GM2016新型「カマロ ZL1」発表 最高出力650ps 6.2リッターV8スーパーチャージャーエンジン搭載

ゼネラル・モーターズのシボレー・カマロハのイエンドモデル「ZL1」大排気量ハイパワースポーツ・カーの最新モデルを2016年3月16日発表しました。

6.2リッターV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し最高出力は650ps、最大トルクは88.5kg.m。6.2リッターNAエンジンでも十二分な馬力とトルクが発生するのにそれにスーパーチャージャーを搭載しているなんてものすごいです。巨大なパワーを受け止めるのはフロント285/30ZR20、リヤ305/30ZR20。タイヤはグッドイヤー イーグル F1 スーパーカータイヤ

トランスミッションは6MTまたは10速ATの設定とありますがMTだと信号から発信するだけで常にホイールスピンしそうなスーパーカーです。

販売予定時期は北米では2016年末までにリリース開始が予想されています。

2016kamaro001

エクステリアは現行型6代目カマロと似ているようで似ていない。フロントフェイスはロアグリルが大きくてヘッドライトユニッtもさらに細いレンズが採用されていて、ボンネットのパワードームが強調されている。

このデザインは100時間以上掛けて空力と大排気量エンジンの冷却を検証して得たフォルムで無駄に派手な演出ではなく全て実用性を考慮している。ロアグリルのカバーも冷却&空力を考慮したデザインでなんというのでしょうね。フロントリップは殆どスプリッターの様です。

2016kamaro0010

プラットフォームは2012年からキャデラックに導入されている「GM ALPHA PLATFORM」アルミニウムと高強度の鋼が用いられている軽量高剛性と理想的な重量配分を持つプラットフォームが新しいZL1に導入。

リヤのエクステリアは控えめに見えるスポイラーにイルミネーションランプの様なラインを描くLEDポジションランプ、リヤバンパーが大きいので余り目立たないがとても大きなデュアルマフラーが左右から出ていて現車は恐らく大迫力。

2016kamaro002

2+2シートもルーフがリヤに掛けて非常に低いフォルムをしているのでセカンドシートは天井が低いかもしれません。

2016kamaro0011

フロント6ポットブレーキャリパーと接地面積が異常に大きい大径ディスクローター。タイヤにイーグルF1の文字が見え足元を見るだけでも異常に速そうな印象を持ちます。

2016kamaro0012

インテリアは意外と普通に見える。レッドステッチ入りセミバケット風スポーツシート、シートベルトが赤いのはブラックベースの素材には目立ちすぎる様に思える。赤色のシートベルトなら三点じゃなくて4点(日本の法律では許可されていない)が良い。

2016kamaro003

運転席は超ド派手。ステアリングはDシェイプ型3本スポークステアリング。インパネは二眼レイアウトアナログメーターの真ん中にマルチファンクション液晶モニターが取り付けられており、色んなインフォメーションを表示させる事が出来る。写真には左から油温・水温・フェル・電圧のマルチメーターが表示されている。確認はしていませんがブースト計や吸気温等、ECUから得られる情報をマルチ表示させる事が出来ると思われます。これなら後からブースト計メーターや油温メーターや電圧計を付ける必要が無いのでありがたい。

ダッシュボードセンター(写真右側)に見えるのはナビゲーションですが、アイコンメニュー表示なのでアップルカープレイやアンドロイドオート等スマートフォン連携機能も許可されている様子。

2016kamaro0013

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする