スズキの新型SUV「SX4 S-CLOSS」キドニーグリルを装備しBMWの様にフェイスリフト

スズキから2006年7月に発売されたクロスオーバーモデルSX4の次期新型モデルがスパイショットされました。おどろくべき点はまさかのBMWの象徴とも言えるキドニーグリルの様なエクステリアをもたせるのかと思わせるカモフラージュカバーを施された状態で撮影されています。

2016年7月にイタリアで初披露されたSX4 S-CLOSS。グリルはメッキトリムに縦ルーバーデザインで上質なSUV仕上がりに。

2016 SX4 S-CLOSS

リヤ側はCピラーに掛けてルーフが低くルーフエンドにスポイラーでスタイリッシュ。リヤコンビネーションランプは流行りの赤いストップランプの中にウィンカー&リバースランプレイアウト。バンパー左右にリフレクターと中央にリヤフォグをレイアウト。シルバー塗装のスキッドプレートもよく似合う。

2016-s-sx4-102

インテリアは至ってシンプル。写真は6速マニュアルトランスミッションですが、日本向けはCVTのみの設定となると思われる。

2016-s-sx4-103

2015 SX4

写真をアップしてグリルをよく見ると、キドニーグリルとは言えない縦方向のカバーが施されたグリルでした。

jiprene20150027

こうして見るとやっぱりBMWの1シリーズに似ている。

jiprene20150035

BMWの1シリーズと比較した写真。こうして並べると余り似ていない。BMWはプロジェクタータイプのヘッドライトユニットで「SX4 S-CLOSS」はリフレクターが見えるタイプでもしかしたらハロゲンバルブの可能性もあります。

sxsuzu002

SUVなのにフロントにはスキッドプレートは無く、フェンダーアーチモールも施されてい様です。

jiprene20150028

現行モデル右側と比較すると、エクステリアは大幅な変更が加えられる様です。パワーユニットには1.6リッターエンジンに加え、新型スイフトスポーツに搭載される予定の1.4リッターターボエンジンを搭載するグレードも用意されるとの事。iK2が発表された際に説明のあった「モジュール化を図ることで開発効率を高めたプラットフォーム」が採用されているのかも注目点です。

sxsuzu00-001

リアとサイドにはスキッドプレートが取り付けられています

jiprene20150030

リア側の比較写真、右側が現行モデル。リアバンパー左右のフィルレクターの変更は無いものの、センターにエア抜きの様なカバーが施されている場所に、新型はリアフォグランプを装着しています。ルーフスポイラーにも変更点は無く、後はリアのコンビネーションランプのみに変更が加わりそうです(大半がカモフラージュされているので確認できず)。

sxsuzu002-001

地上最低高が余り高く設定されていないのでシティー向けSUVでファッション性を重視しているイメージです。

jiprene20150031

マフラーは一本出し、右下に小さいフィニッシャーが見えます。この辺には余りコストを掛けていない印象。どうせならリアスキッドプレート一体型二本だしフィニッシャーにすればかっこいいのですが。

jiprene20150032

リアのデザインなのですが左右のリフレクターを何とかして欲しい様に思えます。3つも赤いレンズが並んでいるのは違和感がある。もしかしたらリアフォグランプはオプションもしくは一部グレードのみの設定になるのかもしれません。

jiprene20150033

インテリアの情報は少なく、今の所こちらの写真のみです。フロアシフトのシフトブーツとシフトノブの「H」の図にギア数が書いてあるのでマニュアル車の設定もある様です。日本向はCVT限定でしょうか。インパネは左側のアナログ式タコメーター8000回転まで切られているのが見えます。その隣にはモノクロの液晶モニターが装着されています。パーキングブレーキはレバー式で電子制御式では無い。

sxsuzu005

新型 SX4 S-CLOSS 予想スペック

  • 全長x全幅x全高 4020×1720×1450mm
  • ホイールベース 2430mm
  • 1.4リッター直列4気筒ターボエンジン
  • 最大出力 150ps/5500回転
  • 最大トルク 25.0kg.m/1500-4000回転
  • トランスミッション 5速MT / CVT
  • JC08モード燃費 25.0km/L
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする