0-100km/hを4秒切れるかも知れない。

2016auttro002

排気量の大きい2.5リッターエンジンを積むのでマフラーの出口(クーペは4本出し、ロードスターは2本出し)がクーペもロードスターも大きい。

2016auttro0015

車両サイズは2010年発売モデルは当時発売の「TTS」と同じ車両サイズでしたので、今回も現行「TTS」に近い車両サイズ(全長4190x全幅1830mm)になるものと思われます。 乗車定員はクーペ 4名、ロードスター 2名。

2016auttro003

RSテストカーを横から撮影した写真です。現行「TTS」標準装備の10Vスポークデザインパートリーポリッシュト 8.5Jx18 ホイールと同じ。タイヤサイズは245/45R18なので367psもの巨大な出力を受け止めるには265/40R18前後が良いと思われる。

2016auttro005

リヤのコンビネーションランプも現行2015年8月フルモデルチェンジしたTTシリーズとデザインは殆ど同じ。

2016auttro006

販売予想価格はクーペ860万円前後。詳しい情報確定次第追記させて頂きます。

2016auttro007

2016auttro008

2016auttro0016

2016auttro0017

2016auttro0018

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする