トヨタの新型SUV「ラッシュ」はダイハツOEMから独自開発され2016年フルモデルチェンジ

ダイハツのビーゴと姉妹車であるトヨタがOEM販売するコンパクトSUV「ラッシュ」が2016年後半にフルモデルチェンジを受け発売されます。今度はダイハツからのOEM提供販売では無くトヨタ独自開発の新型モデルとなる。パワーユニットはヨーロッパけに販売されているYARISハイブリッドに搭載される1.5リッターDOHCエンジン(1NZ-FXE型)と予想されているのでハイブリッドとして登場する可能性も有るのかもしれません。
2016トヨタラッシュ

2016年1月現在までの情報としましては、1.5リッター直列4気筒VVT-iエンジン、最高出力110ps/6000回転、最大トルク15.0kg.m/4400回転を発生するパワーユニットを搭載するグレード1つのみ。トランスミッションは5MTと4速ATの二種類と、駆動方式は4WDの設定が予想されます。可能ならE-Fourの導入を臨みたい所なのですが。

エクステリアは意外と「小プラド」的なデザインとなるのかと思いきや、予想のエクステリアの写真ではキープコンセプトのようにも見える。予想車両サイズは全長4420mm、全幅1745mm、全高1740mm、ホイールベース2685mm。地上最低高は現行と同等の200mm。

ダイハツOEMである現行モデルとの大きな違いはキーンルックでは無いラグジュアリーなフロントグリル周りにLEDヘッドライトユニットとリヤのコンビネーションランプと、面白いのがリヤウィンドウでCピラー後部からサイドに長くリヤウィンドウに取り付けられていてトランクルーム前面ガラスで囲まれている様なデザインが取り入れられています。ホイールはアルミ製のサイズは17インチでタイヤは写真で見る限り扁平率60はあると思われます。SUVによく見られるラフロウド走行時にボディーの傷を防ぐモール類は無いように見えるアーバンクロスカントリーな仕上がり。

toyotara2016-003

インテリアの方も予想写真です。写真で見る限り高級SUVの要素を持ち、センターコンソールの幅も広く室内がとても広く見えます。ナビはもちろんオプションではありますがT-Connectを取り付けたい所。その他安全予防システムとしてダイハツOEMでは無いのでセーフティーセンスの導入が期待出来ます。

toyotara2016-002

詳細な情報は次期ラッシュ2016年販売モデルはトヨタ独自開発と言う情報と、写真にある予想エクステリアしか把握出来ておらず新しい情報確認次第情報を追記させて頂きます。

2016 ラッシュ 予想諸元表

  • 全長x全幅x全高 4420×1745×1740(mm)
  • ホイールベース 2685mm
  • エンジン 1.5リッター直列4気筒DOHC VVT-i
  • 最高出力 110ps/6000回転
  • 最大トルク 15.0kg.m/4400回転
  • 駆動方式 4WD
  • トランスミッション 5MT / 4AT
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする