北米仕様のトヨタカローラに6MTトランスミッション搭載TRDチューニングモデル登場

2015年ラスベガスで開催されているSEMAショーで北米トヨタの「カローラ(北米トヨタのサイトです)」にTRDチューニングされたマニュアル6速トランスミッションモデルが発表されました。

北米仕様のカローラ4ドアセダン。

北米仕様 カローラ

今回発表されたモデル「SEMAエディションTRD」。ベースモデルは1.8リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載する「LE ECO」モデル、純正仕様のエンジンスペックは最高出力141ps/6100回転、最大トルク17.4kg.m/4000回転。TRDエディションのチューニングが施されパワーアップが図られていると思われるのですが、チューニング後の具体的なエンジンスペックは公開されておらず確認が取れていません。

北米 TRD カローラ

ミッションはCVTからTRD製の6速トランスミッションとなります、クラッチは強化クラッチと軽量フライホイールが入るものと思われるので、エンジンレスポンスはレーシングカーの様に「ファン!ファン!」とアクセルレスポンス軽快なはずです。

hokubeic2015003

エンジンルームは至って普通。蛇腹のパオプの先に見えるエアフロセンサーに取り付けられているエアークリーナーボックスにTRDのラベルが貼り付けされています。純正交換タイプのエアークリーナーに取り替えられていると言う意味なのかも。タワーバーも無しなので余りやる気度が見えない様な気も伺い知れます。

hokubeic2015006

これがタワーバーです。ダンパーのトップにかぶせるだけの剛性アップパーツです。

hokubeic2015007

その他公開されているカスタマイズパーツは、専用マフラーとデュフューザーは交換されている事がわかります。ホイールが面一でとてもかっこいいのですが製品名は不明。ホイールサイズは19インチ、タイヤサイズは255/30R19。

写真のアルミホイールはTRDには掲載されておらず、見た目はBBSの様な感じですがナットを止める形状がBBSはもっとエレガントな作りなので海外メーカーのホイールなのかデーモンツイークスのホイールページを探したのですが類似する製品は無かったです。

hokubeic2015008

こうして横から見ると全体的にスポーティーなセダンに仕上がっているので、日本販売のカローラにも同じサイズのホイールを入れるとさらにエクステリアが引き締まりそうです。

北米カローラ(LE ECO)の車両サイズは全長4638mm、全幅1775mm、全高1455mm。ホイールベースは2700mm。

hokubeic20150010

アメリカ仕様のカローラにはロアグリルにバンパーが付属。アンダースポイラーもTRD製です。

hokubeic20150011

因みにバンパーはあるものの全体的にエアーインテークに仕様となっている日本のカローラアクシオ。フロントデザインは上の北米仕様の方がかっこいいと思えるのは私だけでしょうか。

hokubeic20150012

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする